西野ジャパンの23人発表。井手口、浅野、三竿が落選【サッカーW杯メンバー発表】

W杯の23人のメンバーを発表した西野監督
コロンビア戦にいかにベストコンディションに持っていけるかが選考の分かれ目

 日本サッカー協会が5月31日、都内で会見を開き、「2018ワールドカップ(W杯)ロシア」(6月14日〜7月15日)の日本代表メンバー23人を発表した。

 会見には日本サッカー協会の田嶋幸三会長、関塚隆技術委員長、そして西野朗監督が登壇した。

 西野監督は発表前の挨拶で「非常に難しく厳しい、代表ならではの選考に自分が携われることに関して本当にうれしく思っていますし、自信を持って23名のリストをあげたい」などと話した。また前日のガーナ戦については「結果が出なかったということを悔しくは思っているが、必ずW杯につながるゲームを選手たちはできたという感触を持って次のステップに進めて、事前のヨーロッパのキャンプで良い準備をしてくれると確信している」と振り返った。

 そして23人のメンバーの発表となるのだが、ガーナ戦のメンバー発表時に「GK以外、FWとかMFといったポジションの表記はやめたい」と話した通り、GKの3人以外は「フィールドプレーヤー」として発表された(メンバーは下記)。

 西野監督は今回の選考について「総合的に考えたなかで、来月の19日(グループリーグ初戦のコロンビア戦)にベストパフォーマンスを出してくれる選手をいろいろな可能性を考えたなかで選ばせてもらった」と話した。

 前日のガーナ戦のメンバーから井手口、浅野、三竿が落選。井手口は出場したにも関わらずの落選にメディアから質問が飛ぶと、西野監督は「彼らの現状がそういう環境でなかった」と所属クラブでの出場機会が少なく、コンディションがベストではなかったことを示唆。それでもその状況を「確認したい」と期待をかけての招集だったが、19日までにトップパフォーマンスに上げていくのは難しいとの判断でリストから外したもよう。
会見に登壇した関塚技術委員長、西野監督、田嶋会長(左から)
香川については「キャンプの10日間の中でも状態が上がってきた」

 一方、本田、香川、岡崎、長友、長谷部、川島という前回のブラジル大会の主力が揃ってメンバー入り。西野監督は香川について「5月に視察に行って直接会ったが、その日はコンディションが良くない日だったそうでその状況を見ると“間に合うかな?”と思ったが、その後回復し試合にも出られる状況になった。状態は間違いなく上がっていることを確認できたのでメンバーに入れた。キャンプの10日間の中でも上がってきた。昨日も最近3カ月の中では最も長いパフォーマンスで、彼らしいプレーも見られた。さらに中盤の選手の中での彼の独特なセンスは高まっていくのではと思っている」、本田については「非常にコンディションは上がってきている。彼の影響力はチームにプラスになっている。経験値だけではないそういった部分はキャンプで強く感じた」などと話した。

 今大会の目標については「日本代表らしい日本のサッカーをやりたいという大きな目標を持っている。具体的には各ゲームでポイントを取ってグループステージを突破したい。そういう数字が残せれば、日本サッカーをある程度表現できるのではと思っている」などと話した。

 日本代表は6月8日にスイス、12日にパラグアイと強化試合を行い、19日のグループリーグ初戦コロンビア戦に臨む。
【2018FIFAワールドカップロシア 日本代表メンバー】
〈GK〉
川島永嗣   FCメス(FRA)
東口順昭   ガンバ大阪
中村航輔   柏レイソル

〈フィールドプレーヤー〉
長友佑都   ガラタサライSK(TUR)
槙野智章   浦和レッズ
吉田麻也   サウサンプトン(ENG)
酒井宏樹   オリンピック・マルセイユ(FRA)
酒井高徳   ハンブルガーSV(GER)
昌子 源   鹿島アントラーズ
遠藤 航   浦和レッズ
植田直通   鹿島アントラーズ

長谷部誠   アイントラハト・フランクフルト(GER)
本田圭佑   CFパチューカ(MEX)
乾 貴士   SDエイバル (ESP)
香川真司   ボルシア・ドルトムント(GER)
山口 蛍   セレッソ大阪
原口元気   フォルトゥナ・デュッセルドルフ(GER)
宇佐美貴史  フォルトゥナ・デュッセルドルフ(GER)
柴崎 岳   ヘタフェCF(ESP)
大島僚太   川崎フロンターレ

岡崎慎司   レスター・シティー(ENG)
大迫勇也   ベルダー・ブレーメン(GER)
武藤嘉紀   1.FSVマインツ05(GER)