カンヌ受賞の啓示だった!? 樹木希林「カンヌへ向かう飛行機に雷が…」

受賞の喜びを会見で語る是枝監督
 第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が日本時間5月20日(現地時間5月19日夜)に行われ、コンペティション部門に正式出品していた是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞にあたるパルムドールを受賞した。

 日本時間5月14日に行われた公式上映では、約9分に渡るスタンディングオベーションが起こるなど海外メディアからも絶賛が相次いでいた本作。授賞式の檀上で是枝監督は「さすがに足が震えています。この場にいられることが本当に幸せです。そしてこの映画祭に参加するといつも思いますが、映画をつくり続けていく勇気をもらいます。そして、対立している人と人を、隔てられている世界と世界を映画が繋ぐ力をもつのではないかという希望を感じます。今回みなさんにいただいた勇気と希望をまず一足早く戻ったスタッフとキャストに分かち合いたいですし、作品が選ばれたにも関わらず、ここに参加できなかったふたりの監督たちとも分かち合いたいですし、これから映画をつくり、ここを目指す若い映画の作り手たちとも分かち合いたいと思います。ありがとうございます」と感激を語った。

審査員らと授賞式のステージに立つ是枝監督
 カンヌ国際映画祭において最高賞にあたる同賞を日本映画が受賞したのは1997年に今村昌平監督作品『うなぎ』が受賞して以来21年ぶりのこと。コンペティションでの受賞は是枝監督の『そして父になる』以来5年ぶりになる。 

 審査員を務めた女優ケイト・ブランシェットは「この作品は演技、監督、撮影など総合的に素晴らしかった」と語り、『ブレードランナー2049』の映画監督ドゥニ・ヴィルヌーブは「この作品は私たちに深い感動を与えてくれました。とにかく恋に落ちてしまった。上品で素晴らしくとても深い。魂をわし掴みにされた」とコメント。
5月13日に行われたレッドカーペット
 レッドカーペットの後、“家族”を演じた出演俳優たちからも感激のコメントが続々と寄せられた。リリー・フランキーは「監督、本当に本当におめでとうございます! 獲ると信じていましたが、現実になると驚きと感動でじんましんが出ました(実話)。監督、めちゃくちゃカッコいいです!」、安藤サクラは「やったー!本当におめでとうございます!! こんな特別な瞬間を共有できること、心からうれしく思います!万歳!」、松岡茉優は「あの家族はいたのだと肯定してもらったようでうれしいです。思い出をいつまでも愛しています」、そして樹木希林は「往きの飛行機の避雷針が雷を受けました。異様な響きと共に私の座席の天井が破け、酸素マスクや破片やゴミや、バラバラッと落ちて来ました」と驚きのエピソードを明かし「是枝さん、もうくす玉が割れちゃったから賞はおしまい…のはずがめでたいことです」とユーモラスに受賞を称えた。

 是枝監督は23日に帰国予定。『万引家族』は6月8日からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開(配給ギャガ)。

©2018『万引き家族』 製作委員会