インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.27 Dream Shizuka (DANCE EARTH PARTY)

 EXILE、三代目J  Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。

 今回は、Dream Shizukaさんです!
小さいころから夢は歌手だった

--子どものころ、どんな夢を持っていましたか。
夢は歌手でした。小さいころのビデオを見るとマイクを持っていて、幼稚園で「自分の夢は何ですか」という発表でも歌手になりたいと言っていました。きっとお母さんが歌番組が好きでよく見ていた影響だと思います。ニコニコして歌っているのが格好いいなとか、それを見て喜んでいる母親の姿が印象的で歌手にあこがれたのかもしれません。最初に歌マネをしたのは今井美樹さんの『PRIDE』で「うまいねー」と褒められて喜んでいました。

--その頃のShizukaさんは、どんな子どもだったんでしょう?
落ち着きがなくて常にキャッキャッしていました。周りの人が笑ってくれるのがすごくうれしかったです。小さい頃は、かけっこで負けたら号泣したりと感情を表に出すタイプでした。考えてみると、今とは真逆の性格ですね。なんで変わったんだろう……弟ができて自然とお姉ちゃんになったのかなと思います(笑)。

--「歌手になりたい」という夢が、より具体的になっていったきっかけは?
小学校のころ、オーディション雑誌を見ていて、受けてみたいと思っていました。実際に、オーディションを受けたのは中学生になってからですが、そのオーディションを受けて落ちた事がとても悔しくて。絶対に歌手になりたいと思うようになりましたね。

--その夢を叶えるために、どんなことをしましたか?
大きな挫折もありましたが、その次に受けたオーディションで特賞をいただいたのがきっかけとなってスクールに通い始めました。昔の自分は不真面目というか、わがままで(笑)。演技もダンスもいろんなレッスンに出るように言われたのですが、「やりたくないことはやりたくない。歌のレッスンしか受けたくない」って。そうして続けているなかで「このままやっていて未来はあるのかな」と思うようになっていたところで、Dreamのオーディションの話を知りました。「このオーディションを受けてダメだったら諦めよう」という気持ちでのぞませていただいきました。

--今は、当初の夢は、実現したと感じていますか?
E-girlsという場所が夢を叶えてくれたと思います。「自分が」というよりは「E-girlsみんなで」叶えたという感じで、夢だった番組や雑誌にも出させていただいたり、楽曲もリリースさせていただきました。ただそれが、自分が子どものころにあこがれていた姿かというと、そうではないかもしれません。もしかしたら、一生叶ったっと思わないのかもしれません。自分がおばあちゃんになった時に「良かったな」って思えるように、努力したいと今は思います。
歌い継がれる楽曲、ずっと聞いていただける楽曲を残したい

--今、叶えたいと思っている夢はありますか?
DANCE EARTH PARTYとして、そしてDream Shizukaとして、歌い継がれる楽曲、ずっと聞いていただける楽曲を残すことが一番の夢です。DANCE EARTH FESTIVALやツアーだったり、みなさんと一緒に楽しめる場所をもっともっと届けられるグループになっていきたいですね。そういう意味では、ライブをたくさんやりたいです。

--その夢を叶えるために、いま、どんなことをしていますか?
自分との戦いに負けない事と怖がらずにやってみること。自分との戦いっていろいろあるんですけど、例えばスキル。私は、ボーカルがいっぱいいる中で、自分にない色は他のボーカルが担ってくれる環境で歌ってきました。今は一人のボーカルとして自信を持って、自分だからこそできる歌を届けていくのがすごく大切だって思っています。それには自分自身が変わっていくことが必要です。新しい事に挑戦することを怖がらずに、待っていても守っていても何も変わらないと思うので勇気をもって挑戦しています。

--最後に、ご自身の経験を踏まえて、夢を追いかけて日々頑張っている人たちに一言、アドバイスをいただけますか?
  
 みなさんが同じお話をされていると思いますが、夢を叶えるために必要なのは続けること、だと思います。そのうえで「限界は自分で決めなくていい」ということ。DreamにATSUSHIさんから『希望の光』という曲をいただいて、限界だと思った時人はそこから3倍行けるという言葉をいただいて、限界は自分で決めるものじゃないと心から思ったんです。辛いと思っても、とにかく続ける。とにかく1日頑張ってみよう。それが明日も、明後日もって。夢につながるチャンスや出会いというのは、本気で夢を叶えたいと思っていれば、寄ってくるもの。私はそう思っています。あとは、これは昔の自分を見て思うこと。「一日一日を大切に。」今日は未来の自分のためにあるからこそ、今日をどう過ごすかが未来の自分が楽しくなるか苦しくなるかだと思うんです。
【プロフィール】Dream Shizuka(ドリーム・シズカ)…3月6日生まれ。大阪府出身。2002年にDreamとしてデビュー。2011年からE-girls、2015年からはDANCE EARTH PARTYの正式メンバーとして活動。現在はE.G.familyの一員としてDANCE EARTH PARTYの活動に専念している。
インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.31 鷲尾伶菜 (E-girls / Flower)
【インタビュー】高杉真宙、最新作で学生時代振り返る「記憶、塗り替えたい」
【インタビュー】岩田剛典、石井裕也監督と三代目楽曲で短編映画「頼もしい方」
マキタスポーツ&スージー鈴木の脚注ぎっしりの音楽本が話題! 「ハズキルーペでかなり読める」!?
【インタビュー】DEEP、最新作『THE SINGER』に込めた熱い想い
「ハートが叫んでいるものを 実行に起こすことが大切」大野 暉(サイバーセキュリティクラウド代表取締役)