武尊のトーナメント優勝予想は「小澤海斗」【6・17 K-1】

6月大会には出場しないものの、この日、イベントに姿を見せた武尊
武尊「60kgには一人うるさい奴がいる」

 K-1の大会前恒例のファンイベント「『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』6.17さいたま大会・大決起集会!」が6月2日、東京ソラマチ イーストヤードの「J:COM Wonder Studio」で開催。3月大会で三階級制覇を達成したK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊が登場した。

 武尊は「階級を上げて1発目で1日3試合っていうのは普通あり得なかった。相手にパワーがあると思わせるように、3試合全部ずっとプレッシャーをかけていた。あれはパワーがある人がやること。圧勝したと思われているが、めちゃくちゃケガしていた」などと3月の試合を振り返った。そして翌日(3日)から渡米することを明かした。これは昨年末に渡米した際に練習をしたUFCバンダム級王者のT.J.ディラショーが自らの試合にあたり、武尊をスパーリングパートナーとして指名したもの。

 今大会は武尊が返上したフェザー級のベルトを争う「第2代フェザー級王座決定トーナメント」が軸となるのだが、優勝者は誰か?という問いには「同門の西京春馬はこの年では考えられないくらいのテクニックを持っている」としながらも「ここで春馬と言っては面白くないですよね。春馬には勝ってほしいけど、春馬のブロックはタフな選手が揃っている。1回戦の朝久戦は僕の中では事実上の決勝戦だと思う」などと思案をめぐらせ、出した結論は「小澤君かな。2回戦ったということもあるが、こういう時に上がってくるんじゃないかな。僕の時も“あいつどうせ上がってこれないだろう”と思っていたんですが上がってきた。K-1の舞台は魔物が棲んでいる。あの日も勢いとか運で上がってきた。トーナメントに強いんじゃないかと思う」と初代王座決定戦の決勝で対戦した小澤海斗の名を上げた。

 そして自らの今後の目標としては「もっと自分の強さを高めたい。K-1全体ではゴールデンタイムでの地上波の放送を現役中に実現しないと自分が納得できない」などと話した。また「60kgにはまだやっていない選手がたくさんいる。一人うるさい奴もいるし」と発言。やっと大阪のあの選手が視界に入ってきたのか…?
絶妙なボケとツッコミを見せた武尊(左)と城戸
城戸が武尊の素顔を暴露

 ここで武尊のパートは終了と思いきや、武尊が呼び込む形で城戸康裕が再登場。城戸は前半のセッションで上原誠とともにいつもの爆笑トークを展開。ひと仕事終えていたのだが、喋り足りなかったのか2度目の登場となった。

 2人は10歳ほどの年の差がありながら、2人で遊びに行くほどの関係。かねてから城戸は武尊のプロとしての姿勢を高く評価し、そういった言葉を口にしていたのだが、ここでは「裏で聞いていましたが、まともなことばかり喋っている。ふだんはこうじゃないですからね。武尊はボケで僕がツッコミですから。めちゃくちゃボケますから。変顔もするし」などと武尊の素顔を暴露。武尊も「見た目が若いので同い年くらいに感じる」などと話した。また城戸は3月大会では前日の夜、ホテルの部屋で一緒にいたことを明かし「2人で喋っていたが、オンエアしたらピーしかないようなことばかり話していた」と話すと、武尊は「城戸選手といるとリラックスできる。いつも試合前は緊張して寝られないんですが、夜中まで城戸さんがいてくれてリラックスできた」と言いつつも「ずっといるので、頼むから早く自分の部屋に帰ってくれないかなって思った(笑)」などと話すなど、2人の仲の良さをうかがわせるトークを展開した。
浴衣がはだけちょいちょいパンチラ状態になることを指摘されると、「計量の時はこれだけでしょ?」と大開脚でパンモロを披露した城戸
城戸「死ぬほど頑張ると、失敗した時のダメージが大きいから、そんなに頑張らない」

 ちなみにこの日の城戸はただ一人浴衣で登場。前半の上原とのパートでは「なぜいつも俺だけこんなに強い奴ばかり当ててくるんですか。本当にやりたくない」とお約束のぼやきを放つ。

 そして「武尊はすごいことを成し遂げた。見ていてすごいなと思った。僕はそこまでいかないようなギリギリ認められるようなラインで勝っていこうかなって思っている。例えば負けたとしても“もうちょっとできたな”って自分の中で言い訳ができる、ちょっと肩の荷を下ろすというやり方に変えてみた。あんまり頑張らない! 死ぬほど頑張ると、失敗した時のダメージが大きいから、そんなに頑張らない」などとベテランならではの持論を展開した。
ベルトへの並々ならぬ意気込みを感じさせた小澤
小澤は「芦澤は勝ち上がってきたら相手にしてやる」

 武尊が優勝候補に名を上げた小澤海斗は前半にジムの同僚の野杁正明とともに登場。トーナメントについて「ベルトを取ることだけ考えて生活している。チャンスはここしかないので、本当にベルトを取ってやろうと思っている。前回は(人生を)かけて挑んだのに決勝で負けて取れなかった。今回は最後という気持ち」などと話した。

 そして小澤への挑発を繰り返す芦澤竜誠については「勝ち上がってきたら相手にしてやろうかなと思っている。レベルが違うんで」と一蹴した。

最後までらしいコメントで終始した芦澤
芦澤「俺のこと嫌いな奴は俺が無様に負けるところを見て笑っていればいい」

 その芦澤は最後のパートで登場。「外国人が弱そうな気がしてきた。日本人が勝つんじゃないですか。まあ俺が勝ちますけど。(1回戦のシルビュー・ヴィテズは)映像を見ていると調子乗ったことを言っていたので、日本から出せないようにしてやろうかと思ってます。みんな俺が負けると言っているけど、朝久と西京が削り合うからこっちのブロックは俺が優勝候補になると思う。当日楽しみにしてもらいたい。決勝はファンが盛り上がるのは小澤なんじゃないですか。でも村越選手とやりたい。三日月蹴りしかないからイージー。そろそろ結果を出さないとアンチがうるさい」などと芦澤節を全開。

 最後も「俺を嫌いな奴はいっぱいいると思うんですが、俺のこと嫌いな奴は俺が無様に負けるところを見て笑っていればいいと思っている。同じ日にRISEがあるみたいだけど、間違いなくこっちのほうが面白い。迷っている人はK-1に。俺がやられるところを見たい人はぜひ見に来て俺のこと笑ってください」と最後までらしいコメントに終始した。