DANCE EARTH PARTY、ライブも東京五輪も「盛り上げていきましょう!」

じっと座っていると寒さがしみてくる天候だったが、「暑くなった」とÜSA はジャケットを抜いで、ひとり夏モードに…
 EXILE ÜSA が率いるダンスボーカルグループのDANCE EARTH PARTYが17日、日比谷公園の野外ステージで、ミニライブを行った。同所で開催中の「東京2020 ライブサイト in 2018」に出演したもの。

 ライブでは、最新シングルのタイトル曲「Anuenue」や同シングルでカバーした「浪漫飛行」、ダンスと祭りを融合させた「NEO ZIPANG~UTAGE~」など5曲をパフォーマンス。ボーカルのDream Shizukaが呼びかけると、観客はタオルを振ったりジャンプしたりして盛り上がった。
タオルを振って盛り上がる!
 ライブの途中、EXILE TESUYAは平昌パラリンピックの開会式と競技を見に行ってきたと話し、「すごい楽しくて、世界最高の祭典だと感じました。韓国に行ったのは初めてだったんですけど、韓国大好きになりました。また行きたいって思ったのは素敵なことだなって思います。2年後に世界中の皆さんが東京に来た時に日本っていいな、また来たいなと思ってもらえるように、僕らも一生懸命盛り上げていきます。みなさんも参加する気持ちで盛り上げていきましょう」と、呼びかけた。
楽しさであふれるステージ!
「東京2020 ライブサイト in 2018」は、平昌オリンピック・パラリンピックの開催に合わせて、2020年の東京でのオリンピック・パラリンピックへの気運を盛り上げていくことを目的にしたイベント。平昌オリンピック・パラリンピックの競技を大きなビジョンで放映したり、アスリートによるトーク、東京大会の競技の体験などもできる。18日も日比谷公園と東京ミッドタウン日比谷で開催される。10~17時まで。入場無料。