【インタビュー】DANCE EARTH PARTY、新曲は雨模様の野外フェスで生まれた

EXILE ÜSAとEXILE TETSUYA、Dream Shizukaの3人からなる音楽ユニットDANCE EARTH PARTYが14日、ニューシングル「Anuenue」(アヌエヌエ)を発売する。「Anuenue」とは、ハワイの言葉で「虹」を意味する。「雨の中でも楽しむファンの姿に感化されて作り上げた楽曲」と語る、虹にまつわる新曲の秘話とは?
「Anuenue」に込めた、ファンの姿から学んだこと

――ニューシングル 「Anuenue」の誕生に至るまでの経緯を教えてください。

EXILE ÜSA(以下、ÜSA):昨年10月、第2回目を迎えた「DANCE EARTH FESTIVAL'17」は雨の中での開催でした。肌寒い会場で会場に来てくれた皆さんが楽しめるか、僕たちもとても不安だったのですが、ふたを開けるとものすごく盛り上がってくれて。フェスを通じて、ファンの皆から、“どんなときでも楽しむ”ことが大切なんだと教えてもらいました。その気持ちを楽曲にとどめたいと思ったときに、ハワイのことわざの「NO RAIN, NO RAINBOW」を思い出し、楽曲のテーマにしようと。

Dream Shizuka(以下、Shizuka):雨で盛り上がるのかなと不安だったのですが、不安をよそに会場のお客さんからものすごいパワーをいただきました。大変だったからこそ、その後の感動や充実感もひとしおでした。

EXILE TETSUYA(以下、TETSUYA):あの光景は忘れられないですね。結果論ですけど、雨が降ったことは、かえって良かったのかもしれないなって。会場の皆さんの姿を見て、とても得るものが大きかった。

―― 「Anuenue」では、ウクレレ奏者のEDEN KAIさんとのコラボも聴きどころだと思います。

TETSUYA:DANCE EARTH PARTYの雰囲気に、間違いなくマッチすると思っていました。実際にお会いして弾いてもらうと、体が勝手に動き出して……関係のない曲までリクエストして、踊ってしまったくらい(笑)。

ÜSA:めちゃくちゃリクエストしていたもんね?(笑) 僕は、いつも新しい才能、空気感に出会いたいと思っているのですが、EDEN KAI君は本当に良い風を吹き込んでくれたDANCE EARTH PARTYの新たな魅力を作り出してくれたと思います。

Shizuka:イントロのウクレレの音は、癒されながらもワクワクします。この曲に込めたメッセージを、EDEN KAIさんがウクレレで最高に表現してくれているので、何度も聴き込んでほしいです。


――ハワイ島で撮影したミュージックビデオでは、3人のリラックスした表情が印象的でした。

Shizuka:ハワイ島は派手な観光地や建物などはないのですが、自然の持つ力が島全体にあふれていました。人にとっても当てはまることだと思うのですが、着飾らずに自然体のままでいることの大切さを実感しました。ÜSAさんとSUNNY BOYさんの共作による歌詞にも反映されていると思いますね。

TETSUYA:僕は今回で2回目のハワイ島。前回はコーヒー農園を見たくてハワイ島を訪れたのですが(笑)、そのときに「なんてもう一度来たくなる場所なんだろう」って感動したことを覚えています。旅で得たものをすべてアウトプットしてみんなで盛り上がる……それこそDANCE EARTH PARTYのコンセプトですから、今回、改めて訪れたことでその初心に立ち返るような気持ちになりました。

ÜSA:地球上には 13個の気候があるんですけど、ハワイ島だけで11個もある。ありえないほどミラクルな島なんです(笑)。 山の上では雪が降って、海岸ではサーフィンができ、火山もある。ハワイ島は、砂漠気候とツンドラ気候以外の気候が揃っていて、言うなれば、地球が凝縮したような場所。

TETSUYA:そうそう! ハワイをぐるっと回ると、プチ世界一周をしてるような自然体験ができる。僕らが目指しているフェスって、会場の中に小さな地球を表現できたらって思っています。自然があって、人間がいて、 音楽や踊りがあって、食べ物、飲み物がある。ハワイ島ってそのお手本というか、島そのものがフェスみたい(笑)。

Shizuka:島が持つ包容力もすごいんですよ。ハワイに住んでいる方から、 「島が浄化してくれるから嫌なものがあったらすべてここに置いていきなさい」と言われたんです。 やっぱり生きていると楽しいことばかりではなく、大変なこと、辛いこともありますが、そういう中で、一回荷物を下ろせる機会って……あるようで、なかなかないですよね。でもハワイ島では、それができるんです!(笑)

ÜSA:そういう言葉を、暮らしてる人が普通に言えるってことが素敵だよね。

TETSUYA:たしかに、自分の家に招待して「嫌なことがあったら全部うちに置いていきなよ」なんて言えない(笑)。

ÜSA:あはははは! でも本当にその通りで、この島に行くとどんだけ辛かったことも糧となるって思えるんですよね。その後に虹がかかって、前向きに人生を歩んでいけるんじゃないかって。そういったメッセージを込めた 「Anuenue」は、まさに雨のフェスでファンの皆さんから教えてもらったことでもある。この曲を通じてハワイに興味を抱いたら、一度ハワイ島を訪れてほしいなぁとも思います。

TETSUYA:羽田から直行便が出てますからね。一本で行けるからオススメ!

Shizuka:TETSUYAさん、ツアーの代理店さんみたいですね(笑)。




夏開催の「DANCE EARTH FESTIVAL'18」では虹をかける!?

――今回、カップリングで米米CLUB の大ヒット曲「浪漫飛行」のカバーをしていますが、以前からアイデアが?

ÜSA:実は2年ぐらい前からカバーしてみたいよねって言っていたんですよ。

――Shizukaさんは世代的に直撃していないですよね!?

Shizuka:この曲がリリースされたとき、私は2歳でしたが、名曲は世代を超えて愛され続けていくのだと、改めて実感しました。歌っていて楽しい気持ちになる曲なので、10代、20代の方にもきっと刺さると思います。

TETSUYA:僕らは、“カバーしたいリスト”なるものをメモしているのですが、「浪漫飛行」はずっとそのリストに入っていた一曲。みんなでカラオケに行くと、カバーしたい曲をÜSAさんがちょいちょいぶっこんでくるんです(笑)。

ÜSA:別に“カバーしたい曲しばり”で歌ってほしいわけじゃないですよ!(笑)。

TETSUYA:その頃からShizukaちゃんに歌ってもらうと、いい感じだなって思えたので、今回は満を持してカバーできてうれしかったですね。

――過去2年開催してきた「DANCE EARTH FESTIVAL」ですが、今年ももちろん……

ÜSA:やります! しかも今年は、夏に開催します!

二人:おおぉ~!(拍手)

ÜSA:「Anuenue」を作っているときから、絶対にライブで虹を見たいって決めていたので、「DANCE EARTH FESTIVAL'18」では何とか虹を作り出したいと計画中です(笑)。

TETSUY:まさか降雨機ですか!?

ÜSA:どうだろうね~。お楽しみに、ですね。

Shizuka:私たちはハワイで、虹が出る法則を現地の人から教えてもらったので、 楽しみにしていてください!

ÜSA:空にかかる虹もあれば、僕らと会場の皆さんで作り出す虹の形もある。一つだけ言えるのは、みんなと一体となって、夏に最高の虹をかけたいということですね。

Shizuka:DANCE EARTH PARTYの楽曲は、夏にピッタリな曲がたくさんあるので、夏に開催できるのは本当にワクワクが止まらないです(笑)。

TETSUYA:今年は、フェスに向けて突っ走っていくことになると思うので、前半戦が勝負。EXILE の復活もあれば、EXILE THE SECONDでの活動、そしてDANCE EARTH PARTYもあります。それぞれで得た経験を相乗効果として、もっと自分たちを成長させることができれば。 LDHが活性化することで、自ずとDANCE EARTH PARTYも盛り上がり、最高の「DANCE EARTH FESTIVAL'18」を迎えることができる!

Shizuka:「Anuenue」を聴いて、夏まで楽しみにして待っていてほしいです。自己満足ではなくて、みなさんと一緒に体感して楽しむことがDANCE EARTH PARTYの活動では大切にしています。「DANCE EARTH FESTIVAL'18」でÜSAさん、TETSUYAさんが楽しそうに踊っていて、その先に会場の皆が楽しんでいる姿を、「Anuenue」から想像することできるので、夏に皆さんと会えることを、私たちもとても楽しみにしています。

(文・構成/我妻弘崇)
フラダンスの虹のポーズ! 写真・蔦野裕 【EXILE ÜSA/EXILE TETSUYA】ヘアメイク・千絵(H.M.C)/ スタイリング・YAMATO(Rising Sun) 【Dream Shizuka】ヘアメイク・後藤則子(Post Foundation Inc.)/スタイリング・山田佳苗(Luana) 【Dream Shizuka衣装】トップス、スカート/ともにUN3D.(UN3D.青山店)、パンプス/BABY PURE(株式会社 EVOL GENESIS)、ピアス、ネックレス/Gas Bijoux(Gas Bijoux 青山店)