渋谷の中心に食の新スポットが誕生


 渋谷のファッションビル「109MEN'S」が「MAGNET by SHIBUYA109」としてリニューアル。第一弾として、4月28日(渋谷の日)に食の新スポット「MAG7(マグセブン)」が誕生。以降、段階的にリニューアルしていく。

「MAG7」には、「FATBURGER(ファットバーガー)」(ハンバーガー専門店)、「SHIBUYA PARLOR」(フルーツパーラー)、「おにぎりBar 渋谷園(しぶたにえん)」(おにぎりBar)、「THEぎょるびー」(餃子専門店)、「ご馳走そば そら」(創作日本そば)、「らんまん食堂」(鶏肉料理専門店)の6店舗がオープン。

 日本初出店となる「FATBURGER(ファットバーガー)」は、ロサンゼルス発祥で、世界中で200を超える店舗を展開するバーガーブランド。ボリューム満点で、しっかりと弾力のあるパティは、まさにアメリカン。そこに7種類の薬味をトッピング。見た目の迫力とは裏腹に、繊細な味やさまざまな食感が楽しめるので、飽きることなくペロリと食べられる。本場アメリカのモンスターバーガーを日本流にアレンジした、115gのパティを6枚重ねた「USキングバーガー」(2560円)はインスタ映え間違いなし! チャレンジに成功すると店内に記念写真が掲示されるほか、成功の証もプレゼント! 自信のある人は、一度チャレンジしてみては?



「SHIBUYA PARLOR」は、季節のフルーツを贅沢に盛り付けたフルーツパフェやクレープが人気のお店。また、パンケーキも、新鮮なフルーツがたっぷりと盛り付けられ、フルーツパーラーの王道パンケーキといった見た目。瑞々しいフルーツは見ても、食べても元気になれる女子のポジティブアイテム。どこか懐かしい「パーラー」という響きも、逆にポップで新しい。



 鶏肉料理専門店「らんまん食堂」の人気は、ソースが選べる「からあげ」。白コショウでシンプルに味付けしたからあげもジューシーで美味しいが、“フレンチ”“黒酢”“梅かつお”“明太マヨネーズ”“ハニーマスタード”“てりたマヨ”などのソースにつけると、さらに美味しさアップ! レモンサワーも数種類あるので、ベストな組み合わせを探してみよう!

 カジュアルでスタイリッシュな「ご馳走そば そら」は、丸ノ内の名店「手打ちそば石月」による創作日本そばのお店。たっぷりの野菜をオリーブオイルとマスタードソースで絡めた「8種類の緑黄色野菜と豚しゃぶそば」は、サラダ感覚で罪悪感なし! ダイエット中の女の子にも人気がでそう。そのほかジューシーな鶏肉をとろとろの卵でとじた「ふわふわ卵の親子そば」など、伝統的な日本そばがカジュアルに楽しめる。


「おにぎりBar 渋谷園」は、おにぎらずで作ったスパムおにぎりや、人気メニューを天むすスタイルにしたものが食べられるお店。ほかにも豊富なお酒のメニューとともに、さまざまなメニューも提供。カウンターでは飾り巻き寿司の体験教室なども開催する。

 女性でも気軽に立ち寄れるカウンターメインの餃子専門店「THEぎょるびー」。大きめでもっちりとした皮から、肉汁があふれる様子はさながら小籠包のよう。肉の食感、旨味もダイレクトに感じられるガッツリ系の餃子だが、ニンニクを使用していないので、若い女性や仕事中のサラリーマンでも安心。おいしいもので早く満腹になりたい忙しい人にもおススメ。


 また、今回のリニューアルで、これまでスタジオとしてのみ使用していた屋上を「MAG's PARK(マグズ パーク)」として開放。スクランブル交差点を見下ろすスペースや、「MAG7」で購入したフード、ドリンクを持ち込んで楽しめるイベントスペースを展開、コミュニケーションの場を提供する。

 新しく生まれ変わった、渋谷の新スポットの今後の展開からも目が離せない!