時代は移り変わっても…色褪せない“現代アート”「現代美術に魅せられて-原俊夫による原美術館コレクション展」

草間彌生「自己消滅」1980年 ©Yayoi Kusama
 1979年に日本における現代美術館の先駆けとして誕生した原美術館。創立者にして現館長の原俊夫が同館所蔵作品約1000点の中から、初めて自ら選びキュレーションするコレクション展。1970年代後半より80年代前半までに購入された初期収蔵作品を主とする前期と、企画展の開催などをきっかけに収蔵された作品を主とする後期の2期に分け、約40年にわたる原美術館の活動の一端を紹介する。

 前期の出展作品だけでも立体、平面、映像、インスタレーションなど、多様化する現代アートを語るうえで欠かせない作品、作家が勢ぞろい。アメリカの作家では、戦後絵画に大きな影響を与えた抽象表現主義のジャクソン・ポロックやマーク・ロスコ、その後続世代を代表するロバート・ラウシェンバーグやジャスパー・ジョーンズ、世界を席巻したポップアートの代表者であるアンディ・ウォーホルやロイ・リキテンシュタインなど、世界的作家の作品が揃う。

 さらにはジャン・デュビュッフェやジャン・ティンゲリーなど前衛的・実験的精神に溢れたヨーロッパの作家も並ぶ。日本の美術界からは、戦後日本美術を牽引した今井俊満、河原温、工藤哲巳、宮脇愛子ら。今も現役で活躍する作家たちでは草間彌生、篠原有司男、杉本博司、李禹煥。さらに世界に影響を与えたアジアの作家として、ナム ジュン パイク、艾未未(アイ ウェイウェイ)の作品を展示する。



現代美術に魅せられて-原俊夫による原美術館コレクション展
【会場・期間】原美術館 前期:開催中〜3月11日(日) 後期:3月21日(水・祝)〜6月3日(日)
【時間】11〜17時(祝日を除く水曜は20時まで。入館は閉館の30分前まで)
【休】月曜(2/12、4/30は開館)、2月13日、3月12〜20日、5月1日
【料金】一般1100円、大高生700円、小中生500円
【問い合わせ】03-3445-0651(代表)
【交通】JR品川駅より徒歩15分
【URL】http://www.haramuseum.or.jp