ソチ五輪スキーハーフパイプ・三星マナミ – 宿題 -【AFLO SPORT Presents PHOTOIMPACT-プロの瞬撮-】

撮影:長田洋平(2014年2月20日 ソチ五輪 スキーハーフパイプ予選 三星マナミ)
目は瞑っている。

ゴーグルの奥で人知れず涙を流していたのだろうか。
光が反射して、うまく判別できない。

「ああ終わったー」とでも言ってるような口の動き。
転倒の悔しさなのか。
笑っちゃっているのか。
すべてが終ったことから来る安堵なのか。

そんな曖昧な表情を微細に捉えた一枚だと思っている。
ただこの写真、
狙って撮ったものではない。
CFカードの中に残っていた、
いわゆる「撮れちゃった写真」だ。

これを超える一枚を今度は狙って撮りたい。
4年前からの宿題である。

(長田洋平)


■カメラマンプロフィル

撮影:長田洋平
1986年、東京出身。かに座。
早稲田大学教育学部卒業後、アフロ入社。
2012年ロンドンパラリンピック以降、国内外のスポーツ報道の現場を駆け回っている。
最近では平昌オリンピックを取材。
今年の目標は英語習得とボルダリング5級。
アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport