トレンディ斎藤、たかし相手にパパ修行「神べロベロバー」

左から、たかし(トレンディエンジェル)、内田理央、稲村亜美、斎藤司(トレンディエンジェル)
 トレンディエンジェルが17日、都内で開かれた最新スマホ「Galaxy S9 / S9+」のPRイベントに出席した。斎藤司は来月にはパパになる予定で、新機能を利用して、お仕事中にも関わずパパ修行に勤しんだ。

 トレンディエンジェルの2人が試したのは「スーパースローモーション撮影」。誰でも簡単にスローモーション撮影ができるというもので、たかしはオタ芸を、斎藤はバスローブを使った「スーパー斉藤さんだぞ」を撮影。たかしは再生された動画を見ながらポーズの角度などを細かくチェック。稲村は「オタ芸がスローモーションになると格好よく見える」と悔しがった。
「Galazy S9 / S9+」で作成した「AR絵文字」。動きにシンクロするアバター、コミュニケーションに使えるスタンプも使える
 イベントには、内田理央と稲村亜美も登壇。

 斎藤と稲村は「スーパースローモーション撮影」でムービージェニック対決。稲村はピッチングと神スイングで、斎藤は「娘が生まれるのでパパ練習をしたい」と娘をあやすための「斎藤バージョンの神ベロベロバー」で、とちらが映えるかを競い合った。斎藤はたかしを娘に見立て「ベロベロバー」を何度もリピート。たかしは「初めて斎藤さんのパパの顔を見た」と感動し、撮影していた内田は身をよじって笑った。

 判定は、美しいモーションを見せた稲村の勝利。稲村の「斎藤さんの動画を見る限り負けないなと思っていた!」のコメントに対し斎藤は「この世の誰が笑わなくても、娘さえ笑えば、それでいい」と言い切った。

「Galaxy S9 / S9+」は、スーパースローモーション撮影を始め、セルフィ―から作れる「ARアバター」や「AR絵文字」、暗い場所でもきれいに写真撮影ができる「スーパーローライト」など充実したカメラや撮影機能、シアターのような最高音質を楽しめるのが特徴。18日発売。