大井町のサーフィンは波待ちゼロ! 8月に複合スポーツエンターテインメント施設オープン



 複合スポーツエンターテインメント施設「スポル品川大井町」が8月11日、大井町にオープンすることが分かった。営業は2021年までの期間限定で、運営はJR東日本。サーフィンを筆頭に、テニスや3×3、フットサルなど8種のスポーツが楽しめるほか、脱出アトラクションや子供向けの施設なども揃うスポーツを軸とした新しいタイプのエンターテインメント施設となる。2020年の東京五輪への気運や注目を押し上げる施設のひとつとなりそうだ。

スペシャルサポーターの面々
 9日、JR東日本が都内で開催した発表会には、プロサーファーの糟谷修自と前田マヒナ、テニスプレイヤーの伊達公子、元バスケットボール女子日本代表キャプテンの原田裕花らが登壇した。それぞれ同施設のスぺシャルサポーターを務める。

 施設のなかでも最も注目を集めるのが人工ウェーブの本格的なサーフィン施設。ドイツの世界的なサーフィンブランド「citywave」をアジアで初めて導入。前田は「サーフィンは経験のない人が始めようとするときに自分自身を対応させていくのが難しいスポーツです。この施設は新しい世代のサーファーたちにとっていい変化を与えてくれると思います」と、コメント。波のサイズを自由自在に変えられるのはもちろん、補助バーを使ったレッスンなどもできる。糟谷も「サーフィンを始めるのには最高の環境」とし、「体験できて、練習できる素晴らしい施設だと思う」と喜んだ。

 テニスエリアは伊達公子がプロデュース。4面ある屋内テニスコートは世界標準のハードコート。併設されている多目的スタジオでは、テニスを楽しむためのセミナーや、テニスと他のスポーツを融合させたイベントなどを開催していくという。

 さまざまなスポーツ施設が揃うなかで、気になるのは、世界的に注目度上昇中の「パデル」の屋外コート。「パデル」はスカッシュとテニスを合わせたようなハイブリッドスポーツで、スペインをはじめ競技人口が増加しているという。

 そのほかにも、ソフトボールのバッティングセンター、屋外ボルダリング施設、アーチェリーの施設も備える。

 場所はJR大井町駅から徒歩約5分のところの、JR広町社宅の跡地。入場料は無料で、各施設の利用は有料になる。

 詳細は今後、施設の公式サイトで更新される。