いつどこで何を聴く……?「東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森 2018―」



 東京に春の訪れを告げる、国内最大級のクラシック音楽の祭典がまもなく開幕する。

 期間中は、数えきれないほどの数のコンサートが行われる。街角や観光スポットでの無料コンサート、美術館や夜の博物館をステージに展開するもの、オーケストラによる壮大なクラシックコンサートなど、規模もスタイルも異なるステージが用意されている。普段はクラシック音楽に親しみがない人でも気軽にクラシックコンサートの“お試し”ができるのもうれしい。

 また、親子で楽しめる企画もある。コンサートはもちろん、ワークショップ、さらには公開リハーサルなど通常は体験しにくい企画も満載だ。

 メイン公演のひとつ、ワーグナーのオペラ作品の今年の演目は『ローエングリン』。没後150周年となるロッシーニに寄せたプログラムまで多彩かつ豊富だ。まずはオフィシャルサイトにアクセス。興味をそそる公演を探してみて!

東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森 2018―
【日時】3月16日(金)〜4月15日(日)
【会場】東京文化会館、東京藝術大学奏楽堂(大学構内)、上野学園石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館、東京キネマ倶楽部 他 
【料金】無料〜※公演によって異なる
【公演に関する問い合わせ】東京・春・音楽祭実行委員会(TEL:03-5205-6497)
【URL】http://www.tokyo-harusai.com/