【インタビュー】EXILE SHOKICH、ソロ最新作で歌う敗者の美学! 

5月23日に約2年ぶりとなるニューシングル『Underdog』をリリースするEXILE SHOKICHI。ソロアーティストとして進化し続ける彼が新たに放つ新曲は、自身のルーツでもあるバンド感あふれるロックテイスト。「EXILEというフレームの中で、ここまで青春感のある楽曲はないと思う」と語る新曲に込めた思いと、今現在もリスペクトし続けるhideから学ぶこととは――。
撮影・辰根東醐/スタイリスト・jumbo(speedwheels)/ヘアメイク・大木利保
「Underdog」はLDH史上最もバンド感のある楽曲!?

――この2年間は主にEXILE THE SECOND(以下、SECOND)として活躍される中で、最新シングル『Underdog』がリリースされます。どのような思いで、この楽曲に取り組んだのか教えてください。

EXILE SHOKICHI(以下、SHOKICHI):SECONDの活動を通じて、改めて音楽やライブに対する姿勢を学ばせていただきました。 SECONDでは本当にバラエティー豊かな楽曲を表現する機会に恵まれ、自分自身、“パワーアップした今の自分の音楽を見せたい”という思いが強くなっていったんです。ファンの皆さんから、「ソロのSHOKICHIを見たい」という声も大きな勇気や後押しになり、新しいSHOKICHIを表現したいなって。

――『Underdog』は、これまでのシングルとは打って変わってロック調。まさかこういったテイストの曲を聴くことができるとはビックリしました。

SHOKICHI:ハハハハハ。確かにロックなんですけど、実は ビート的にはヒップホップの要素が多分に含まれてるんです。トラップ(Trap)と言って、ハードコアやヒップホップから派生したヒップホップのスタイルの一つで、現在のアメリカのヒップホップシーンの若い子たちって、ロックやヘビーメタルに影響を受けてることが珍しくない。僕自身、10代の頃はそういった音楽に影響を受けてきたので、自分の原点にあるものと新しい要素をクロスオーバーさせた音楽を作りたかった。

――SHOKICHIさんは、中学生の頃からバンドを結成するなど、音楽的な原点はバンドになると思うのですが、当時はどういった音楽を聴いていたのですか?

SHOKICHI:有名なところではX JAPAN、GLAY、Hi-standard、Dragon Ash……洋楽だったら、Green Day、The Offspring、Limp Bizkit、Linkin Parkなんかですね。ロック系やメロコア系だったらジャンル問わずみたいな(笑)。僕らが魅了された素晴らしいJ-ROCKの要素って色褪せないと思うんです。『Underdog』を制作するにあたって、新しい要素を取り入れながらも、ジャパニーズライクな、世代関係なく僕らの耳に自然と残るような楽曲を目指したかった。

――たしかに、イントロのギターは、思わずニヤけてしまうフレーズですよね。初めてギターを買った子が、真っ先に練習して弾きたくなるメロディというか。

SHOKICHI:まさにそれは意識したこと!(笑) Green Dayの“Basket Case”のような耳に残るフレーズって、理屈抜きで聞き心地が良いじゃないですか? それって音楽の醍醐味の一つだと思うんです。バンド的なルーツを新曲に閉じ込めるにあたって、“親しみやすさ”は大事にしたかった。

――制作に携わったUTAさん(音楽プロデューサー)、KENJI03さん(BACK-ON)とも、そういった話を?

SHOKICHI:コンセプトをUTA君に伝えたところ、(ミクスチャー・ロックバンド「BACK-ON」で活躍する)KENJI03君も一緒の方がクオリティーが高くなるだろうと。KENJI03君はバリバリのロック畑の人間ですから、僕が表現したいヒップホップのビートと、彼が持つロックのビートをどう融和させるか。「そこまでロック調にするとやりすぎだよなぁ」なんてディスカッションしながら作り上げていく過程はとても面白かった。

――それにしても聴けば聴くほど、EXILEやSECONDとは違う魅力が詰まった一曲ですよね。ファンはもちろん、そうじゃない人からもどういったリアクションがあるのか楽しみでは?

SHOKICHI:それはありますね! パンドラの箱を開けたじゃないですけど、LDH(所属する事務所、EXILEを筆頭に多くの人気アーティストが所属)の楽曲でここまでバンドチックというか青春感のある曲はないと思います(笑)。でも、同時に「もしかしたらこれが俺の新しい場所になるんじゃないのか」っていう気持ちもあって。さまざまな活動をしてきたからこそ、今だったらもっと自由に音楽を作れると思うし、説得力も生まれるはず。このチャレンジが、J-POPシーンにおいて新しいSHOKICHIに必要なピースだと思いたい。


「グループの一員としてソロとして、hideさんから学ぶものは大きい」

――『Underdog』というタイトルが表すように歌詞も印象的です。

SHOKICHI:5月にリリースするということが決まっていたので、新緑感というかフレッシュな雰囲気にしたかった。5月病なんてぶっ飛ばして一緒に頑張ろうぜというか。おこがましいかもしれませんが、モヤモヤしている人や一歩踏み出すことに億劫になっている人、うまく自己表現ができない人にとって、この曲が背中を押すような存在になってくれたら本当にうれしいです

――負け犬にも吠え方がありますもんね。

SHOKICHI:そう! “人生イチのハートブレイク”って、歌詞から始まるくらいです。恋愛、仕事、学校……生活の中にはいろいろなハートブレイクがあるし、それって誰もが体験すること。そういった境遇にある中で、どうやって明日に向かっていけるか。負け犬を恐れてはいけないと思うんですよ

――『Underdog』のカップリングは、hide with Spread Beaverの「ROCKET DIVE」のカヴァー。SHOKICHIさんからhideさんに対するリスペクトをとても感じます。

SHOKICHI:元々X JAPANが好きだったのですが、hideさんがソロとして登場したときに、X JAPAN とはまったく違う魅力が全開で少年心にとても驚きました。「ROCKET DIVE」のフューチャー感は衝撃的だったし、なんてカッコよくてすごい人なんだろうって。現在、自分自身がグループとソロで活動している中で、改めてhideさんのすごさを痛感するんです。メンバーの一員としてのプロフェッショナルさ、そしてソロアーティストとしてのプロフェッショナルさ……表現や姿勢など学ぶところが多く、リスペクトしかない。音楽に対する感受性、柔軟性の豊かさは憧れますよね。

――SHOKICHIさんがカバーした「ROCKET DIVE」は、hideさん愛といいますか、hideさんへの忠誠心を感じるくらいです。

SHOKICHI:ヒップホップ感のあるアレンジも試してみたものの、「俺が聴きたい ROCKET DIVEはこれじゃない!」ってなってしまって(笑)。偉大なhideさんの「ROCKET DIVE」をカバーさせていただけるのであれば、みんなが聴きたいストレートなROCKET DIVE感を出すべきだと。敬意を払いながら、カバーさせていただきました。「Underdog」のミュージックビデオにも、hideさんへのオマージュが隠されていますので、僕と同世代の方はその点も楽しんでいただけたらうれしいです。

――新たな魅力を解放し続けるSHOKICHIさんのアルバムやソロツアーを期待する声もあると思います。今後の展望を教えていただけますか?

SHOKICHI:いろいろと仕掛けてきたいという気持ちは強いです。その先に、アルバムやツアーがあるはず。「Underdog」は、 EXILEというフレームからはなかなか想像できない楽曲です。それだけにこの曲を機に興味を抱いてくれる人もいるだろうし、思わぬ化学反応が起きる予感もする。僕自身、今でもライブでバンドのパフォーマンスを見ると、「うわー! メッチャ、バンドいいなぁ! 組みてー!」って子ども心に戻っちゃう(笑)。「Underdog」をライブで披露するときは、バンド形式もありえるかもしれない、ははは」

――部分的にバンド編成になるSHOKICHIさんのライブ、見てみたいです(笑)。

SHOKICHI:自分で作って、自分で歌って、自分で表現すれば、おそらくそれは自分の音楽になると思います。そして、そこにリスペクトがあれば成立するはず。現在僕は、数多くの作曲クリエイターや作曲チームが在籍するLDH MUSICという会社にも籍を置かせていただいています。自分のためだけじゃなく、さまざまな人に曲を提供していく中で、まだまだ成長していかなければいけないことがたくさんある。「Underdog」を通じて新しい景色を見せたいし、この楽曲が自分自身の可能性をより広げるものになると思っています。自分も周りの人もファンの方もワクワクできるようなチャレンジをし続けていきたいですね。
                                              
(文・我妻弘崇)
ニューシングル『Underdog』5月23日発売
ソロとしては約2年ぶりのリリースとなるシングル。盟友UTA、KENJI03(BACK-ON)の3人で何度も実験を試みたタイトルトラックは、敗者の美学を歌う曲。【SG+DVD】は1800円、【SG】は1000円。ともに税別。