インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.26 龍 (THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

 EXILE、三代目J  Soul Brothers、E-girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。

 絶賛全国ツアー展開中のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの龍さんにお聞きしました!
 

三代目さんの「BLUE IMPACT」ツアーで、自分もああなりたいと思った。

――子供のころ、どんな夢を持っていましたか?。

他のメンバーみたいに僕もサッカーをしていたのですが、中学校に入った時に「入らないか?」って誘われて陸上競技を始めて、それで陸上選手になりたいなって思っていました。僕は、短距離をやっていました。

――龍さんは、どんな子供だったんでしょう?

あまり親には迷惑はかけなかった子供だったと思います(笑)。自分で言うのもなんですけど、友達はたくさんいました。ただリーダーシップをとるタイプではなくて、中間ぐらいで……他に行きたいときに行ける感じの(笑)。

――ダンサーであるとか、エンターテインメント分野で活躍したいと思うようになったのはどうしてですか?

昂秀(同じRAMPAGEのメンバー)と同じで、劇団EXILEのオーディションを受けたのがきっかけで、LDHが経営しているEXPGに通わせていただけるようになったんです。最初は「ダンスを習いたい」という気持ちで入ったんですけど、EXILEさんや三代目J Soul Brothersさんのサポートをしている間に、自分もああなりたいなと。その気持ちが特に強くなったのは、三代目さんの「BLUE IMPACT」というツアーでした。

――そうなるために何かしたことはありますか?

三代目さんみたいになりたい、ああなるためにダンスの練習をしようと練習に取り組むようになりました。その取り組み方がその前よりも、具体的になったと思いますね。自分のなかで追求を続けました。

――いま、「夢は叶った」と思いますか?

グローバルジャパンチャレンジというオーディションがあって、THE RAMPAGEのメンバーにもなれて。いま自分がこういう形になれたってことは、……少しは叶ったのかなって思いますね。でも、アーティストになってまた別の夢ができました。
自分たちらしい色を見せて、大きなアーティストになりたい

――いまの夢って何ですか?

THE RAMPAGEで、EXILE TRIBEの先輩方のように、自分たちらしい色を見せて大きなアーティストになれたらと思っています。

――その夢を実現するために、していることはありますか?

ドームツアーという大きな夢があるんですけど、その前に、まずは今やらせていただいているホールツアーをしっかりやりたいと思います。目の前にあることをしっかり丁寧に、そして等身大のパフォーマンスをやっていって、アリーナツアーやドームツアーだったり、自分たちらしいアーティスト像に辿り着けたらいいなと思います。

――最後に、龍さんと同じように夢の実現に向かって頑張っている人に、アドバイスをいただけますか?

 僕がやっていることということで、夢についてずっと考えることが大切じゃないかなって思います。考えていると、自然と自分が何をしたらいいのかっていうのが出てくるんです。

【プロフィール】龍(りゅう)……1998年9月9日生まれ。神奈川県出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー。2013年に、世界で活躍できるメイドインジャパンのアーティストとなる人材の発掘を目的として行われた「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」に挑戦するも落選。その後、THE RAMPAGEに正式加入した。

【インタビュー】EXILEの帰還、新たなスタート
インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.33 Leola
【インタビュー】南沙良 人気コミック『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』待望の映画化!
「もし自分なら恐竜を現代に復活させる?」シリーズ最新作監督の答えは…!?
【インタビュー】THE RAMPAGE、自らの芯となる運命の楽曲『HARD HIT』で熱く燃える!
【インタビュー】EXILE AKIRA × カリスマカンタロー「さあ、決めようか世界一のダンサーを。」