【インタビュー】河瀨直美監督と仏女優ジュリエット・ビノシュとの縁がつむいだ命の物語 『Vision』

『あん』(2015年)、『光』(2017年)の河瀨直美監督が新たに描くのは、神秘的な奈良の森の奥で生まれた、命と未来の物語—。フランスの名女優ジュリエット・ビノシュと『あん』『光』でもタッグを組んだ永瀬正敏をダブル主演に迎えて描く映画『Vision』が6月8日から公開。世界が河瀨監督の新作の完成を待ちわびるなか、ついに完成した本作は、まさに世界の映画人が集う地・カンヌでの出会いから生まれたものだった。
撮影・辰根東醐 衣装・アニエスベー
 世界的映画監督・河瀨直美が、現在も生まれ育った奈良を拠点に活動していることは、よく知られている。東京の雑踏を背景にしていても、監督の周囲には穏やかな時間が流れているかのよう。

「東京は確かに疲れますね(笑)。でも嫌いじゃないですよ。いろんなものやこと、人との出会いがあるので楽しい。でも、ありすぎて疲れる(笑)。私はきっと、東京には住めないでしょうね。でも谷中とか、下町だったらいけるかも。吉祥寺に住んでいた時期もありますし。東京でのオフの過ごし方? 東京に来るときは基本的に仕事なので、オフはほとんど無いんです。ただ昨年、オペラ『トスカ』の演出をしていたとき10日ほど池袋に滞在しまして。息子と一緒だったので、サンシャイン水族館とか少年ジャンプのテーマパークとか、お台場のアミューズメント施設にも行きました。やっぱり東京は楽しいけど疲れます(笑)」

 もし河瀨監督が大都会・東京を舞台に映画を撮るとしたら…?

「働く女性を題材にした作品なら、自分も同じ立場として、映画を撮れるかもしれませんね。その場所で暮らしを営む人の物語であれば、そこがどこであれ撮れるかもしれない」

“その場所”が都会であれ、南国であれ、神秘の森が広がる奈良であれ、河瀨監督は常に、そこで生きる人々の姿を丁寧につむいできた。

 6月に公開される最新作『Vision』の舞台となるのは、神秘的な深い森。

 山を守って生きる山守の男・智(永瀬正敏)と、幻の薬草Visionを探してやってきた女ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)、そしてどこか哀しみをたたえる青年・鈴(岩田剛典)の運命的な出会いが描かれる。

 そもそも本作の始まりこそ運命的だった。2017年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭の公式ディナーで河瀨監督が本作のプロデューサー、マリアン・スロットと同席になったことが、ビノシュとの出会いを生んだのだ。

「会った瞬間から、彼女と映画を作りたいと思いました。彼女のほうも私の作品を見ていてくれていて、一緒にやりたいと言ってくれて。翌月には本作を作ることが決まったんです。このカンヌでの出会いがあり、以前から奈良の吉野で撮りたいという思いがあって、永瀬くんとはまた一緒に映画を撮ろうという話を前からしていて、そこに岩田くんとの出会いがあり、配給先も決まり…本当に“ご縁”で、さまざまななことがとんとん拍子に成立して生まれた作品なんです。まさに今、このタイミングでしか撮ることができなかったろうな、と思いますね。何しろ、夏木マリさん、田中泯さん、美波ちゃん、森山未來くんという、脇といえども主になり得る人たちがそろって出演してくださったのでね。たとえ数カットしか出番が無かったとしても、この人でなければこの役は成立しないというキャストばかりですから」

 薬草に詳しい老女アキを演じる夏木は、森の主かと思うような不思議なたたずまいを静かに、雄弁に表現。ジャンヌに同行する通訳兼助手・花役の美波はジャンヌを尊敬する等身大の女性をリアルに演じ、流ちょうなフランス語で物語に説得力を与える。猟師の源役の田中泯、同じく猟師の青年・岳役、森山未來は身体表現の分野でも活躍する2人。言葉でも体でも河瀨監督の世界を体現できる役者がそろった。

「永瀬くん以外は皆、河瀨組初出演なので、河瀨組を存分に楽しんでいただけたのではないかな、と思っています」

 河瀨組には役者の集中力を引き出す、とある撮影スタイルがある。

「いつカメラを回すか、言わないんです。カメラがすでにそこにあるとか、歩いてくるともう本番が始まっているとか、そんな感じなので初めての役者さんだと戸惑う人もいますね。岩田君も初日は多少戸惑ったみたいだったけど、彼はすごく吸収が早くて。カメラがいつ回るか分からないので、汗をふいてくれたり飲みものを差し出してくれたりするスタッフも彼の側には控えていられないし、これまでの現場とは勝手がかなり違ったと思うんですけど、岩田くんはすぐに現場になじんでいました。岩田くんからは、何を言われてもNOとは言わない、という覚悟が感じ取れましたね」

 岩田が演じる鈴は、ふいに智の前に現れる謎めいた青年。山守として孤独に生きる智にとって、何よりVisionを探し求めるジャンヌとって、重要な存在となる役どころだ。
撮影・辰根東醐
「ジュリエットも本当に岩田くんを気に入っていて、あなたは英語を覚えて世界に出ていくべき、と言っていました。そんなジュリエットや永瀬くん、他の役者さんたちから刺激を受けて岩田くんもどんどん自分の芝居を高めていっている感じでした」

 考えてみれば『イングリッシュ・ペイシェント』『ショコラ』のジュリエット・ビノシュが、吉野の森を歩く姿がこんなにも自然に見えるのも不思議なことだ。最初に会った瞬間にビノシュと映画を撮りたいと思ったというが、そもそも監督が一緒に仕事をしたいと思う役者の共通点とは?

「私は本当にモノを知らないんです。テレビも見ないので有名人もあまり知らないし。実は岩田くんのことも知らなかったんですよ。去年〈ショートショート フィルム フェスティバル & アジア〉で短編を完成させたときにお会いして、いつか一緒にできたらいいね、という話をしていて。その3カ月後くらいに、本作に出てもらうことになったんです。こんな感じなので、直接お会いしてみないと分からないんですよね。夏木さんも、私がエグゼクティブディレクターを務める〈なら国際映画祭〉の審査員で参加していただいて交流が始まって。この映画を撮ることになったときに“おばあちゃん役、やりますか?”と(笑)。私の映画に出てくれる役者さんたちは、ウワサに聞く河瀨組の厳しさを知っていても演じたいという意欲を持っている方であることは共通していると思います。マゾ的といえるかもしれません(笑)」

 言葉で人物のすべてを説明できる簡単な役は一つもない。今回は言葉や文化の違うビノシュもいる。それでも監督は役者たちから智を、ジャンヌを、鈴を引き出していく。

「他の現場を知っているわけじゃないので、他の監督と違うやり方をしているのかどうかは自分でも分からないんですけど、今回一緒にやるのが3度目になる永瀬くんは“監督は俳優のここ(と、胸のあたりに手)を見てくれているんですよね”と言ってくれますね。芝居の表面じゃなくて心の流れを見てくれるからこういうふうに撮れるんだ、と。私からしてみれば、永瀬くんが心を開いてくれているからこういう映画を一緒に撮ることができるんだと思っています。いくら私がオファーをしてもブロックされていたら何も生まれませんから。ありがたいことに、私に心を開いてくれる役者さんと出会えているんだと思います。それが困る人は避けて通るんじゃないでしょうか(笑)。ジュリエットも内面を表現する俳優ですから、本当にスーっと役に入ってきてくれました」

 本作のビノシュを見ていると、海外キャストとのタッグを今後も期待してしまうが。

「私、本当に人を知らないのでね(笑)。でもそうですね、私が審査員を務めた2013年のカンヌでパルムドールをとった『アデル、ブルーは熱い色』で青い髪の子(エマ)を演じたレア・セドゥさんとか、いいなと思います。映画祭でお会いしたりして、一緒にやってみたいなと思った人は何人かいますね。向こうから声をかけてくれたりして、お話ししてみると、私の作品を見てくれているとか、興味を持ってくれているというようなことも分かるので。そういうことがきっかけで、認識したり興味を持つことはありますね」

 映画祭で受賞したり評価されても、それきりになってしまうことは少なくない。しかし27歳のときに『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞した後、第60回カンヌ国際映画祭では『殯の森』でグランプリを受賞、その後もコンペティション部門の審査員を務めるなど、大きく羽ばたき、カンヌ映画祭に貢献するまでになった。監督は、賞や評価とは別に、縁が生まれる場としてカンヌとの絆を大切にしているのかもしれない。

「本作などはまさに、マリアンとディナーの席で一緒になったことが始まりでしたからね。彼女がプロデューサーとなっていろいろ段取ってくれたことが本当に大きかった。彼女自身もすごく素敵な女性なんです。カンヌは彼女やジュリエットのような人とも出会える場でもありますね。でも映画監督ならカンヌを目指すべきとか、そういうことではない。私だって、実はたまたまなんです。寒がりなので冬の寒い時期の撮影が苦手で秋までに撮って4月ごろに完成させると、その時期に出品できるのがカンヌだということなんです(笑)」

 河瀨監督の“寒がり”が生んだカンヌとの絆。それもまた縁。その縁から、また新たな未来“Vision”が生まれるはず。本作を見る者も吉野の森の中で命と向き合い、自分自身の“Vision”を探すことになるだろう。「世界にはバランスがあって、そのバランスをコントロールするのは人間だけじゃない。さまざまなものたちや事情がそこにはある。その真実にたどり着ければいいなと、そんな思いを込めました」

 不確かな未来、謎めいた過去。それでも命をたどれば、答えにたどり着くかもしれない。深い森を歩きながら声なき自然と対話しているかのような映画体験だ。
(本紙・秋吉布由子)

©2018 "Vision" LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.
『Vision』

STORY:夏、緑が青々と茂る奈良の神秘的な森。紀行文を執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌは、通訳兼アシスタントの花と、この地を訪れる。彼女は薬草の一種で、幻の植物“Vision”を探している。森で暮らし、森を知り尽くす山守の無口な男・智と出会うが、智も「聞いたことが無い」という。やがて、言葉や文化の壁を越えて心を通わせていく2人。季節は流れ、森が赤く色づく秋。智のもとに山守の若者・鈴が姿を見せ、運命の歯車が動き出す。ジャンヌがこの地を訪れた本当の理由とは何か。山とともに生きる智が見た未来(ビジョン)とは?

監督・脚本:河瀨直美 出演:ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典、美波、森山未來、田中泯(特別出演)、夏木マリ他//LDH PICTURES配給/6月8日(金)より全国公開 
http://vision-movie.jp/