三代目JSB、映画祭ナビゲーターとして一足先に“単独”レッドカーペット

 国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2018』のフェスティバルナビゲーター就任レッドカーペットイベントが27日、東京ミッドタウン日比谷にて開催され、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(NAOTO、小林直己、ELLY、山下健二郎、岩田剛典、今市隆二、登坂広臣)やEXILE HIRO、映画祭代表の別所哲也らが登場。映画祭開幕を6月4日に控え、一足先にフェスティバルナビゲーター就任のレッドカーペットを行った三代目に、駆け付けた多くのファンが歓声を上げた。
 米国アカデミー賞にも公認されるショートフィルムの国際映画祭『SSFF & ASIA』。20周年を迎える今年は、三代目がフェスティバルナビゲーターとして映画祭を盛り上げるほか、気鋭監督がEXILE TRIBEの楽曲をモチーフに映像化した短編オムニバス映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』が映画祭で上映される。同プロジェクトを立ち上げたHIROは「今回モチーフとなったのはすべて(作詞家の)小竹正人さんの新曲、書きおろしです。作品を見た後に流れてくる楽曲も楽しんでいただければ。音楽の聞き方が新鮮なものになると思います」とアピール。NAOTOも「自分たちや仲間の楽曲が映画となることが、映画ファンとしても音楽ファンとしても楽しみ」と期待を寄せた。この日は『ウタモノガタリ』の石井裕也監督、松永大司監督、安藤桃子監督、Yuki Saito監督、平林勇監督、岸本司監督も登場した。
 さらに映画祭の公式テーマソングとなった三代目の新曲『FUTURE』について登坂が「この曲は約2年ぶりのオリジナルアルバムの中の1曲。海外のプロデューサーとタッグを組んだ、僕たちにとっても挑戦の曲です」と胸を張り、映画祭のテーマソングとなったことを喜んだ。

『SSFF & ASIA 2018』は6月4日から24日まで表参道ヒルズ スペース オー他にて開催(期間ごとに会場が異なる)。『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は『SSFF & ASIA 2018』でプレミア上映後、6月22日より全国公開。