女性40歳「主人がいながら出会い系サイトに登録。これアウトでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 84人目】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 今週末からオリンピックが始まりますね。何日までですか? えっ25日まで? じゃあゴーゴー!シアターゴーワー第1回公演『ドロシー!』は2月28日から始まるんでちょうどいいですね。

 で、パラリンピックは? 3月9〜18日まで? じゃあ3月30日から始まる劇団時間制作の『プライベート 信じたモノはナニカ』もかぶってないんで皆さん、見に来てくれますね。

 時事ネタにひっかけて関係している作品をPRしてみました。

 あ〜、でもオリンピック見てる暇はないんだな。

 今週も始めましょうか。
写真・https://www.pakutaso.com/



※編集部注:相談者の前回までのお悩みはこちら
みーさん(女性40歳)のお悩み
「主人との刺激のない生活に飽きてきて、刺激が欲しかったんです」


 黒田さん、はじめまして。

 こちらの人生相談、毎回楽しく、時には役立てて読ませていただいたいます。

 ・・・のですが、こちらの人生相談を読んでいて、相談したい事態に陥ってしまいました。

 大恋愛の末結婚して5年。

 主人の事は愛しています。主人も私を愛してくれています。大切にもしてくれています。

 でも、性生活にマンネリを感じてしまい、終わった後に毎回ため息が(主人にはわからないように)出てしまいます。

 そんなことを感じていた時に、「夫が性に淡白で辛いんです」の相談者さんが、「女性用風俗を考えたこともあるのですが、」と書かれているのを見て、え!そんなものがあるのか?!と、初めて知り、女性用風俗についてネットで調べてみました。

 で、女性用風俗体験を書かれているブログで、女性用風俗にお金を使うより、某出会い系サイトに登録して相手を探したほうがいい、みたいな記述を読み、その、某出会い系サイトに登録してしまいました。

 登録後、いろんな方からお誘いメッセージをいただいたのですが、ただやりたい目的のかなりの人数お断りをして、話が合いそうな方とのメッセージのやり取りを行い、でも、メアド等の交換は一切行わず、しばらく過ごしていました。

 メッセージのやり取りの内容は、たわいもない世間話や、今度時間が合ったら、一度お茶でもしたいですね、とか、です。(お茶の延長線上には大人の関係があり、です)

 そんな折、平日に休みが取れて、都心に行く用事ができたのですが、昼から夕方まで、暇な時間がぽっかりできてしまいました。

 その出会い系サイトには、「今すぐ会いたい」といった用途に使う掲示板もあり、内容も「アダルト」と「ピュア」に別れていました。

 空いた時間にちょっと何か刺激が欲しいな、でも、いきなりアダルトは恐いな、と思い、「ピュア」掲示板の方に、ご飯でも食べながら一緒に過ごしてくださる方(大人の関係無し)募集的な書き込みをしました。

 用事を済ましている間にたくさんのお誘いをいただき、その中からちょっとプロフィールが気になる方がいて、その人と会う約束をしました。

 ざっくりとした場所と時間の指定をして、そこに30分前に着いて、ドキドキしながら15分前になって。

 そうしたら、突然恐くなってきました。

 主人の顔が頭に浮かびました。

 愚かなことをしようとしている自分に気がつきました。

 相手の方に、丁重にお断りメッセージを送り、家路に帰る途中、その出会い系サイトから脱会しました。

 ブックマークも全て削除しました。

 これ、アウトでしょうか?

 主人との刺激のない生活に飽きてきて、刺激が欲しかったんです。

 でも、直前で思いとどまりました。

 でも、アウトでしょうか??

 アウトだとしても、主人とは別れたくありません。

 もしアウトでしたら、都内中の寺社仏閣に行ってお参りをして悔い改めます。

 今回は思いとどまりましたが、主人との性生活がマンネリ化しているのは相変わらずです。

 私から刺激的な事に誘導しようとしても、なにバカなことしてるんだ、と、拒否されてしまいます。

 出会い系はもうやめる事に決めました。

 でも、「女性用風俗」にはまだ興味があります。

 法的に本番は無しのようです。

 こちらから本番を求めると、そこでサービスは終了となってしまうそうです。

「女性用風俗」もアウトですか?

 男性の風俗は許されても、女性の風俗は許されないのでしょうか?

 よろしくお願いいたします。

◆黒田勇樹「“世間様”のアウトセーフなんてどうでも良い気がするんですけどね」



 相談ありがとうございます。

 2つのアウトについてのご相談ですね。

 出会い系で知らない人に会ってみようとした「思考」のアウトと、女性用風俗を利用した場合の「行動」のアウト。

 ぶっちゃけていうとセックスも恋愛もとてもプライベートでパーソナルな問題だから、 「世間様」のアウトセーフなんてどうでも良い気がするんですけどね。 相談者さんのパートナーが、今話題の寝取られフェチだった場合、出会い系で男に会おうと女性用風俗で女に抱かれようと、完全にご褒美じゃないですか。

 逆に、相談者さんがアウトと思っちゃったなら、それは”自分の線”越えちゃったってことだから完全にアウト。

 ただただ、簡単に分かりやすく線が引きたいなら「思考」はセーフで「行動」は全部アウト。

 昨今の不倫報道やらの過熱を見てると、皆とにかく”線”を引きたがってる。宗教や伝説が規範だったころはまだまだ神秘的な部分が残ってたけど、今や科学と法律が 行動の基準になってるから解き明かされてることだけが、世界の本当になっちゃってる。

「男性の風俗は許されてる」

 これも、「世間様」の価値観というか、この相談を読んでいる読者の皆さんの中でも賛否両論なんじゃないでしょうか。

 男の風俗を許さん人もいっぱいいるだろうし、女性の風俗全然OKな人もいるはず。 ただただ、公で発言する時は、「世間様」の”線”で「まあ、男は良くて女はちょっとあれなんじゃない」

 昔から文化が続いている男性風俗は解き明かされてるからセーフで、解き明かされてない女性用風俗はアウトなわけですよ。

 結婚している夫婦だって、本来それがお互いのためになるなら秘密を持ちあうことすらセーフ。

具体的な話はしなくていいから例えば、それこそ最近の不倫報道についておしゃべりしてみたり、相手の価値観を知り夫婦の中での”線”を知ることが最初にすべきことなんではないですかね? アウトもセーフも、そこに答えがある気がします。

 そして、そういう線の越え方出来るようになったら、セックスの線も越えられるんじゃないでしょうか?

 唐突? あ、いや、でもね、結局のところ僕は女性じゃないから完全な奥のとこはわからんけど、気持ちよくないのは自分にも責任あんじゃねーの?と。一緒にしてることなのに完全に相手のせいにしちゃって思考が止まってるのも、中々に世間の線に轢かれちゃってる気がします。

 ちょっと相談の回答とズレちゃいましたが手前に大問題があると、そっちが解決しないことにはどうにも先に進めないのです。

 ここでアウトセーフの件が解決すればそこまででも良いし、なんかこれを読んで思うことがあれば返事を頂いてもどっちでもいいです。 どちらかというと、今回は僕が好きなこと好きなように言わせて頂いちゃったみたいでなんかすんません。
<人生相談の宛先はこちら
黒田勇樹に相談したい方はメールにて相談内容をお送りください。メールには「ニックネーム、性別、年齢、ご相談内容」をご記載ください。メールアドレスは「sodan@tokyoheadline.com」になります。

<過去の人生相談はこちら>

▼女性19歳「どうすればずっと彼女のことを愛していけるのでしょうか」【黒田勇樹のHP人生相談 83人目】
http://www.tokyoheadline.com/387876/

▼女性30歳「夫が性に淡白で辛いんです」【黒田勇樹のHP人生相談 82人目】
http://www.tokyoheadline.com/385767/

▼女性36歳「結婚してしまった元彼のことが忘れられません」【黒田勇樹のHP人生相談 81人目】
http://www.tokyoheadline.com/384741/

▼男性40歳「家でやるべき仕事がすぐ溜まってしまいます」【黒田勇樹のHP人生相談 80人目】
http://www.tokyoheadline.com/384403/

▼男性41歳「忘年会が嫌でたまりません」【黒田勇樹のHP人生相談 79人目の2】
http://www.tokyoheadline.com/384018/

▼男性41歳「忘年会が嫌でたまりません」【黒田勇樹のHP人生相談 79人目】
http://www.tokyoheadline.com/383634/

▼“年下のダメ男”と付き合う30歳女性「彼とセックスすることが嫌になってしまいました」【黒田勇樹のHP人生相談 76人目】
http://www.tokyoheadline.com/188459/

▼33歳主婦「アラサーのニート妹に不安を抱えています」【黒田勇樹のHP人生相談 77人目】
http://www.tokyoheadline.com/189830/

▼33歳主婦「アラサーのニート妹に不安を抱えています」【黒田勇樹のHP人生相談 77人目 その2】
http://www.tokyoheadline.com/190221/

▼24歳女性「やりたいことがたくさんあって困っています」【黒田勇樹のHP人生相談 78人目】
http://www.tokyoheadline.com/190662/

▼女性24歳「やりたいことがたくさんあって困っています」【黒田勇樹のHP人生相談 78人目の2】
http://www.tokyoheadline.com/191041/

▼男性35歳「この人生相談について色々分析していきたいと思います」【黒田勇樹のHP人生相談 番外編】
http://www.tokyoheadline.com/383001/


黒田勇樹(くろだ・ゆうき)
1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として活躍。主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともに TBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。山田洋次監督映画『学校III』にてキネマ旬報新人男優賞などを受賞。2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパー・メディア・フリーター」と名乗り、ネットを中心に謎の活動を開始。2012年3月には自身のことを記録した『非俳優生活100days』を刊行。 現在は「廃優」と名乗り、俳優業に復帰しているとの噂も。

公式サイト:黒田運送(株)
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

<最近の黒田くん>

「作演出舞台「ドロシー!」チケット発売中!」
https://ticket.corich.jp/apply/87170/002/


「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」
http://ameblo.jp/kurodax-blog

「ファンクラブ始めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/10006


女性31歳「どうしたら自分を好きになれますか?」【黒田勇樹のHP人生相談 90人目の2】
女性31歳「どうしたら自分を好きになれますか?」【黒田勇樹のHP人生相談 90人目】
女性25歳「これって本当に付き合っているのでしょうか」【黒田勇樹のHP人生相談 87人目の3】
男性45歳「2浪しそうな甥になにか人生のアドバイスをください」【黒田勇樹のHP人生相談 85人目の2】
女性28歳「何をやっても中途半端な自分についての相談です」【黒田勇樹のHP人生相談 89人目】
女性25歳「これって本当に付き合っているのでしょうか」【黒田勇樹のHP人生相談 87人目の2】