入場無料&全試食無料! 国産小麦のイベント本日最終日/2月18日(日)の東京イベント

『国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会』18日まで
 国内産麦の消費促進を目的とした、入場無料&全試食無料のイベント『国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会』が池袋サンシャインシティ 展示ホールCにて、本日18日まで開催中。うどん、ピザ、パン、ラーメンなど国内産を使用した試作品の数々が登場し、各ブースで試作品の試食などができる。

 諸外国産小麦と比べると、まだまだ生産量も低い国産小麦。現在、国は平成37年までに小麦を95万トン、大麦・はだか麦を18万トンから22万トンへ引き上げることを目標としており、生産者もパンや中華麺に適した小麦の品種改良などに注力している。
 会場には、注目の国産小麦を使った多彩な商品が大集合。全出展社が無料の試食品を用意しており、バイヤーから一般客までが気軽に、その小麦を使ったメニューを実際に味わうことができる。うどん、パスタ、ラーメンといった麺類はもちろん、パンやピザ、さらにはどら焼きやパンケーキ、シリアルやグラノーラなど、食事からスイーツ、軽食まで、幅広いラインアップの試作品が勢ぞろい。

 今回は日本で初めて国際基準に合った国産小麦のピッツァ用小麦粉(北海道/江別製粉)が登場。また、手打ちうどんの実演コーナーでは、2015年ミラノ万博や2016年の香川県G7サミットなどでも実演実績のある匠によるデモンストレーションを実施。小麦の変化の過程を見学し、打ち立てのうどんを試食することができる(数量・時間限定。本場さぬきうどん協同組合)。

 出展者たちと会話しながら、国産小麦の自給率や、小麦・大麦・はだか麦といった材料の違い、日本各地のさまざまな産地についても、興味を持って食べ比べしてみてはいかが。
『国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会』
【期間】2018年2月17日(土)~18日(日)10~16時(最終入場15時30分)
【会場】池袋サンシャインシティ 展示ホールC(文化会館ビル3F
【入場】入場無料
【URL】http://nihon-mugi.jp/event/http://nihon-mugi.jp/event/