岩田剛典の殺傷力満点スマイルから山下健二郎の男気までがつまったショートフィルム完成


 映画『ウタモノガタリ−CINEMA FIGHTERS project−』の完成披露イベントが27日、都内にて行われ、出演者の岩田剛典、山下健二郎と各作品の監督たち、EXILE HIROとショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)代表の別所哲也が登壇した。

 世界本作は、作詞家・小竹正人が手がけた楽曲の世界観をEXILE TRIBEのメンバーをキャストに起用し、気鋭監督が映像化するプロジェクト第2弾。発起人のHIROは「普段とは違う音楽の聞き方をし、小竹さんの詩の世界観も新たな感じ方をすることができました」と完成した6本のショートフィルムに太鼓判。同作がプレミア上映される映画祭SSFF & ASIA代表の別所も「音楽と映像の新たなコラボレーションとして、この6本のショートフィルムを楽しんでいただけたら。ショートフィルムとは大切なものだけが残った、まさに結晶のようなもの。僕は“エスプレッソムービー”と呼んでいます」と、ショートフィルムの魅力を語った。
岩田剛典
 石井裕也、松永大司、安藤桃子、Yuki Saito、平林勇、岸本司の6監督が、それぞれ小竹作品からイメージした物語を描いたオムニバス作品だが、偶然にも“水”に関する描写がある作品が多かったという。

 なかでも石井監督作『ファンキー』主演の岩田と、岸本監督作『幻光の果て』主演の山下は「お互いに現場の話を聞いてみたら、同じ作品に出ているのかと思った」というほど、ともに水を使った撮影で奮闘した様子。岩田は「室内のシーンなのに水まみれになるなど、溺れかけるくらいの経験もさせていただきました(笑)。麻生久美子さんとの水中シーンでは酸素ボンベも使いながらの撮影でした。そのときは水中で麻生さんの髪が広がって顔にかかってしまい、このままではNGテイクになってしまうと、とっさに麻生さんの髪を払ったところ石井監督からファインプレーだと言われました」と明かした。
山下健二郎
 一方、山下は「沖縄ロケだったんですが、現地で水中での演技があることを聞きまして。検討の上、やらせていただきますと。ただ、水中に飛び込むシーンでプールの壁にぶつかってしまって。水で冷やしながらしっかりやらせていただきました」と、ともに水中シーンの撮影秘話を明かした。

 監督たちも全力の2人を絶賛。岸本監督は「山下さんは嫌な顔一つせず、痛がっているそぶりもまったく見せないので気づかず…」と恐縮の表情。石井監督は「岩田さんが最高の笑顔を持っていることは知っていたんですが、実際に会っても最高でした。(岩田の笑顔は)殺傷能力が強いじゃないですか。だから取扱注意ですね。映画の中でも1回だけ出てくるので、楽しみにしていただけたら」と語り会場の同意と笑いをさそっていた。
 さらに、白濱亜嵐主演作を手がけた安藤監督は「産後初監督作で、男性主演はこれが初めて。主人公を愛せないと撮れない私がこの主人公を愛せるだろうかと思ったんですが…イケメンを目の前にするのはいいものですね(笑)。美しい男性を見ることはそれだけで生きる糧になると、うちの祖母も言っていました」。青柳翔主演作を手がけたSaito監督は「勝手に青柳さんが英語ペラペラだと思い込んでいて、本読みのときに大丈夫ですよねと聞いたら子犬のような目で“監督、僕、英語しゃべれません”と。でもストイックに役作りをし演じ切ってくれた」。TAKAHIRO主演作を手がけた松永監督は「彼の魅力をいかに引き出すかを考えてシナリオを書いた。大きなスクリーンで彼のいい表情をみていただきたい」、石井杏奈主演作を手がけた平林監督は「セリフをどんどん削る手法を使って出来上がった作品」とそれぞれアピールした。

『ウタモノガタリ−CINEMA FIGHTERS project−』は『SSFF & ASIA 2018』でプレミア上映後、6月22日より全国公開。