【インタビュー】EXILE SHOKICHI「EXILE THE SECONDは道を切り開いて進んできた」

EXILE THE SECOND 待望のニューアルバム『Highway Star』完成
 ダンス&ボーカルグループ、EXILE THE SECONDの勢いが加速している。昨年秋からスタートした全国ツアーでは会場どころか周辺の気温を上げるようなライブパフォーマンスを展開。会場いっぱいの観客ももれなく絶叫だ。そんな盛り上がりの真っ最中に、ニューアルバム『Highway Star』が完成。ボーカリストで、グループの音楽の要であるEXILE SHOKICHIにインタビューした。
撮影・仲西マティアス/スタイリスト・jumbo(speedwheels)/ヘアメイク・大木利保
 EXILE THE SECOND(以下、セカンド)のライブはオーディエンスに一息つかせる余裕も与えない。もちろん、良い意味で。開演の瞬間から観客を送り出す客電が点灯するまで、ステージのあちこちで何かが起こり続ける疾走感、ラグジュアリーなひととき、ハッピーでアゲアゲなパーティー感、そしてワイルド感。時には見たことのないような世界にまでもいざなってくれる。現在展開中の最新ツアー「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 "ROUTE 6・6"」は、そんな感じだ。

 2017年10月からスタートしたツアーも残すところ、あと6公演。EXILE SHOKICHI(以下、SHOKICHI)は言う。

「思い出もできて、今はその一つひとつをかみしめながら、ライブをしている感じですね。残りも同じような気持ちでステージに立って、幕張(ツアーファイナル)を目指します」

 ライブでは、歌にダンス、そして楽器演奏にと八面六臂の活躍。ステージ上で上がったり下がったり回ったり、動き回る。そのためか、いつも以上に引き締まった印象。それもまた充実の証なのかもしれない。

 セカンドは、ツアーのフィナーレを待たずして、最新アルバム『Highway Star』を完成、28日にリリースする。野性味というストレートなワイルドさから始まったセカンド。作品やライブを重ねるなかで、毎回少しずつ異なるフレーバーのワイルドで魅せてきた。ワイルドさは、セカンドやセカンドが提示するエンターテインメントからあふれでる魅力のひとつ。さて、最新作は?

「最初の単独アリーナツアーの時は、セカンドの新しいスタートでもあったし、ツアーのタイトルも“WILD WILD WARRIORS”でしたし、野性味とかそっちよりのワイルドになっていたと思いますね。今作はそこに『ROUTE 66』を頭にするライブがあって、R&Bが入ってきてっていう。うーん、そうだなあ、この作品は……恋愛の曲が多いかもしれないです。自分がそういう曲を書きたいモードなんだと思います。ここ数年、曲をたくさん作ってきたんですけど、そのなかで、より聴き手のことを考えるようになったことが関係しているんだと思います。ラブソングのほうがもっと聞きたいんじゃないのかなって」

 先行シングル『アカシア』からはちょっと危険なワイルドな恋の香りがする。

「前の『ROUTE 66』の時はロッケンロールみたいな気分でしたし、そういう感じでやっていたわけですけど、でもその次はどうしようって。同じことはできないよなって考えた時に、レゲエ面白いかもって思ったんです。『アカシア』はそんな感じで始まりました」

『アカシア』をきっかけに、本格的にアルバム制作がスタート。ただイメージは、シングル『ROUTE 66』を発表したころよりも前から持っていたという。

「なんとなく、ですけどね。コンセプトはずっと前からあったというか、続いているんです。シングル『ROUTE 66』があって、今のツアーのタイトルの“ROUTE6・6”には〈6人6通りの道〉っていう意味があります。このアルバムも、その〈6人の道〉というコンセプトをイメージしました。ツアーと並行して作って、『アカシア』は去年の夏、新曲に関しては完成したのは最近になってからです」
撮影・仲西マティアス
 埃っぽい風を全身に受けながらドライブしているようなロックチューン『ROUTE 66』からスタートし、心地いいレゲエのリズムと危険な恋の香りが絡み合う『アカシア』、そして『アカシア』と対になる『花鳥風月』、その後はアッパーなパーティーチューンにヒップホップやラップ、R&B、壮大なロックナンバー、ストリングス、そしてダンスチューン……。まるでカーラジオをつけっぱなしでドライブをしているかのように、いろんな音が飛び出してくる。

「正直なところ、取っ散らかりすぎてないかなって心配もあるんです。セカンドってどんな音楽をやってるんだろうってアルバムを手にしてくれた人がいたら、、いろいろだなって驚いちゃうんじゃないかって(笑)。ただ僕ら6人でライブをすることを考えると、いろいろなカラーだったりバリエーションは必要なんです。この曲で違うシーンを作れる、この曲なら転換ができる、とか。ライブのことを考えてアルバムを作っているし、こういってしまうのはどうかなと思うんですけど、ライブを見ていただいてアルバムが完成する、成立すると思っているところもありますから」

 セカンドでは作詞作曲も担当している。本作でも『ROUTE 66』『アカシア』を筆頭に多くの楽曲で「SHOKICHI」の名前はクレジットされている。

「作る曲にリアリティーとか説得力が、少しずつですけど、ついてきているかもしれないなって思えるようになってきました。リリースするしないに関わらず、本当にたくさん曲を作ったんです。それこそ“何曲作る”って目標を決めて、ボツとか関係なく、数作る。これをやったことで、曲をシンプルにする技術が身についてきた気がしています。難しい言葉を使わなければ表現できなかった深さも、使わずに伝えられている、伝わっているなって感じられるようになりました。それに、以前みたいにたくさん作らなくても、自分がこういう曲を作りたいと思うところに向けて、真っ直ぐに作っていけるようになりました」

 ソングライターとしての手腕を発揮する一方で、本作では強力な協力者たちも参加。これまでもタッグを組んできたトラックメイカーのSKY BEATZを始め、DORBERMAN INFINITYのP-CHO、そして今のツアーで美しいコーラスを響かせているDEEPが名を連ねる。

「CHO君には『POW!』でラップを書いてもらいました。はちゃめちゃに盛り上がる『GOING CRAZY』に継ぐ曲があればいいなと考えていた時に、レゲトンで攻めてみたいと思ったのがきっかけです。今までCHO君と2人だけで制作したことはなかったんですけど、2人とも時間さえあれば曲を作ってる感じなのでタイプが似ているのかな。スタジオ入って5時間で完成しました。このアルバムの中で一番完成度が高いかもしれないです(笑)。DEEPは同じオーディション出身ですし、お互いのことはよく知っていたんですけど、時が経って、お互いのリスペクトもありつつみたいな……すごいいい雰囲気でしたね」

 内容や構成、楽曲、そして制作のメンバーやスタイルも、このアルバムはセカンドの今をパッケージしている。目と耳とそしてハートで、セカンドをビシビシと感じられる。

「アルバムに収録されている『On My Way』という曲は、現在のセカンドを表しているような曲になっています。道を切り開いて進んできて、今ここにいる。だけど、まだまだ旅の途中だって」

 たぶん、セカンドは、ものすごいスピードでハイウェイを疾走しているところなのだろう。

 ちなみに、アルバムのタイトルは最後に決まったそう。英ロックバンドのDeep Purpleの名曲が思い起こされるが、「前のアルバム(『BORN TO BE WILD』)はSteppenwolf (ステッペンウルフ)だったし、シリーズみたいでいいかなって(笑)。本当のところは、道を思わせるタイトルがいいよねって、みんなで考えていて、最終的に『ROUTE 66』の歌詞“Highway”からインスピレーションを受けて“Highway Star”に決めました」。

 アルバムのリリースによって、セカンドはさらに勢いづく。さらに今年はEXILEが動き出す。EXILEもEXILE THE SECONDも、その他のプロジェクトもと、SHOKICHIの毎日はますます濃くなっていく。
(本紙・酒井紫野)
New Album『Highway Star』3.28 発売
rhythm zone より発売。『ROUTE 66』『アカシア』『Summer Lover』などシングル曲を軸にアルバム初収録曲8曲を含む全13曲を収録。初回生産限定盤の映像Discには、最新ツアーやDANCE EARTH FESTIVAL、a-nation2017からセレクトされたライブシーンを収録。

【CD+DVD(3枚組)】6980円、【CD+Blu-ray(3枚組)】7980円、【CD+DVD】3980円、【CD+Blu-ray】4980円、【CD】2980円の5形態で発売。別にオフィシャルファンクラブ&モバイルサイト限定商品あり。