サッカーU-21日本代表 パラグアイ遠征メンバー発表

U-21日本代表の森保監督
ハンブルガーSV所属の伊藤達哉が初招集

 日本サッカー協会が3月13日、都内で会見を開き、パラグアイ遠征(3月19~28日)に臨むU-21日本代表メンバーを発表した。

 今回の遠征では「スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)プログラム 南米・日本U-21サッカー交流」(3月21~25日、パラグアイ)で、U-21チリ代表(21日)、U-21ベネズエラ代表(23日)、U-21パラグアイ代表(25日)と対戦する。

 会見の冒頭で森保一U-21監督は「このパラグアイ遠征は非常にタフな日程での活動になる。その中で、選手、U-21のチームが成長できるようにいい経験を積んで、また前進して来れればと思っている。前回での中国遠征で出た課題を改善して、さらにチームとしても、選手個人としてもレベルアップできるようにいい経験ができれば。前回から多くの選手を入れ替えてやっていくなかで、選手の個性も見つつ、足りないところはそこでなんとか改善するように、いいところはさらに自信を持って伸ばしてもらえるような働きかけをしていきたい」などと今回の遠征の目的を話した。

 メンバーについては「視察の段階では多くの選手を見てきたが、今回は1997年と1998年生まれの選手でチームを編成させてもらった」という。初招集となった流通経済大学の現在1年生のDFアピアタウィアについては「センターバックやウイングバックで守備的な起用ができるかなと思っている。去年のインカレの時は右サイドバックで出場していたが、視察の時はセンターバックをやっていた。守備の部分で彼の持っている身体能力の当たりの強さから攻撃に転じていけるところを我々のチームでも生かしていきたいと思う」と話した。またドイツ1部・ブンデスリーガのハンブルガーSV所属のMF伊藤達哉も初招集。伊藤については「彼のプレーは去年ドイツでプレーしているところを見てきた。彼には攻撃の部分で貪欲な部分を見せてほしい。前線でボールを受けて、そこから貪欲に相手のゴールに向かっていく、目の前に相手がいてもなんとか突破してゴールにつなげていく、そういう貪欲な姿勢を示せる選手だと思う」などと話した。

 U-21代表はこの遠征の後は5月下旬にフランスで開催される「トゥーロン国際大会」、夏には「第18回アジア競技大会」(8月18日~9月2日、インドネシア)と国際大会への出場が続く。
【U-21日本代表パラグアイ遠征メンバー】
〈GK〉
1 小島 亨介 (早稲田大)
12 波多野 豪 (FC東京 )
23 山口 瑠伊 (エストレマドゥーラUD=ESP)
〈DF〉
4 板倉 滉 (ベガルタ仙台 )
3 中山 雄太 (柏レイソル)
21 椎橋 慧也 (ベガルタ仙台)
22 立田 悠悟 (清水エスパルス)
5 杉岡 大暉 (湘南ベルマーレ)
15 アピアタウィア 久 (流通経済大)
〈MF〉
8 坂井 大将 (アルビレックス新潟)
10 三好 康児 (北海道コンサドーレ札幌)
7 森島 司 (サンフレッチェ広島)
17 市丸 瑞希 (ガンバ大阪)
19 三笘 薫 (筑波大)
14 伊藤 達哉 (ハンブルガーSV=GER))
6 初瀬 亮 (ガンバ大阪)
2 藤谷 壮 (ヴィッセル神戸)
11 遠藤 渓太 (横浜F・マリノス)
13 松本 泰志 (サンフレッチェ広島)
18 菅 大輝 (北海道コンサドーレ札幌)
16 針谷 岳晃 (ジュビロ磐田)
〈FW〉
20 前田 大然 (松本山雅FC)
9 上田 綺世 (法政大)