初参戦の浜崎朱加が改めて「やれと言われれば誰とでもやる」【5・6 RIZIN】

RIZIN初参戦の浜崎朱加
「今回はいつも以上に気合。絶対に一本決めて勝ちたい」

「RIZIN.10」(5月6日、福岡・マリンメッセ福岡)に出場する元Invicta FC世界アトム級王者の浜崎朱加が4月25日、都内で公開練習を行った。

 この日はDEEP JEWELSに参戦中のアミバをパートナーに3分間のグラップリングのスパーリング。今回は昨年3月以来の試合なのだが、終始アグレッシブに攻め続け、ブランクを感じさせない動きを見せた。

 浜崎は2015年からInvictaに参戦。日本で試合をするのは2014年の大晦日以来となるが、練習後に行われた会見では「日本で調整できるのは大きい。海外では時差ボケが直らないまま試合をしていたこともあったので、その分有利かなと思う。いつもと変わらず調整できている。問題ない」と話した。久しぶりの日本での試合については「海外でやる時と全然違う。知っている人もたくさん見に来てくれるので、その分“いいところを見せないと”じゃないけど、しっかり勝てるようにしないといけない。いつもそう思っていますが、今回はいつも以上に気合が入っています。絶対に一本を決めて勝ちたい」などと気合十分。
アミバとグラップリングのスパーリング
「RIZINは若い選手が多い。油断できない」

 浜崎はRENAの総合格闘技参戦にあたりコーチを務めたこともあり、RIZIN女子についてはその動きを間近で見ていた。現在のRIZIN女子については「今すごく盛り上がってきているなかで、このタイミングで参戦できるのは大きいのかなとは自分でも思っている。レベルもだんだん上がってきているなかで、世界から強い選手が来てくれればうれしい。RIZINは若い選手が多い。若い選手は1〜2年で急成長することがあるので、そこは油断できないという気持ちは持っています」と話しつつも「もちろん、世界チャンピオンになってベルトを持っていたので、その自覚を持って、すべての試合で一本を狙っていきたい」と続けた。

 浜崎は第5試合でアリーシャ・ガルシアと対戦する。ガルシアについては「あまり(映像などは)見ていない。いつも試合が近づいてきたところでちょっと見るくらい。対策を練るというよりは、どの相手にも自分のやりたいことをやっていくタイプなので」と話した。ガルシアは一昨年のRIZIN初参戦で浅倉カンナに判定勝ちを収めている。浜崎はそれを念頭に「アグレッシブなイメージ。レスリング出身ということなので、タックルなどに気をつけてスキをついて一本取りたい」と話した。
会見ではリラックスムードで時折笑顔も見せた
師匠の藤井惠が「世界チャンピオンの強さをしっかり見せて来なさい!」

 浜崎は参戦にあたり階級が上の選手との対戦についても積極的な姿勢を見せた。この日も「やれと言われればどの階級でもやる覚悟はできています。希望は適正体重で戦うことですが、ひとつ上でも準備はできています。中井りん選手は2階級上ですか? やれと言われれば…厳しいですけど(笑)。RIZINという大きな舞台で上の階級にしか相手がいない、と言われればやります」と話した。

 浜崎の参戦であらゆるカードの実現が可能となった。中でもコーチを務めたRENAとの対戦は興味深い。

「(RENAには)決まってすぐには言わなかった。言いづらくて(笑)。阿部さん(裕幸AACC代表)が会話の中で漏らして、“あ? 出るんですか?”って。そんな感じでした。私が会見で“RENAと戦うことになったらどうしますか?”という質問をされた時に“誰とでもやります”と言ったことに関しては“やらないですからね” みたいな感じで冗談ポクいじられました(笑)」

 また浜崎の師匠であり、RIZINで解説を務める藤井惠さんからは「日本人で世界チャンピオンになったのは朱加だけだから、そういうものをしっかり見せる義務がある。しっかり見せて来なさい」と言われたことを明かした。