門前仲町にリーズナブルにうまい魚が味わえる居酒屋オープン!

葱まみれ!マグロ中落ち 1280円
 東京・門前仲町に、魚屋が営む新しいスタイルの居酒屋「〇魚(まるっと)」がオープンした。

 同店はプロが目利きした旬の魚を始め、あらゆる“もったいない”を“価値”に変換する「もったいないプロジェクト」の理念に基づいた居酒屋。規格外や傷がついたことで市場に出回らない魚や、天然にも劣らない養殖魚などをおいしく調理し、リーズナブルな価格で提供。また、軒先では魚屋として鮮魚の販売も行う。

 例えば「葱まみれ!マグロ中落ち」は、あまり使われないマグロの血合いを丁寧に取り、マグロの中落ちと合わせ盛り付けることで、深い味わいのボリュームたっぷりなメニューに。中落ち盛りの下のかっぱ巻きと一緒に食べれば、即席のネギトロ巻きにも。
お刺身7点盛り 2480円 (4人前)
 旬の鮮魚が贅沢にぎっしり詰まった桶盛りは、7点盛りとはいいつつ、10種類ほどのお刺身が入ることも。この日は、マグロ、あじ、イカ、ホッキ貝、中トロ、イシガレイ、真鯛、青柳、すずきなど10点の盛り合わせ。4人前で2480円という破格の値段でありながら、仕入れによってはウニが贅沢に1箱入ることもあるという。刺身を食べる醤油は、店のこだわりを感じる昔ながらの木桶仕込みで醸造された濃口生醤油「紫峰の滴」。濃口だがまろやかで、素材のうま味を存分に引き出してくれる。
金目鯛の煮つけ(本日の煮魚より) 1280円
 買い手がつかない“もったいない食材”を生かしたメニューを提供する同店では、「本日の刺身」「本日の焼き魚」「本日の煮魚」「本日のフライ」と、当日に食材がわかるメニューも多数展開。この日は丸っと1匹「金目鯛の煮つけ」が本日の煮魚として提供された。本来、350g以上が市場では相場のところ、若干小さめのサイズだったために、もったいな食材になった同メニュー。ちょっと小ぶりなだけで味は折り紙付きというだけあり、こっくりとした味付けは、普段いただく金目鯛の煮つけと何ら変わらぬ美味しさ。お得感満載の一皿。
カキフライ 580円
 名物の「カキフライ」は5個で580円。南三陸の漁港からの直接仕入れと、殻が少し欠けているため安く仕入れることができ、この値段設定になったとか。カラッと揚がったフライを一口かじると、磯の香りを感じるミルキーな味わいが口いっぱいに広がる。同店イチオシの日本酒をライムロックで飲む「〇魚ロック」(500円)との相性も抜群。

魚屋のサンドイッチ 780円
 小腹がすいている時におススメなのが「魚屋のサンドイッチ」。この日提供されたのは「ハモサンド」。季節がちょっとずれているということで、このお値段に。かりッと焼かれたトーストに、しば漬けのタルタルマソース、マヨネーズ、金山寺味噌を塗り、ハモのフライを挟む。肉厚のハモはふわふわプリプリで、しば漬けのコリコリ感と酸味がほどよいアクセントに。

 門前仲町という風情ある下町情緒たっぷりのロケーションで、うまい魚をお酒とともにリーズナブルに楽しむ。これぞ、居酒屋の醍醐味。酒飲みだけではなく、お得グルメ大好き女子にも人気が出そう。
〇魚(まるっと)
【住所】江東区富岡1-25-4
【TEL】03-5875-8557
【営業時間】16~23時
【定休日】不定休 ※鮮魚店は昼前後に営業開始 (時間は日により異なる)