インナーは肌基準で選ぶ時代【腕利き宣伝マンが猛プッシュ コレよ、コレ!】


 グンゼの大人気ブランド「KIREILABO(キレイラボ)」誕生はお客様の声から。

「40代以上の、いわゆるエイジング世代のお客様から、それまで販売していた商品の着心地が変わったような気がするというお声をいただいたんです。しかし、特に変えたところもなかったので、原因を探ってみると、お客様の肌自体に変化があることが分かりました。いわゆる更年期などの影響でそれまで感じなかったかゆみやチクチクを感じやすくなっていたんです。それが“肌がよろこぶスキンウェア”KIREILABO誕生のきっかけになりました」

 エイジング世代以外の女性にも好評。

「実際に商品を出してみたら、10代から70代、80代の方まで肌の悩みを持っている方がとても多いことが分かりました。さらに肌基準で開発を進め、完全無縫製インナーが生まれました」

 具体的には?

「縫い目のない完全無縫製が大きな特長です。カーブがあって難しい袖付けのところまで無縫製で仕上げています。また、洗濯タグをなくし、転写プリントを採用する事で、チクチクやかゆみの原因を軽減しています」

 この冬は同シリーズの「完全無縫製 ウォーマー」も大好評。

「インナーは素材と技術の進歩でどんどん進化しています。KIREILABOは、まず肌の快適さという発想が基本にあり、その上で冬の防寒対策ができるところがご好評いただけたんだと思います。私が初めて完全無縫製インナーを着た時は、肌あたりが少ないやさしい着心地にびっくりしました。また縫い目がないので、アウターにひびきにくい特長があります。インナーを変える事で気分が変わる事もあるので、一度肌基準でインナーを選んでみて下さい」
グンゼ株式会社
コーポレートコミュニケーション部
広報IR室 前川真由美 さん


「“肌がよろこぶ”という切り口で開発されたKIREILABOシリーズをスキンケアの1つとして選んでみて下さい。実際に肌が気持ちいいというご意見も多く、新しい選択基準になると思います」