小澤海斗が改めてKID戦を要望「必ずやりたい」

小澤(左)は宮田プロデューサーの言葉に思わず笑みを浮かべた
小澤の3月「K’FEST.1」参戦も検討中

「Krush.85」(2月12日、東京・後楽園ホール)の一夜明け会見が13日、都内で開催された。

 再起戦で里見柚己を1R49秒で葬った小澤海斗は昨日の試合について「昨日の勝利はサポートしてくれた仲間だったり、そうしてくれた人たちのお陰のものだと思うので、みんなに感謝してうれしい気持ちをかみしめている。作戦はなしで、絶対にぶっ倒してやろうと思っていたので、思いっきり自由に行こうと思っていた。ああいう結果につながって良かった。蹴りこみは相当やってきたので、蹴りには自信があった。勝った時の気持ちはサポートしてくれたみんなに“ありがとう”という気持ちだった」と試合を振り返った。

 小澤はダウンした里見になにやら叫んでいたのだが「アドレナリンが出すぎちゃいました。何を言ったか覚えていない」という。

 また試合後に山本“KID”徳郁の名前を出して対戦をアピールしたのだが、これについては「俺が一番リスペクトしている選手。いずれ必ずやりたいですね」とその思いを語った。宮田充K-1プロデューサーは「KID選手に関しては昨年から今年にかけて行われたabemaTVさんの『格闘代理戦争』という番組で接点を持たせていただいて、非常に怖い選手だなとは感じている。昨日のアピールを持ってどう動くかというのは現在、KID選手がどういう状況なのかが分からないので…」と答えるにとどめた。また小澤は3月の「K’FEST.1」への参戦もアピールしたのだが、こちらについては宮田氏は「ファンの方からも僕のSNSに直接、かなりの数の意見が来ていて、その中には“起用すべきだ”といった強いものもある。3月はトーナメントになったこともあって、試合数が非常に多くなった中での小澤選手のアピールだったので、今後検討したい。小澤選手が加わればさらに大きなお祭りになるが、地方から来るファンからは“もうこれ以上試合数を増やすのはやめてくれ”という声もある」と苦しい胸の内を明かしつつも「小澤選手からこういうアピールが出たのは本当にうれしかった。野性味あふれる本来の姿が爆発した。今年の小澤海斗は楽しみ」と話した。

 小澤は今年の目標として「空位になるK-1(フェザー級)のベルトを獲るのは俺しかいないでしょ。俺が獲ります」と話した。
桝本“ゴリ”翔也
桝本は「K-1フェザー級のトーナメントに出たい」

 もう一つの58kgFightで江川優生に逆転勝ちした桝本“ゴリ”翔也も会見に登場。

「内容的にはぎりぎりで紙一重だったが、それでも勝ちと負けでは大きく違うと思っているので勝てて良かった。1Rの最後のパンチは結構効いた。でも2Rはローが効かせられた。そして3Rの最後は相打ちになったが、しっかり自分は踏ん張って相手が倒れてくれたので良かったかなと思う。最後のパンチは当たったところは見ていなくて、手を伸ばしたら当たって相手が倒れていた」と試合を振り返った。

 今後については「今年の目標はK-1でフェザー級のベルトが空位になっているので、チャンスがあればリザーブでもなんでもいいのでトーナメントに出たいし、最近は減量があまりないので下の階級でもチャンスがあれば狙っていきたい」と話した。

 ちなみに減量が楽になったことについては「バナナです(笑)。練習の前後にバナナを食べているんですが、それがよく体に働いて、普段の体重が3~4キロくらい減っている。米からバナナに代えたら練習も動けるようになった」とのこと。
塚越仁志
2度目の防衛に成功した塚越は試合前の苦悩を明かす

 メインイベントで行われた「Krush−67kgタイトルマッチ」で牧平圭太を2RKOで下し2度目の防衛を果たした塚越仁志は激闘を物語るように顔をはらしたまま姿を現した。

 塚越は「ベルトが今日ここに戻ってきて本当にホッとしている。今回は試合までがすごく長く感じてしんどかったので、本当にうれしく思う」とベルトを前に感慨深げ。そして「12月中旬くらいにふくらはぎの肉離れを起こした。そんなに重症ではなかったが、かばっているうちに再発してという悶々とした時間がすごく長かった。(トレーナーの)大宮司さんから練習を止められ、体を動かす練習以外でもイメージトレーニングとか映像を見たりといったできることをひたすら続けた。一人の時間が長くて、自分との闘いだった。練習して自信をつけていくのが選手だと思うので、とにかく練習ができないという点で不安があったが、大宮司さんのメッセージを毎朝見て自分が今できることは何かということを考えながら一日一日を過ごした。対人練習は1カ月半くらいやっていなかった。ミットも試合の5日前から始めたくらい」とケガで練習をできなかった時間の苦労を明かした。

 そして「とにかく今印象に残っているのは(牧平の)リングで向かい合った時のすごい、覚悟をしたような目。逆に言うとそれで僕自身も引き出されたところもある」と牧平との対戦を振り返った。

 今後については「Krushのチャンピオンとしては、Krushのチャンピオンが世界一ということを周りに見てもらいたい。K-1で負けている選手もいる。K-1でKrushのチャンピオンが世界一ということを証明できなかったので、それは舞台ではどこでもいいし、僕だけがKrushのベルトをかけるのでもいいので世界一の選手とやりたいと思う」と話した。