京都・舞鶴市が「舞鶴ミュージックコミッション」設立 音楽×観光で盛り上げ期待



 京都府の舞鶴市は20日、「ミュージックツーリズムによる地方創生」について、都内で共同記者会見した。今年5月に全国初となる「舞鶴ミュージックコミッション」を設立し、地域の資源や施設を活用した野外フェスや音楽ライブ、ミュージックビデオの撮影など、アーティストや音楽周辺のさまざまな活動を誘致、サポートすることで、「音楽・エンターテインメント×観光」という組み合わせで新しいツーリズムを創造する。それによって新しい賑わいや新しい文化を形成するのが狙いだ。
 取り組みは、公益社団法人日本観光振興協会と株式会社oriconME コンフィデンス、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、そして舞鶴市の4者が協力して行う。コンセプトづくりなどで協業し、滞在メニューの造成や地域の受け入れ環境整備支援、フェスやイベントなどの企画提案など、それぞれが得意分野で支援し合う。舞鶴市はその窓口となる。

 舞鶴市にはすでにフィルムコミッションがあり多くのドラマや映画の撮影が行われている。ジャパンフィルムコミッションから「JFCアワード優秀賞」を受賞するなど実績は高く評価されている。「舞鶴ミュージックコミッション」には、このノウハウが活用される。

 舞鶴市の多々見良三市長は「先駆けてミュージックツーリズムに取り組むことで、全国の新たな観光事業モデルになる」と意気込んでいる。
 
「ミュージックツーリズム」は、音楽、エンターテインメント、そして観光を融合させた新たな観光事業として近年注目を浴びている。