ハリル前監督「誰とのコミュニケーションが不足していたのか…」

いつも通りの熱弁をふるうハリルホジッチ前日本代表監督(撮影・蔦野裕)
「コミュニケーション不足」という理由に真っ向から反論

 サッカー日本代表監督を解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が4月27日、東京都内の日本記者クラブで会見を開いた。本来はクラブ所属のメディアのみ参加が許されるところ、今回は所属外の記者にも門戸が開かれたことから記者332人、カメラ約40台、テレビカメラ約30台と多くのメディアが集まった。

 ハリルホジッチ氏は2015年に日本代表監督に就任。昨年、日本を6度目のワールドカップ(W杯)出場に導いたものの、4月7日に契約が解除された。

 会見の冒頭、ハリルホジッチ氏は「日本で3年間仕事をしてきたので、この地でお話をしたいと思った」と日本で会見を開くことになった理由を説明。そして「日本には観光に来たのではなく、私の力で日本のサッカーに何かをもたらすことができるのではないかと思ってやってきた。日本をこんな形で去ることになるとは考えたこともなかった。4月7日以降、私の人生において一番つらい時期を過ごしてきた。そして深く失望している」などと話した。

 そして同氏は、これまで日本サッカー協会にはなかった監督が執務をするための部屋を作ってもらったこと。毎日出勤して協会で多くの時間を過ごしたこと。そこで頻繁にミーティングを開催して、選手のコンディションや新しい選手の情報などを共有していたこと。そこで得た情報などをもとに国内外問わず選手と頻繁に電話で話していたこと。2月には長谷部誠、川島永嗣、吉田麻也、長友佑都といった主力選手と連絡を取り合ったことなどを挙げ、協会の言う「コミュニケーション不足」という理由に真っ向から反論した。
ハリルホジッチ氏は会見中「私には分からない」という言葉を何度も口にした(撮影・蔦野裕)
「なぜ会長も西野さんも何も言ってくれなかったのか」と不満爆発

 ハリルホジッチ氏の認識では先のベルギー遠征前までは「コミュニケーション不足」という問題はなかったとして、「なぜか最後の遠征でコミュニケーションと信頼が薄まったようだ」と振り返った。また遠征で西野朗技術委員長(当時)から「選手が一人不平不満を言っている」ということを言われたことを明かした。

 そして「私が疑問に思っているのは誰とのコミュニケーションのことなのかということ」とし、「なぜ(田嶋)会長も西野さんも問題があったのなら“ハリル、問題があるぞ”ということを一度として言ってくれなかったのか。本当に一度として誰も何も言わなかった」と不満を口にした。

 会見の序盤には「不満を漏らしている」という選手が2人だったのだが、終盤には1人になるなどした。

 それに対し自らのもとには多くの選手やスタッフから感謝やねぎらいのメッセージが送られていること。そして「サンフレッチェ広島の丹羽(大輝)がわざわざ飛行機に乗って会いに来て、ありがとうと言ってくれた。一度しか招集していないのに」と意外な事実を明かした。

 そして直前までともに戦った日本代表に対しては「私は日本の永遠のサポーター。日本チーム及び多くの選手たち、スタッフたちと私は心が通っていると信じている。これからもずっと頑張ってください。これは本当に心からの言葉。リップサービスではない。揺るぎのないもの」とエールを送り、「日本代表は今、窮地に陥っています。W杯はこれ以上ない試合になるでしょう。どうか彼らに準備の時間を与えてあげてください。日本代表にはいい試合をしてほしいと思っています」と言葉を残した。
会見に出席した人が残す「一筆」にハリルホジッチ監督はこの言葉。意味は「友情を込めてありがとう」(撮影・蔦野裕)