ロバート秋山、女性ファンに“パンティー”が自前かを確認

 お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が、さまざまなジャンルの架空の人物に扮する「クリエイターズ・ファイル」のファン交流イベントが1日、池袋パルコにて開催され、統括チェアマン・館長「岡添金太郎」というキャラクターとして登場した。
「クリエイターズ・ファイル」は秋山が架空の人物になりきる人気企画。この日は、その大型展覧会『ロバート秋山竜次プレゼンツ 東京クリエイターズ・ファイル祭 完全版』と、期間限定のコラボカフェ『クリエイターズ・ファイル珈琲店』の開催を記念して、新作DVD付き単行本の購入者へのお渡し会や撮影会、ギャラリーツアーを実施。ファンとの交流を楽しんでいた。
 ホワイトボードが落ちてきて体が真っ二つになり、父親に接着剤でくっつけてもらったという痛々しい傷跡を披露した岡添館長
 ファンの1人はキャラクターの1人、YOKO FUCHIGAMIの作品を模して自作した、パンティーを縫い合わせた服を持参。秋山は感激しながらも「これは自前ですか? ああ、購入した新品ですか…」と“素材”の出所を確認。その後も、ファンの願いで肩を抱いて記念撮影するなど「こう見えてもう80代なのでね…」と言いながらもデレデレ。
 またイベント中は、体が真っ二つになった大事故から生還したという岡添館長のエピソードなどを披露し、会場を終始笑いに包んだ秋山。「入場料は500円と、こんなにコスパの良い展覧会はない。この流れでカフェにも足を運んでいただければ」とアピールした。
『ロバート秋山竜次プレゼンツ 東京クリエイターズ・ファイル祭 完全版 -全国巡業ゴール!感謝感謝のおかわり大作戦!-』は池袋パルコにて3月2日から4月2日まで開催。コラボカフェ「クリエイターズ・ファイル珈琲店」は同フロアにて3月2日〜4月15日期間限定オープン。
 豪華DVD付き単行本 第2弾『クリエイターズ・ファイル Vol.02 BOOK&DVD 2枚組スペシャル・セット』は発売中。