【江戸瓦版的落語案内】中村仲蔵(なかむらなかぞう)

Rakugo guidance of TOKYOHEADLINE【ネタあらすじ編】
 落語の中には、粗忽、ぼんやり、知ったかぶりなどどうしようもないけど、魅力的な人物が多数登場。そんなバカバカしくも、粋でいなせな落語の世界へご案内。「ネタあらすじ編」では、有名な古典落語のあらすじを紹介。文中、現代では使わない言葉や単語がある場合は、用語の解説も。

 名門の血筋ではない歌舞伎役者の中村仲蔵。階級制度が厳しい江戸時代の歌舞伎界にあって、並外れた才能を武器に苦労の末、相中から真打にあたる名題(なだい)にまで昇進した。

 しかし、それを面白く思わないものも多い。次の芝居『仮名手本忠臣蔵』で彼についた役は5段目の、斧定九郎のたった一役のみ。これは名題のやるような役ではない。しかし仲蔵、そこで腐るわけでもなく、なんとか新しい定九郎ができないかと考える。その試みが失敗したらその時。上方にでも行き、そこで芝居をすればいい。しかし妙案浮かばず、苦しい時のなんとやらで、柳島の妙見堂に日参し、画期的なこしらえが浮かぶように願掛けをした。満願の日、参詣の帰りに大雨に出くわし、法恩寺橋近くのそば屋で雨宿り。

 そこに駆け込んできたのが、年のころ34、5の浪人風の武士。黒羽二重の紋付きに茶献上の帯。大小を落とし差しに尻はしょり、伸びた月代からは水がしたたり落ちるという有様。仲蔵は「これだ!」と、定九郎のイメージがひらめいた様子。早速家に帰ると浪人の身なりを手本に、衣装の支度に取り掛かった。さて、初日。いつもは赤塗りの定九郎が、今日は白塗りで登場。しかも出番直前に頭から水をかぶり、しぶきをあげ、水をしたたらせながら、花道をかけてくる。あまりの迫力と意外な演出に客席は拍手も掛け声も忘れ、ただただ見入っている。

 場内の静けさに、自分の工夫が裏目に出てしまったと思った仲蔵。それでも最後は口から血紅を吐き舞台を降りた。舞台をしくじったと思った仲蔵は帰宅し、早々に旅支度をし、女房と水杯を交わし家を出た。道すがら人々が今日の芝居の感想を話している。恐る恐るその声に耳を傾けると「今日の定九郎はすごかったぜ」「たいした役者だよ、仲蔵は」「あれを見ないと江戸っ子とは言えないね」と口々に仲蔵の定九郎をほめている。

 ほっとした仲蔵は、家に戻ることに。バツが悪いので裏口から入ると、師匠の中村傳九郎から呼びだしが。今日の勝手な演出について小言を言われるかと思いきや、師匠は仲蔵の工夫をほめ、涙ながらに素晴らしい役者になったことを喜んでくれた。これをきっかけにますます芸道精進した中村仲蔵。無名の役者から名優として後世に名を残したという。
【ひめくりワンダホー】涼央(りお)くん(2歳7カ月)
【江戸瓦版的落語案内】三枚起請(さんまいきしょう)
女性20歳「出会い系で出会ってそのまま彼氏彼女になることってあるんでしょうか?」【黒田勇樹のHP人生相談 102人目】
今年も手作りしました【友香の素 vol.204】
【ひめくりワンダホー】ひめちゃん(1歳4カ月)
【EXILE TETSUYA連載 DANCEの道】第77回「行き当たりバッチリ」