4DX特別招待券を毎回3組6名にプレゼント! 【4DX 体験コラム vol.8『レディ・プレイヤー1』3D 4DX】

ユナイテッド・シネマで上映される、好きな4DX作品を鑑賞できる4DX特別招待券を読者3組6名にプレゼント!

【使用可能館】ユナイテッド・シネマ豊洲、ユナイテッド・シネマ札幌、ユナイテッド・シネマ前橋、ユナイテッド・シネマ春日部ほか
【有効期限】2018年6月30日
【応募方法】応募方法は下記の2ステップ。
<応募条件>
ステップ1:TOKYO HEADLINEのTwitterアカウントをフォロー
ステップ2:対象ツイートをリツイート
【締め切り】5月14日(月)16時。当選者の方々にはTwitterのダイレクトメッセージでご連絡します。
https://twitter.com/TOKYO_HEADLINE

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
スピルバーグが生み出したVRワールド“見る”だけでなく“入り込め”!

 先日、13年ぶりの来日を果たした巨匠スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』が現在、日本でも大ヒット中。誰でもなりたいものになれるVRワールド「オアシス」を舞台に、オアシスに隠された3つの謎に挑むプレイヤーたちの冒険を描くかつてないアドベンチャー大作だ。

 なかでも話題を呼んでいるのは、イマジネーションがさく裂するバーチャル世界の描写。現実にはあり得ないような空間で、理想のルックスをアバターにしたり、人気キャラクターの姿になって超人的なバトルを楽しんだりという究極のVR世界を、映画で疑似体験できるのだ。つまり本作は“見る”だけではなく“入り込む”べき映画。世界中の4DXシアターでも公開週末の稼働率が軒並み8割越えを記録した、まさに“4DX映え”ムービーなのだ。
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
4DXはここがスゴイ① 一映画の中のVRワールドを“VR以上に”疑似体験!

「オアシスに入っていく冒頭のシーンから最高でした。シートが映像に合わせて動くのでアトラクションみたいに実際に自分がオアシスに飛び込んでいくような感覚を味わうことができて、3D 4DXにしてよかったと思いました」と興奮気味の20代男性。別の30代男性は「レースのシーンが迫力あって良かったです。あと実際に映画館の中でフラッシュが光る演出がすごいなと思いました。本当に自分がVRワールドを体験しているような臨場感を感じました」。主人公たちは特殊なスーツを通してVRワールドでの感覚をリアルに感じるという仕組み。4DXでは、実際に雨や水しぶき、風、衝撃やムーヴ、香りや光のフラッシュなどを感じることで、よりリアルにVRワールドを疑似体験できるのだ。
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
4DXはここがスゴイ② 現実では絶対にできない! 人気キャラと超絶レース体験

 とくに男性たちに好評だったのが、AKIRAの金田バイクやデロリアン、キングコングなどが登場する迫力満点のバーチャルレースのシーン。「実際に自分がVRアトラクションでレースに参加しているみたいで楽しかった。迫力だけじゃなくて、細かいところで、知っているアニメやゲームのキャラが出てくるので、それを見つけたときがまた楽しい。もう一度3D 4DXで見て、見つけてないキャラを探したい(笑)」と20代男性。劇中では他にも、ガンダムやストリートファイター、アイアン・ジャイアントなど、キャラネタ満載。想像のキャラと同じ世界で、現実ではできない冒険を臨場感たっぷりに楽しもう。
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
4DXはここがスゴイ③ スピルバーグが本作に込めた思いがリアルに伝わる!

 VRワールドが生活の中心となっている近未来が舞台となっている本作。3D 4DXで体感することで、物語のメッセージ性をより強く感じたという20代女性2人組。「友達と一緒に同じバーチャル世界を体験しているようで、すごく楽しかったです」。「内容も、リアルとバーチャルという今のSNS世界にどこか通じるところもあって、一緒に遊んだりする“リアル”の友達や家族を大切にしていこうと気づかされました」。スピルバーグ監督が本作に込めた思いを、文字通り“肌で感じる”ことができるはず。


『レディ・プレイヤー1』
アーネスト・クラインが2011年に発表した小説『ゲームウォーズ』をスティーブン・スピルバーグが映画化! 『ジュラシック・パーク』『インディ・ジョーンズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と、世界中でライド・アトラクションにもなった映画シリーズを次々と生み出してきたスピルバーグ監督が、バーチャルリアリティーを題材に新たな映画革命を起こす! 最先端の映像技術を駆使した臨場感あふれるバーチャル世界の映像体験、そこに登場する日本生まれの人気キャラクターによる夢の“競演”、謎解きやゲームの楽しさにあふれた、必見の一本。

STORY:今から27年後。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVR ワールド「オアシス」に生きていた。食事や睡眠、トイレに行く以外はすべてオアシスの中。そこはなりたいものなり、したいことができる夢の世界。ある日オアシスの天才創設者から遺言が発表される。それはオアシスに眠る3つの謎を解いたものに全財産56兆円とこの世界のすべてを授ける、というもの。17歳のウェイドは夢を叶えるため、子どもから巨大企業までが参加する争奪戦に挑む…!

監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:タイ・シェリダン、オリビア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン他/ワーナー・ブラザース映画配給/全国公開中 3D 4DX上映:ユナイテッド・シネマ豊洲他にて上映中
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/ 

【4DXデジタルシアターとは?】

 4DXとは現在、映画業界で最も注目を集める、最新の“体感型(4D)”映画上映システム。座席(モーションシート)が、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に動き、その衝撃を再現。嵐などのシーンでは“雨”が降り“風”が吹き付け“雷”も表現。さらに“香り”や“煙り”などさまざまな特殊効果で「目で見るだけの映画」から「体全体で感じる映画」へ映画体験を進化させる。通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムだ。
 4DX上映作品は、通常鑑賞料金 + 1000円 (3D作品の場合は +1400円)で鑑賞できる。
キャンペーンは終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。
【明日何を観る?】『ブラック・クランズマン』
かわいい小型消臭除菌器で簡単消臭「kila air」【読者プレゼント】
【ひめくりワンダホー】もっちーちゃん(1歳3カ月)
瀬戸康史「ゴマフアザラシの気持ち良さったらない」
「罪を犯した1人の出演者のために公開中止はしない」ピエール瀧出演作ノーカットで公開
【徳井健太の菩薩目線】第20回「謹慎はタンス預金のようなもの  第三者に対して必要なことは、謝罪ではなくて誠意だよね」