【インタビュー】リアルすぎる“モフモフ”は完全CG! 映画『ピーターラビット』ウィル・グラック監督

ウィル・グラック監督インタビュー


「実は東京に、しばらく住んでいたことがあるんだよ。ちょっと見に行ったら、前に住んでいた家はもう無くなってた」と笑うウィル・グラック監督。そんな監督が懐かしの日本に携えてきてくれた最新作はベアトリクス・ポターの名作を映画化した『ピーターラビット』。

「日本は猫が人気だよね(笑)。昨日も、ハチ公のところにかわいい猫が2匹乗せられて、それをみんなが写真撮っているという不思議な光景を見たよ(笑)。ウサギもネコに負けないくらいかわいいけど、飼うのはネコより大変かもしれない。かなり繊細な面もあるし、意外とスペースを必要とするんだ。ずっと小さなケージに閉じ込めたままでは本当はかわいそうなんだよね。ポターが住み、この物語を生み出したイギリスの湖水地方でも撮影をしたんだけど、ウサギがそこら中を走り回っていたよ。だから、この映画を見て安易に“ウサギってかわいい、飼いたい!”と思ってもらいたいわけじゃないんだ。撮影前には俳優たちにも、生身のウサギと触れ合ってもらった。なでたり抱っこしたりしてウサギのリアルな感触を確かめてもらい、しっかり観察してもらったんだ。その時、ぬいぐるみのピーターをはさんで2匹のウサギが何だこいつ、という感じで見ているという、すごく素敵な写真が撮れたよ(笑)。僕も、かなりウサギを観察した。本来、ウサギの目は顔の両横に付いているので一見、感情が読みにくい。それを映画では、目を少しずつ内側に寄せてキャラクターをデザインしているので、すごく豊かな表情を持たせることができた。だから本物のウサギがピーターのぬいぐるみを見ておかしなヤツ、と思ったんだろうね(笑)」


 一方で、ピーターたちの“モフモフ”っぷりは思わず触れたくなるほどリアル。

「彼らの毛は完全にコンピューターで描いた。写真や映像を使った合成は一切していない。風に吹かれれば自然になびくし、笑ったりしかめっ面したり表情に合わせて顔の毛も動く。本物のウサギを観察して研究し、細かいところまでリアルに反映させているんだ。CGチームが一番苦労したのは、濡れた毛の表現だね。雨に降られた次のシーンではピーターたちの毛がしばらく濡れていなければおかしいと僕は言い、濡れた毛もきちんど描いてもらった。濡れて色が変わった毛の感じがよく出てるでしょ? CGチームは素晴らしい仕事をしてくれたと思っているよ」

 俳優たちは完全CGの動物たちを相手に、どうやって自然な演技を作っていったのか。

「いくつかのやり方で撮影したよ。キャラクターがいるはずの場所にぬいぐるみを置いたり、ブルースーツを来たスタッフが代わりをしたり、棒で位置をしめしたり、最後に、そこに何もない状態で演技してもらったり。この状態をゴーストパースと呼んでいるんだけど、この方法はほとんど使わないだろうと思っていたら、ぬいぐるみや棒を使っているうちに俳優たちが慣れ始めて、そこに何も置かなくても演技ができるようになっていったんだ。結局、一番多用したのがこのゴーストパースだった。俳優たちは難しいと言っていたけどね(笑)。面白かったのが、しだいに僕らはそこにいないウサギを相手に芝居することに慣れていったんだけど、慣れていない人がその光景を見るとみんなすごく戸惑うんだ。その様子を見て僕らが笑う、ということが度々あったよ(笑)」


 実は本作では、ビア役のローズ・バーンがあひるのジマイマを、トーマス役のドーナル・グリーソンがカエルのジェレミーの声を演じている。

「最初に、マクレガーおじさん役のサム・ニールが動物もやりたいと言いだしたんだ。それならいっそ、ローズやドーナルにもやってもらおうと思ってね(笑)。彼らも面白がって普段とはまったく違う声を出してくれたから、言わなければ誰も気づかないだろうね。ただウサギたちの声を演じたキャストたちはセリフ量も多くて大変だったと思う。けっこう台詞の変更もあったしね。何度か録音しなおすことになったんだけど、そこは技術の進歩に助けられたよ。変更したセリフiPhone に録音して送ってもらったんだ(笑)。実は映画の中にもiPhoneで撮った声を使っているシーンがあるよ。もちろん音の調整はしたから違いは分からないと思うよ」


 これまで、ポターの『ピーターラビットのおはなし』が映画化されたことは無かった。

「ピーターラビットの初めての映画を撮るにあたって僕はフレデリック・ウォーン社(ポターのレガシーを守り続けている、ペンギン・ランダムハウス傘下の出版社)から映画化の許可を得るだけでなく、全面的に協力してもらいたいと考えた。だからキャラデザインからロケ地選びまで話し合いながら、一緒に作り上げていくというプロセスを踏んだんだ。彼らに認めてもらえる作品を作るということは、とても重要なことだった。なぜなら世界で一番ピーターラビットのことを知っているのが彼らだからね。出来上がった作品を彼らもすごく喜んでくれたよ。本作を通して初めてピーターラビットの世界をきちんと知る人もいるだろうから」

 劇中のミュージカル風シーンでヒップホップを使ったり、ピーター対マクレガーの攻防がアクションたっぷりに描かれたり、現代のあらゆる世代が楽しめる映画でありながらも、原作の世界観が生き生きと表現されている。

「原作の要素の中でも、とくにしっかりと描きたかったのがピーターのハートだった。ピーターはとてもイタズラ好きで失敗もするけど、まっすぐで自由なハートを持っている。それはポターの描くキャラクターの大事な要素でもあるんだ。この映画では音楽だったりユーモアだったり、いろいろ現代的な演出もしているけれど、原作の持つハートはそのままなんだよ」

 モフモフ好きな日本人のハートもわしづかみすること間違いなし!

「強いてライバルをあげるなら、同じくイギリスが生んだ、帽子をかぶったあのクマくらいかな(笑)。ピーターのほうがカワイイけどね!」
『ピーターラビット』
監督:ウィル・グラック/出演:ジェームズ・コーデン、ドーナル・グリーソン、ローズ・バーン、マーゴット・ロビー、エリザベス・デビッキ、デイジー・リドリー、サム・ニール他/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/1時間35分 全国公開中