久保賢司が武居の握手を拒否!おじぎも無視【3・21 K-1】

入場時、久保(右)のいきなりの挑発に武居はこの表情
武居「明日出場する選手の中で僕が一番明日の試合を楽しみにしている」

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」(3月21日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の前日計量と会見が20日、都内で行われた。

 スーパー・バンタム級タイトルマッチで対戦する王者・武居由樹と久保賢司は昨年からの因縁を引きずったままのやりとりとなった。

 武居は「明日のために完璧に仕上げてきて、何の不安もなく試合を迎えられる。明日出場する選手の中で僕が一番明日の試合を楽しみにしている。頑張ります」といつも通りのさわやかな挨拶。
最後のフォトセッションでも武居(左)はおじぎも久保は完全無視
久保「本気で殺しに来るつもりで倒しに来い」

 これに対し久保は「もし明日、武居君がこのベルトを守ろうとしてポイントアウトしようと思ったり守りに入ったりしたら、K-1のスーパー・バンタム級は終わります。彼に与えられた任務は、このバイキンマンを再起不能にしてK-1のリングから抹消すること。みんなもそれを期待していると思う。明日は本気で殺しに来るつもりで倒しに来い。彼に言いたいのはそれだけ」といきなり挑発。武居が戸惑い気味に「もちろんKOを狙っていくので…まあ、はい、打ち合います。終わったら握手してもらえたらなと…」と返すと「この舞台は君のために用意された、君の活躍があって用意されたものだから絶対に倒さないといけないよね。頑張ってね」と追い討ち。

 久保は入場時の2ショット撮影時には武居の握手を拒否し、会見後のフォトセッションでも頭を下げる武居を完全無視し、さっさと引き揚げるなど徹底した態度をとり続けた。
バダザリアンにお気に入りのハンドクリームを勧めるもやんわり断られる久保優太(左)
一方、兄貴の久保優太はいつも通りのマイペース…

 メルシック・バダザリアンを迎え初防衛戦に臨むウェルター級王者の久保優太は「減量での水抜きがひどくてボーッとしているんですが…。まあ負けることはないと思うんですが、強い相手なので頑張ります。昨日は減量がつらくて眠れなくて相手のビデオを見て研究していたんですが、忘れちゃったから明日どうしようかな。ちょっと冷静になって考えなおさないと。今回は減量がつらかったんで肌がカサカサ状態。(隣に座るバダザリアンに対し)ハンドクリームを塗ってKOします。使います?めっちゃいいですよ。あら断られちゃった(笑)。減量は楽そうですね。僕は水抜きで5kgくらい落としたので明日はリカバリーが凄いので、パワー差は出ると思います。今年31歳。あと何戦できるか分からないので、このベルトを1回でも多く守ることにかけているので明日は全力で守ります」などと話した。
タイトル戦に臨む選手たち