インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.25 GS (DOBERMAN INFINITY)



 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。

 今回は、DOBERMAN INFINITYのGSさんです。
「何百人を前にしてライブして終わったらバイト。音楽一本でやれたらと思った」

――子供のころの夢を教えてください。

プロ野球選手です。小学校2年生から少年野球をやってたこともあって、気付けば「スポーツ=野球」というのがありました。ラジオでもテレビも野球ばかりだったし僕は全員が野球をするものだと思っていました。だから、スポーツ選手になりたいなら野球選手なんです。漠然とした夢で、心からなりたかったかっていうとどうかなって感じなんですけどね。ポジションはキャッチャーでした。

――そのころを振り返ると、自分はどんな子供でしたか?

賢い方ではなかったかなって思いますね。野球は好きだったから、毎日素振りをしたり、部屋でグローブをはめてボール投げたり。良く天井にあてて怒られてました。

――その夢が、HIPHOPであるとか、アーティストの方向になっていったのはどうして?

自分が音楽を始めたのは高校生の時でしたけど、それが夢になったのは前身のグループのDOBERMAN INCがメジャーデビューしてレーベルや会社という本当の意味での音楽業界に入った時です。その頃はバイトしながら音楽をやっていて、音楽で食べていくことの難しさと魅力を同時に感じていました。何百人を前にしてライブして終わったらバイト……なんか夢がないっていうか(笑)。そこに至って、音楽一本でやれたらいいなっていうのがスタートだったかもしれないです。

――その夢を実現するためにどんなことをしましたか?

グループでどう目立つかを考えて、それをやっていきました。日本語ラップが盛り上がったタイミングは何回かありますけど、自分たちが世に出られたのもそのタイミングでした。そのなかでどこにもないものっていうのを強く意識して活動しました。先人のやっていたことをリスペクトしつつ先人が見ていたUSを見て、強く意識していました。

――夢は実現した、と思っていますか?

最初は音楽をやることが夢でしたし、音楽だけでご飯をたべることという夢も叶ったと思います。だけど、満足したことはないですね。インクからインフィニティになったことで夢は変わったし。夢はアップデートされていくんです。
リアルな自分が見えれば、自分を100にする方法も見えてくる

――アップデートされた、いまの夢とは?

このグループでアリーナツアーをやることですね。5人でグループを組んだときの目標地点なんです。ラップグループというカテゴリーでアリーナツアーってあまり前例がないのではないでしょうか。前例がないものに挑戦していくのはやりがいがあるし、やり遂げたときの達成感を考えると……!

――その夢を実現するためにしていることはありますか?

それを常につねに日々考えているんです。自分はめちゃくちゃ慎重な性格で、いいことはいいと捉えられるんですけど、常に何がだめでどうするべきでってもっとこうしたほうがいいああした」ほうがいいと思っていまう人間なんです。それを一つずつやっていくことですね。そう考えると、夢はまだ少し遠いかな……。

――夢を叶えようと頑張っている人たちにアドバイスをお願いします。

自分に付いている2つの目だけではなく、自分から飛び出した自分が何体もいて、たくさんの目でいろんな角度から自分を見るてみるようなことが大切だいます。客観性を持って自分を見ることで、自分をよりリアルに感じられます。2つの目では見えなかった部分も見られて、自分に足りない部分も分かるし受け入れられると思うんです。そうすればおのずと自分を100にする方法も見えてくると思います。

【PROFILE】GS(じーえす)……HIPHOPグループ,DOBERMAN INFINITY(ドーベルマン・インフィニティ)のMC。KUBO-C、P-CHOとともに現グループの前進となるDOBERMAN INCを大阪で2000年に結成し、2004年にメジャーデビューを果たす。東京進出、メンバーの脱退を経験しつつ、2014年にSWAY、KAZUKIが加入して、DOBERMAN INFINITYに改名。2018年4月にニューアルバム『OFF ROAD』をリリースした。
【インタビュー】松尾スズキ「30年を振り返る」
タマ伸也が忌野清志郎の新曲(?)をリリース!?『入りますCD2』
【インタビュー】山本涼介 × 灯敦生 映画『ニート・ニート・ニート』
【インタビュー】柄本佑×中野裕太 18世紀ポルトガルと21世紀日本。時を超えた“1人2役”に挑戦
二ツ目さん数珠つなぎ【第2回】 春風亭昇也「お客さんとは“一語一会”。今日しかできない落語を見せる」
西島秀俊が届ける、パラアスリートたちの輝く素顔