春風亭昇々がハーゲンダッツとコラボ「夢でした」



 ハーゲンダッツの大人気シリーズ“華もち”から、さらに進化した『栗あずき』と『桜あん』が27日から期間限定で全国発売される。

 


 発売に先立ち、人気落語家の春風亭昇々が、同商品の魅力を語った落語『華もち親子』を20日、都内の会場で披露した。まくらで昇々は、落語家になってハーゲンダッツとコラボするのが夢でしたと語ると、父・母・娘3人家族の華もちを巡るおかしなやりとりをテンポ良く熱演、会場をわかせた。

“五感で味わうシズル落語”『華もち親子』は、ハーゲンダッツのサイトでも公開中。動画を楽しみながら食べることで、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のすべてで華もちのシズルを感じられる。



 2015年に誕生した“華もち”シリーズは、アイスクリームと和の素材の絶妙なバランスが人気となり大ヒット。その後の和スイーツブームの火付け役となり、スイーツ好きだけではなく多くのファンを獲得した。以来、さまざまなテイストが好評の同シリーズが、今回はこれまでよりさらに手の込んだ和スイーツに進化、高級感のある味わいを実現した。


『栗あずき』は、栗ぜんざいの味わいを表現。艶やかな粒あんと濃厚な栗の甘みが織りなすハーモニーが特長。アイスクリームの滑らかな口当たりと粒あんの食感が、絶妙なバランスを生み出した。

『桜あん』は、春の和菓子として人気の「桜もち」をイメージ。桜の素材を、アイスクリーム、ソース、あんに合わせて使い分け、桜の風味が口いっぱいに広がるようなフレーバーに仕上げた。