【インタビュー】 Dream Ami、恋したくなるニューシングルリリース

新生活、新学年、新学期……! 4月はたくさんの「新しい」がスタートする時期。Dream Amiも、ニューシングルで「始まり」を歌う。恋したときや恋が始まったときのハッピーな気持ちと、それゆえに感じるちょっとした切なさを綴る。春は「出会って、恋する季節でしょう」? あなたの春は、どんな春?
撮影・蔦野裕  ヘアメイク・福田翠(Luana) スタイリスト・後藤則子(Post Foundation Inc. ) ワンピース、ニットベア,パンツセットアップ/全てLEINWANDE(MATT.)、ピアス/somnium、その他スタイリスト私物
春は、出会って、恋をする。

――新曲『アマハル』は春らしい楽曲。この曲がどのように生まれたのでしょうか?

Dream Ami : この曲は、CMソング(Dream Amiが出演するブルボン「おいしいココナッツミルク」CM)として制作しました。ミディアムな曲、「春っぽい」「爽やか」といったイメージをいただいて、それを表現できるような楽曲を探すなかで出会ったのが、この曲でした。曲を選ぶときは直感を大事にしていています。今回もビビッとくるものに出会えた感じです。

――作詞はEXILEや三代目J Soul Brothersなどを手掛ける小竹正人さん。Amiさんの作品でもシングル「ドレスを脱いだシンデレラ」を筆頭に小竹さんが作詞した作品は多いです。

Dream Ami :久しぶりに作詞をお願いしました。「小竹さんに書いてもらったら、絶対いいものになる、自分の想像を超えた曲になる」という確信があったんです!

――お互いに想を寄せる人がいて幸せな状況にあるけれど、それゆえに感じる寂しさや切なさを歌っている。始まりのラブソング、です。

Dream Ami : CM曲のテーマとしていただいていた「春ソング」「春が過ぎ去っても聴ける曲」ということだけを伝えて作っていただきました。ストーリーも小竹さんが考えてくださったのですが、でき上ったものを聴かせていただいたときには、もう、「すごくいいなあ」という感想しかなかったです(笑)。メロディーやサウンドが切ない感じなので、どっぷり切なくなって、どんよりした春になるのはちょっと嫌だなと思っていたのを、言わずとも、汲み取ってくださりました。小竹さんの歌詞が載せられたことで、切なくなりすぎていないんです。きっとDream Amiのイメージに合わせて書いてくれたのかなと思います。お礼のメールをさせていただいたときに、そのまま伝えたら、「そりゃ、そうだよ」って言われました。

ーーこの曲で描かれている恋愛だとか、状況だとか、自分の経験と重なったりも……?

Dream Ami : (笑)……「めちゃくちゃ分ります! 自分と重なります」というのも小竹さんに伝えたら「あなたの恋愛観で書いたんだから!」と言っていただきました(笑)。小竹さんとは、楽曲制作をする以前からずっと親交があるので、曲のアイディアなどのお仕事のお話に限らず、いろいろな話をしているんです。本当に、いただいた歌詞の全部が当てはまりすぎて、「分かる! 分かる!」という感じでした。

ーーこの「ハッピーなのに、寂しい、切ない」という状況。たくさんの人が共感する「あるある」でもありますが、こういうとき、Amiさんはどう動くタイプですか?

Dream Ami : 私は自分でも直球な人だと思うので、思ったり感じたことを言わないで我慢するということはないですね。言い換えると、言わないでおこうと思ってもつい言ってしまうタイプなので、わがままと思われてしまった経験もあります。それで後悔することもありますけど、私は言える人で良かったと思いますね。


ーーカップリングの「ノーアイディア」について教えてください。この曲はキラキラしたポップソングで、「アマハル」のような切なさはほとんど感じません。

Dream Ami : 「アマハル」を探しているなかで出会った曲のひとつで、CMのイメージとは違ったのですが、すごく気になった曲なんです。今までこういうリズムの曲を歌ったことがないな、歌ってみたいなと思ったところから始まっています。

ーー楽曲も歌詞も少し懐かしいフレーバーです。Amiさんが作詞されていますね。

Dream Ami : 聴かせていただいたデモの段階で入っていた「ノーアイディア」という言葉がすごく印象的だったので、それを生かして制作しています。作りながら、少し懐かしい感じ、90年代とか、そのあたりを思い出させる曲だなと思って、歌詞もそういう視点で書いていきました。今では使わない言葉遣いだとか単語を入れて……。

ーーその頃って、Amiさんは、かなり「子ども」ですよね。言葉遣いや単語は調べて……?

Dream Ami : それは、自分が小学生とか中学生のころを思い出しながらです! 私、ドラマがすごい好きで、小さい頃からいっぱい見てきたんですよ。恋愛ドラマ、それこそトレンディドラマとかをたくさん見てきたので、実体験はなくても、なんとなくあの時代のシチュエーションだとか空気は想像しやすいんです。「くわえたタバコの煙」がどうとか、2018年の今では使わないというか……今から見るとそういうシチュエーションはちょっとダサいっていうのかな……(笑)。引き出しが足りなかったりして苦労したところもないわけじゃないですが、楽しかったです! 

ーー恋の始まり、ちょっと頑張る女の子が主人公のラブソング。歌いたい物語は「ノーアイディア」という言葉や曲調から、どうつながったのでしょうか?

Dream Ami : 最初に思ったのはやっぱり、何に対して「ノーアイディア」なの?ということでしたね。人生なのか、仕事なのか、それこそ人によっていろいろあると思います。私の場合は、「ノーアイディア」なんだけど、なんか頑張ってて、でもちょっと的を得てない女の子が浮かんだんですよね。かわいくておもしろいんじゃないかなって。それもまた、直感です。

ーーなにか小説を書いていくようなアプローチ! 今後にもつながっていきそうですね。

Dream Ami : 今回、楽しかったので、またできたらいいなって思います。

ーー最後になりますが、【CD+DVD】のDVDには、昨年のライブツアーの模様が収められるとか。

Dream Ami : そうなんです。またツアーしたいですね。去年は5公演だったので、もっとたくさんできたらいいですね。

(TOKYO HEADLINE・酒井紫野)
New Single『アマハル』4月18日(水)リリース!
Dream Amiが出演するブルボン「おいしいココナッツミルク」のCMソングの表題曲のほか、自ら作詞した「ノーアイディア」を収録。【CD+DVD】のDVDには、昨年行った「Dream Ami 1st Live Tour 2017 Re:Dream」のライブ映像を収録。【CD+DVD】4491円、CDのみ1000円。ともに税込。エイベックスより発売。詳細は公式サイト(http://ami-ldh.jp/)で。