EXILE THE SECONDが応援ソングで柔道とコラボ! 幕張ツアーファイナルでメダリストと楽曲お披露目

左から、全日本柔道女子の増地克之監督、同男子の井上康生監督、EXILE THE SECONDの黒木啓司、EXILE SHOKICHI
  EXILE THE SECOND(THE SECOND)が全日本柔道連盟の初の公式応援ソングを担当することになり、5月14日、都内で記者会見が開かれた。会見には、全日本柔道男子監督の井上康生、同女子の増地克之監督、そしてTHE SECONDから黒木啓司とEXILE SHOKICHIが出席した。

 楽曲は「日昇る光に ~Pray for Now~」。クラシック音楽を思わせる荘厳なイントロから一転、激しいロック調ヘ変化していく曲で、最新アルバム『Highway Star』にも収録されている。

 黒木が楽曲の構成を担当。黒木は「イントロは日本の国旗が上っていくイメージ、そこから選手が奮い立つような激しい部分にしてみたり。アウトロはステージをイメージして作ったんですが、康生さんと増地監督がいて。SHOKICHIが歌うことによって、そこにスポットライトが当たって新しい柔道が生まれることをイメージしています」と、説明。

 作詞作曲は、SHOKICHI。制作には井上とのディスカッションがあったといい「監督から自他共栄という言葉をいただきました。柔道は個人の戦いなんだけどチーム戦なんだ、日本の誇りを持って戦いに行くチーム戦なんだと聞いて、ものすごく感銘を受けて、これが(楽曲の)テーマだと思いました。自分なりに力強い応援ソングができたかなと思っております」と、胸を張った。

 今回のタッグは、黒木が井上と同郷であることから雑誌で対談、意気投合したことをきっかけにスタート。黒木はEXILEでさまざまなスポーツとの関わりを持ってきたことに触れたうえで、「井上さんとお話しするなかで、2020年東京オリンピックに向けて、柔道も守るべきものと変わらなければいけないものがあると聞きました。柔道の試合が盛り上がったり選手が盛り上がったりするためにはどうしたらいいんだろうと考えさせていただいて。柔道とEXILEエンターテインメントを掛け合わせたときに、新しい化学反応を起こして、新しいエンターテインメントが生まれたらと思った」と話した。

 井上は「柔道のイメージ的なところもありますし、武道というところから始まったという流れもあって、楽しむとか喜ぶとか、そういう世界には少し抵抗がある部分を、多少なりとも私の中では感じるところがあります。これからの柔道界、スポーツ界の発展というなかで、エンターテインメント性というか、あの会場行ったら楽しかった、もう一回行きたいな、柔道見たらいいなとか思ってもらえるようなことが必要になってくるのかなと思います」と、説明。

 報道陣から楽曲は「技あり?」と聞かれると、「少し前にあった、スーパー1本な曲。そのぐらい感謝しています。これはもう頑張るしかない」と、意気込んだ。

 楽曲は今後、柔道の大会やテレビ放送で応援ソングとして使用される予定。

完成した楽曲を持ち選手たちを訪ねたという黒木。増地監督は選手のモチベーションが違うとし「できれば特別コーチをお願いしたい」とオファー
23日のツアーファイナルで楽曲のお披露目

 会見では、「日昇る光に ~Pray for Now~」のお披露目が23日、幕張メッセで行われることも発表された。EXILE THE SECONDのツアー「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 “ROUTE 6・6”」のファイナル公演のステージに、井上監督と男女6人のメダリストが登壇し、楽曲を披露するという。

 黒木は「(選手たちと)楽曲のコラボレーションじゃないけれど、交わることによって、どんな新しいエンターテインメントが作られるのか楽しみにしてほしい」。

 井上は「相当びびってます。選手たちにはいろんな世界をで見るようにしろと言っています。いろんな発想が生まれたり、いろんなチャレンジをすることで道が切り開かれると思いますから。間違いなく彼らにとって新たなエネルギーになって、次へと頑張ってくれると思います」と、話した。

 当日、畳ならぬステージに上がるのは、羽賀龍之介、高藤直寿、大野将平、海老沼匡、田知本遥、中村美里の6人。