インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.13 Crystal Kay

 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを展開して「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDHバトン】では、LDH JAPANに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、DREAM(夢)について聞いていきます。

 今回は、Crystal Kayさんです。
「歌って踊る」のはすごく自然な感じだった

――子供のころの夢を教えてください。
 ドルフィントレーナー! それとフィギュアスケーターかな。なぜそう思っていたのか思い出せないけど、イルカと一緒に泳ぎたかったのかな(笑)。フィギュアスケーターは、近くにスケートリンクがあって、よく行っていたから。ただただリンクをグルグルまわっていただけですけど。たぶんそれが小学校1年生とかそのくらいのころだったと思います。

――そのころの自分は、どんな子供でしたか?
 天真爛漫……だったかな。バーベキューやディナーではパフォーマンスしてましたね、マイケル・ジャクソンとか、ジャネットとか。そういえば、私が一番最初に音楽を口ずさんだのは2歳の時なんです。ベースラインだったらしいんですけど(笑)。

――「アーティストになりたい」と思うようになったのはいつですか?
 実は、そう思ったことがないんです。「そうなるものだ」と思っていたから。母は歌をやっていて、父もバンドでベースを弾いていました。だから子供のころからそういう場に連れて行ってもらっていて、私にとって「歌って踊る」のはすごく自然な感じだったんです。

――「こうなるものだ」とは思っていても、何かしないとそうはなれませんよね。
 私は本当にラッキーだなって思っているんですけど、4歳のころ、母の知り合いだったCM会社の社長さんが子供の声が必要だからって、使ってもらったんです。そこから、たくさん歌っていくなかで、11歳ぐらいのときに全日空のCMソング(『FLY AWAY』)と『ビタミンウォーター』(『Eternal Memories』)でたくさん問い合わせをいただきました。それをシングルにしてデビューって感じだったんで……。

――そう考えると、「夢がかなった」感覚はもしかして、今もなかったりするのでしょうか?
 うーん、夢がかなったかあ…。デビューしたときはアーティストになったって意識はなくて、楽しく歌っているって感じでした。「アーティストになる」ってことを意識したのは、初めてライブをしたときかもしれません。自分の前に人がいて、「ああ、私の歌を聞いてくれる人がいるんだ」って。怖さというか責任を感じた瞬間だったと思います。15歳でしたね。

「イーストとウエストの懸け橋になりたい」

――いまは、「夢」を持っていらっしゃる?
 はい。まずは…2020年のオリンピックで国歌斉唱することかな。それとは別に、2019年で20周年を迎えるので、その時にいいライブをバンとやりたい。ワールドツアーもしたいですね。最近はいろいろな意味でボーダーの意識は薄れてきてると思っていますが、イーストとウエストの懸け橋になりたいんです。

――その「夢」を実現するために何かしていることはありますか?
 韓国でライブをしたいなって思っています。歌謡祭のようなイベントには出演したことはあるんですが、自分でライブをしたことはないんです。私は、アメリカと韓国のハーフですし、もっとライブをしていてもいいんじゃないかって思いますけど、行けていない。なぜだろう。しばらく前に、プロデューサーとそんな話をしていました。日本語、韓国語、そして英語で曲を作って、向こうのアーティストともコラボしたり、とか。そんなところからかなって思います。

――夢に向かって頑張っている人に向けてアドバイスをお願いします。
 小さい夢を作ってひとつずつ達成していけば、いつかその夢って叶うと思います。いつもそのことを考えながら動いていると、自然といろいろとつながっていくんです。ユニバースがつながるというか、エネルギーが引き寄せるのかな、進むべき方向だったりすべき選択が分かってくるし、会いたい人にも会えたりする。私もそれをやり続けないいとなって思っています。

平昌五輪&パラリンピックを盛り上げる「東京2020ライブサイト in 2018」に出演! 
12日は井の頭公園へ行こう! クリスタル・ケイさんは音楽ライブで応援 


 現在開催中の平昌オリンピックの模様の生中継(録画もあり)や、オリンピアンやパラリンピアンによるトークなどさまざまなステージイベント、アーティストによるライブなどが行われる。競技の体験もできる。

 クリスタル・ケイさんは、12日(月・祝)に出演する。

 イベントは、都立井の頭恩賜公園にて、10~17時まで。入場は無料。飲食などは料金がかかる。

 詳細は、イベントの公式ページ https://tokyo2020.org/jp/special/pyeongchang-to-tokyo/livesites/ で。

【インタビュー】DEEP「歌いたい」……10年間、ずっと思い続けてきた
【インタビュー】知英 × 竹中直人 地味な派遣OLと女好きワンマン社長が入れ替わる!? 映画『レオン』
“ホラー免疫”の無いポーランドで生まれた傑作ホラー
武尊「K-1を下げるような発言に腹が立った」
トンネルを抜けた先に生まれた、新たな“俳優・岩田剛典”!
伊勢谷友介「“働くこと”が人類の未来につながる社会を」