2017年MVPの武居が久保を壮絶KO【3・21 K-1】

武居(右)の三日月蹴りが久保のみぞおちにグサリ(撮影・蔦野裕)
試合後にやっと挨拶。「いい人でした」

 新生K-1史上最大の規模で開催された「K-1 WORLD GP ‪2018 JAPAN‬ ~K'FESTA.1~」(‪3月21日‬、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)で6階級のタイトルマッチが行われた。

「K-1 AWARDS 2017」でMVPに輝いたバンタム級王者・武居由樹が久保賢司を相手に初防衛戦に臨み、1R1分27秒、KOで勝利を収めた。

 昨年行われた王座決定トーナメントの決勝の再戦となった2人。カードが決まってから久保の激しい挑発を受けてきた武居。前日会見でも久保は握手拒否、おじぎ無視、打ち合い強制とあらゆる物言いで武居を挑発。武居から「僕もKOを狙っていく」という言葉を引き出したのだが…。

 その言葉通り、1Rからアグレッシブな攻めを見せる武居。左ハイキックで久保をぐらつかせると前蹴りからパンチの連打を追撃し最初のダウンを奪う。「まだまだ」といった表情を見せ立ち上がった久保に今度は左ハイキック。そして左のボディーブローから右フックを撃ち抜くと久保は大の字でダウン。レフェリーが試合を止めた。

 武居は試合後のマイクで王者として、そしてMVPとして「こんな大きな会場で試合ができて、たくさんの人に応援してもらって、本当に僕は幸せです。もっともっと大きい会場でやりたいので、みなさん、K-1の試合、毎回見にきてくだい。これからも応援よろしくお願いします」と挨拶した。

 そして会見では久保について「1回やっていたので取りあえず倒すことを意識していた。終わってからリング上でも控え室でもお互いに“ありがとうございました”と挨拶しました。いい人でした」と話した。
相手の体重オーバーというアクシデントを乗り越え2階級制覇を成し遂げた卜部功也(撮影・蔦野裕)
卜部功也が体重超過のルイを完全KOで王座獲得

 ライト級タイトルマッチは前日計量で王者のウェイ・ルイが計量をクリアできず、ベルトを剥奪。挑戦者の卜部功也が勝った場合は卜部が王者となることになった。ボクシングのネリvs山中の体重オーバーの一件があったばかりでなんとも嫌な予感が漂ったタイトルマッチとなったが、卜部が2R1分15秒、左ストレート一発でルイをKO。2階級制覇を成し遂げた。

 卜部は「トーナメントの初戦でゴンナパーにアゴを折られて、そこから這い上がってきました。これも応援してくれるファンの皆さんとスポンサーの皆さんのおかげ。ここからがスタート。まだ挑戦はやめません。戦い続けていく」とリング上でアピール。トーナメント敗退からの長いトンネルを脱した。

 試合後の会見では「試合前はいろいろハプニングがあったが、結果的にはこうやって勝てたことは素直にうれしい。ウェイ・ルイ選手も減量がきつかったんだと思うが、やっぱり体重オーバーって…勝負としてケチがつくというか、いろいろ意見ができちゃうかなと思うので…。今回はこういう試合でしたけど、今後はもっといい試合をして皆さんに認められるような試合をしていきたい。今後はどんどん強い選手と戦いたいという気持ちがある。この階級で負けている選手もいるのでそういう選手にリベンジしたい。あと、お客さんが見たいという選手と戦って評価を上げたい」と話した。
野杁(右)の右ハイが炸裂(撮影・蔦野裕)
野杁が大和にKO勝ちで初防衛戦に成功

 ゲーオ・ウィラサクレックを倒し第2代スーパー・ライト級王者となった野杁正明が大和哲也を相手に初防衛戦に臨み、3R2分57秒、KOで勝利を収めた。

 ともに愛知県出身で旧知の仲であり、実力者同士、そしてテクニシャン同士の対戦とあって一進一退の攻防が続くが、野杁は1R残り10秒で右から動く2段式の左のテンカオをクリーンヒット。大和からダウンを奪う。すぐのゴングで追撃はならなかった野杁だったが、大和には大きなダメージが残る。2R、大和も反撃に出るが、野杁はガードをがっちり固め、逆にパンチの連打、ボディーへのヒザで応える。3Rも開始早々、大和がパンチの連打で前に出るが、野杁はガードを固め押し返す。逆にロープに詰めパンチの連打。大和はバックブローを繰り出すなど反撃の糸口を探るが、野杁のガードは盤石。ラウンド終盤、野杁は右ミドルからヒザをボディーにめり込ませ、フックの連打を放つとレフェリーはスタンディングダウンを取る。残り10秒で野杁はロープに詰めてパンチの連打。大和は力なく前のめりにダウン。レフェリーが試合を止めた。

 野杁は試合後のマイクで「新チームとなっていろいろあったが、一致団結して世界一のチームにしていきたい」と挨拶した。
アラゾフが日菜太に完璧な勝利(撮影・蔦野裕)
アラゾフが日菜太の顔面を破壊

 王者チンギス・アラゾフに日菜太が挑んだスーパー・ウェルター級タイトルマッチは2R23秒、アラゾフがKOで勝利を収め、初防衛を果たした。

 日菜太は得意の左のキックで攻めるもアラゾフはそこに重いパンチを合わせていく。そしてアラゾフは左ボディーブローからの左ハイキックでダウンを奪う。立ち上がった日菜太だったが、1Rが終わり、コーナーに戻った時、右の顔面は大きく腫れ上がっていた。

 2Rもアラゾフの固い攻撃が続き、日菜太は防戦一方に。最後は日菜太が放った左ミドルにアラゾフが左フックをノーモーションでカウンターで叩き込む。ダウンした日菜太は立ち上がれず、悲願のK-1王座獲りに失敗した。

 アラゾフは試合後の会見で日菜太の左の攻撃を警戒し、徹底した対策を練ってきたことを明かした。一方の日菜太は最後のパンチで鼻骨を骨折。「本当に力及ばずで。最初の前蹴りみたいなので目をやられて自分のゲームができなかった。今日は本当に完敗だなと思う。この試合に賭けてきたものがすごくあったので、こういう形で終わってしまって、今は何を考えればいいのか分からない。鼻を折られてしまったので、しっかり治したいなと思います」と沈痛な面持ちで話した。
◇プレリミナリーファイト第1試合/K-1ライト級/3分3R
○佐野純平(3R2分10秒 KO)松村英明●

◇プレリミナリーファイト第2試合/K-1ウェルター級/3分3R
●加藤虎於奈(判定0-2 29-30、29-30、29-29)瑠久○

◇プレリミナリーファイト第3試合/K-1ライト級/3分3R
●原翔太(1R 1分23秒、KO)近藤魁成○

◇プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
●闘士(1R 2分27秒、KO)覇家斗○

◇K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
●横山巧(判定0-2 29-29、30-29、29-29)大岩龍矢○

◇第1試合/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●卜部弘嵩(本戦0-1=29-30、29-29、29-29。延長0-3=9-10、9-10、9-10)皇治○

◇第2試合/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
○小宮山工介(1R2分56秒、KO)スアレック・ルークカムイ●

◇第3試合/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
○武尊(判定3-0=30-28、30-28、29-28)スタウロス・エグザコスティディスク●

◇第4試合/ K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
○郷州征宜(判定2-0=29-29、30-28、30-29)デニス・ウォーシック●

◇第5試合/K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○久保優太(判定3-0=30-29、30-29、30-28)メルシック・バダザリアン●

◇第6試合/K-1 WORLD GPヘビー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●アントニオ・プラチバット(判定0-3=28-30、28-30、28-30)ロエル・マナート○

◇第7試合/スーパーファイト/K-1女子-50kg契約/3分3R・延長1R
○KANA(判定3-0=30-26、30-26、30-26)ポリナ・べトゥホーヴァ●

◇第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○軍司泰斗(判定3-0=30-29、30-28、30-28)登坂匠●

◇第9試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○中澤純(判定0-2=29-28、28-28、29-28)左右田泰臣●

◇第10試合/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
●皇治(判定0-3=27-30、27-30、27-29)小宮山工介○

◇第11試合/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
○武尊(1R2分24秒、KO)郷州征宜●

◇第12試合/K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○野杁正明(3R2分57秒、KO)大和哲也●

◇第13試合/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○チンギス・アラゾフ(2R23秒、KO)日菜太●

◇第14試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○木村“フィリップ”ミノル(1R2分50秒、KO)平山迅●

◇第15試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
○城戸康裕(判定3-0=30-27、30-28、30-28)イッサム・チャディッド●

◇第16試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●ゲーオ・ウィラサクレック(2R2分18秒、KO)平本蓮○

◇第17試合/K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●ウェイ・ルイ(2R1分15秒、KO)卜部功也○

◇第18試合/K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○武居由樹(1R1分27秒、KO)久保賢司●

◇第19試合/K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
●小宮山工介(3R2分2秒、KO)武尊○