【インタビュー】Leola、こじらせ女子歌う新曲「感じたこと、素直に書いた」

 シンガーのLeolaが2018年第1弾となるニューシングル『Puzzle』を2月7日にリリースする。映画『パンとバスと二度目のハツコイ』(2月17日公開)の主題歌で、Leolaが“こじらせてる”ヒロインを歌詞にしたためた。「彼女が言葉にできない気持ちを歌にしたいと思った」というLeolaにインタビューした。
撮影・蔦野裕/スタイリスト・KOBA(PUNCH)/ヘアメイク・KOBA(PUNCH)
――タイトル曲の『Puzzle』は、映画『パンとバスと二度目のハツコイ』の主題歌として歌詞を書き下ろしたそうですね。どのようにこの曲を制作していったのですか?
『Puzzle』は新しいやり方だったと思います。監督さんやプロデューサーさんとお話ししてから、一緒に試写室に入って映画を拝見して、そのあとに疑問に思ったことや感じたことをお話ししたりディスカッションをさせていただきました。『Puzzle』ができあがるまでに映画を拝見したのはその時だけで、その時に感じた気持ちとかを全部メモして、思い出したり、想像を広げたりしながら歌詞を書いていきました。

――これまではどのようなスタイルだったんですか?
 たとえば『コイセヨワタシ』(映画『兄に愛されすぎて困ってます』挿入歌)だと、挿入歌ということもあったので、この場面にこう音楽が入ってきてほしいとか具体的なリクエストが細かくあったんです。言葉の選び方にしても、どこにこの言葉を持ってくるって組み立てながらやったりもして。

――挿入歌と主題歌だと、作品への関わり方や役割は別かもしれませんね。
 だから今回は、いい意味で、瞬間的に感じた気持ちをまとめた感じで、正直にそのまま素直に書いたって気持ちが強いです。私は私なりの言葉しか書けないので、それを気に入って下さったならうれしいなって。

――監督さんやプロデューサーさんから、リクエストはなかったのですか?
「おまかせします」って(笑)。私がどう感じるのか興味があるし、どんな言葉になるのか楽しみって言ってくださいました。しいていうなら、「細かいことは気にしていないです。ただ、派手じゃないほうがいいと思うけど」、ってそのくらいでしたね。

――「おまかせします」って、リスペクトも感じますけど、その分、期待されているものはこれで大丈夫かなって不安になったりしませんか。
自分の中で正解を見つけてやるしかないので、これが私のヒロインの捉え方だと思えるようになれば……。それに、先に坂詰さん(坂詰美紗子が作曲を担当)のメロディーが先にあったのも良かったのかな。とてもエモーショナルなメロディーなので、そういう歌詞にしたいと思ったんです。メロディーの音数が多いので書きたいことがたくさん詰め込めました。


――最初に浮かんだのはどんなアイデアでしょうか?
このヒロインってこじらせてるんですよ、天邪鬼というか。誰かと深く関わることをあきらめていて、1人でいるほうが楽だって思ってる…というか、思おうとしている。だけど誰かと出会って、変わっていって、自分の弱い部分にも気づき始めてしまうんです。感情をなかなか出せない女の子の話だから、彼女が言葉にすることができない気持ちを歌にしたいと思いました。それで、自分の心に刺さったセリフを箇条書きにして、そこからシーンを思い出したり、そこから登場人物の言葉の裏にある気持ちだとか、少しずつ広げていきました。

――そこには自分自身の恋愛観も入ってたりするんでしょうか?
ヒロインのように昔好きだった人を好きになる。私も小学校の時に好きだった人を好きになりそうになった経験があります。結局ならなかったんですけど(笑)。この曲では、劇中のヒロインを広げていったので、そこに自分の恋愛観はあまり持ってきてないですね。そうじゃないほうが、より作品に寄り添えると思ったんです。主題歌や挿入歌ではなくて、これが自分の曲だったなら、曲によりますけど、ガッツリだすこともあります。

――作詞をしていくなかで、映画サイドとディスカッションしたことや、質問したことが生かされた部分はあるのでしょうか?
そう…ですね(笑)。というのも、すごく不思議だったんですよ。たとえば、私があるシーンの意味を聞くじゃないですか、そうすると「そうですね、なんでしょうね」って。監督のなかではそのシーンはそこにあるのが必然で、理由を聞かれても難しいと。よく分からないけどそういうものなんだってこと、ありますよね。後から考えると意味が分かることもあれば、結局分からないこともある。

――また時間が経ったり自分が置かれている環境が変わったりすると、スッと分かったりする。
この映画、見る人によって捉え方が全然違くなるんじゃないかなと、私は思うんです。自分でさえ、初めて見た時と、この曲ができてから見た時と感じ方が変わっています。今、キュウっとなるのは別の場所だったりして、刺さるセリフが違うんですよ。次見たらまたたぶん違うんだろうな。見た方がどう感じたのか、聞きたいです。


――カップリングの『My girl』についても聞かせてください。
この曲はチャレンジだったんです。これまでの自分の手札にはなかった形を表現してみたい、シティ感のあるサウンドでやってみたいなってところからスタートした曲です。

――新しい手札ですけど、そこにはちゃんとLeolaさんらしさも組みこまれた曲だと思います。なぜ、チャレンジをしてみようと思ったのですか?
アルバムを出させていただいて、シングルもこの作品で5枚目になりました。そのなかで、自分の基盤となるものはできたのかなって、感じられるようになって。いつでもここに戻ってこられるという気持ちにもなれたので、いろんな場所に飛んでみようと。旅に出て、いろいろなものを見て、いいものを見つけたらやってみようと思いました。このシングルから、どこかで必ずチャレンジをしたいと思っています。どんな反応が来るか楽しみです。

――この作品で、Leolaとしての2018年がスタートですね。
Leolaのセカンドタームというのを実現させたいと思っています。いろんな挑戦をして、たまには驚かせてみたり、今まで見せたことない自分をお見せできたらいいなって思っています。

(聞き手/TOKYO HEADLINE・酒井紫野)

ニューシングル『Puzzle』2月7日リリース

ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズから2月7日(水)発売。タイトル曲は、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の主題歌。初回限定盤(CD+DVD)のDVDにはタイトル曲のミュージックビデオとライブドキュメンタリーを収録。CDのみの通常盤では、荒井由実(松任谷由実)の『やさしさに包まれたなら』をカバーしている。初回限定盤は3800円、CDのみの通常盤は1000円。ともに税別。

【プロフィール】Leola(レオラ)……3月14日生まれ。ソロシンガー。レオラはハワイ語で「太陽の歌声」を意味する。大型オーディションでセミファイナルまで進むが落選するも、さらに音楽と向き合うなかでチャンスをつかみ、2016年4月にシングル『Rainbow』でデビュー。注目度が上昇するなかで、「サマンサタバサ2016年秋冬TVCMソング」となったセカンドシングル『Let it fly』を発表し、好評を博した。その後も、テレビアニメ、映画、ドラマなどタイアップも豊富。【公式ウェブサイト】http://www.leolalala.com/