岩田剛典、河瀨監督最新作でカメムシの洗礼を受け“森の人”に!?


 映画『Vision』の完成報告会が26日、都内にて行われ、出演する永瀬正敏、夏木マリ、岩田剛典(三代目J Soul Brothers/EXILE)、美波と河瀬直美監督らが登壇した。

 ジュリエット・ビノシュ演じるフランス人女性が、幻の薬草を求めて奈良・吉野の森を訪れ、そこで孤独な山守の男と出会い、心通わせていく姿を神秘の森の美しさとともに綴る物語。

『あん』『光』に続き今回、河瀨監督と3度目のタッグを組んだ永瀬は「(河瀨監督の現場は)毎回違っていて新たな発見があります」と明かしながら「“河瀨メソッド”といいますか、実際に撮影で使う家に、クランクインの2週間くらい前から、可愛い犬と一緒に暮らしまして、智の血や心を自分のものと入れ替える作業をさせていただきました」と、演じる人物として過ごした時間が役作りに生かされたことを語った。

 永瀬から「彼は特殊伐採の工具を使いこなし、スルスルとカッコよく木に登り、2日くらいでこなしてしまった」と称賛された岩田は「すごく筋肉痛になりました(笑)」と照れ笑い。永瀬演じる主人公・智の元に現れる謎めいた青年・鈴を演じる岩田は、今回河瀨組初参加。「撮影の中でいろんな洗礼を受けました」と言う岩田。「森の中で鈴を演じるのではなく、鈴として生きるということを監督から教えていただきました。自分のシーンしか知らず、役の中でお会いしない人とは一切話さないように監督から言われていたので、衣装合わせの会場で一緒になっても、ご挨拶もできなかった。そういう取り組みは初めてでした」と“河瀨メソッド”に刺激を受けた様子。さらに撮影時には「劇中にでてくる納屋に住まわせていただいて、朝起きると顔にカメムシが3匹くらい付いているような毎日でした(笑)」。
劇中の愛犬コウをかたどった人形を抱っこ!
 すると河瀨監督が「撮影後、グループのメンバーに心配されたんだよね?」。話を振られた岩田は「はい、僕の顔つきが違ったみたいで。“本当に森の人になってるよ”と言われました(笑)」と明かし会場の笑いをさそっていた。

 映画は6月8日から全国公開。