チームリーダー所英男の「大将は嫌だ…」で矢野が大将に…【6・9 QUINTET】

プロデューサーの桜庭を中心に4チームが勢ぞろい
1回戦のチームオーダーを発表

 桜庭和志が立ち上げた5vs5のチーム戦によるグラップリング大会「QUINTET」の2度目の大会となる「QUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO -Light Weight Team Championship-」(6月9日、東京・ディファ有明)の前日会見が8日開催され、各チームの1回戦の選手出場順(オーダー)が発表された。

 今大会は5選手の総体重を360キロ以下に定めたいわば軽量級シリーズ。

 旗揚げ戦でチームメートだった所英男と中村大介がそれぞれ個別にチームを結成するなど、バラエティーに富んだ顔触れの4チームが揃った。
矢野(右)の挨拶を神妙なのか反笑いなのか判別不能の表情で見守る所(左)
ZST4兄弟揃い踏みに所はしみじみ

 今回の出場チームの中で「TEAM TOKORO PLUS α」はかつて「ZST4兄弟」といわれた所英男、今成正和、小谷直之、矢野卓見が勢ぞろいし話題を呼んでいる。チームリーダーの所は「今回チームを組ませていただくことになった時、一番最初に頭に浮かんだのが矢野さん、今成さん、小谷君。そしてその数秒後に伊藤盛一郎さんの名前が頭に浮かんだ。皆さん、二つ返事で受けてくれてすごくうれしい。相手チームはすごく強い選手の集まりですが、このチームはみんな僕に勝っている強い選手たちばかりなので、試合をするのが楽しみで仕方がない」としみじみと話した。
「TEAM TOKORO PLUS α」(左)と「TEAM CARPE DIEM」(右)
所チームのキーパーソン・矢野は「去年、2回もぎっくり腰をやっちゃった」

 1回戦の組み合わせは「TEAM CARPE DIEM」vs「TEAM TOKORO PLUS α」、「TEAM U-ZUKIDO」vs「TEAM HALEO」。勝利チーム同士が決勝を争うのだが、決勝のオーダーは1回戦で不出場の選手がいた場合は、その選手を優先したオーダーとなる。優勝を目指すには2試合を見越したオーダーを組むことも必要となってくる。

 オーダーについては「TEAM TOKORO PLUS α」は会見冒頭の挨拶で小谷が「チームの作戦としては矢野さんまで回さないで勝つということが目標。矢野さんまでに2人以上残さないように頑張ります」と話すと、後半の質疑応答ではその矢野が「最初は盛一郎君が先鋒で、僕が3番目くらいと言っていたんですが、この2人(所と小谷)が“大将は嫌だ”と責任逃れをしたので、僕が大将をやることになりました」真相を暴露した。

 ただ矢野は自身のコンディションについては「現役時代が100だとしたら今は23くらい。試合をすることになって練習を詰めたら腰が痛くなった。コンディションは年齢から考えたら100だと思うが、去年、2回もぎっくり腰をやっちゃったんです。もう引退した気分でいたんで(笑)」などと飄々としたものだったが、果たしてどんなファイトを見せてくれるのか。

「TEAM TOKORO PLUS α」と1回戦で対戦する「TEAM CARPE DIEM」は大将を務める岩崎が「オーダーは代表の石川(祐樹)さんが決めた。選手を選んだのも石川さんなので、その通りに従った。全然問題のないオーダー。誰が大将でもいい。大丈夫です」と自信のコメント。
「TEAM HALEO」(左)と「TEAM U-ZUKIDO」(右)
チケット完売。当日券の販売は取りやめに!

「TEAM U-ZUKIDO」はチームリーダー―で大将を務める中村が「感覚で決めた。これでいけば自分は楽しく試合ができると思った。自信はある」。

「TEAM HALEO」はソウザが「順番を決めた時は第1試合と第2試合のことも考えてどういう順番にするかということを考えていたが、誰もが大将をやってもいいという感じだったので、この順番になった。戦略はただ勝ちに行くだけ」。

 4チームそれぞれの個性がにじみ出るオーダーとコメントとなった。

 なお当日券は当初、若干数発売予定だったのだが、前売り券が完売となったため、当日券の販売は取りやめとなった。
「QUINTET.2」と海外の2大会の決定を発表した桜庭
7月16日に「QUINTET.2」の開催が決定

 またこの日はナンバーシリーズの第2弾となる「QUINTET.2」が7月16日に東京・大田区総合体育館で開催されることも合わせて発表された。

 旗揚げ戦にも出場した桜庭和志、所英男、中村大介、石井慧が参戦。

 現段階では米国の柔術家エディ・ブラボーが主宰する柔術アカデミー「10thプラネット」、石井、桜庭がそれぞれチームを結成。もうひとチームはネームバリューにこだわらず、旗揚げ戦に出場したポラリスチームのような無名でも確かな実力を持った選手を積極的に登用していくという。
 
 また10月に「QUINTET.3」(アメリカ・ラスベガス)、12月に「QUINTET.4」(イギリス・ロンドン)の開催も決定した。
〈1回戦チームオーダー〉
◆第1試合
「TEAM CARPE DIEM」
先鋒:杉江“アマゾン”大輔
次鋒:デヴィット・ガルモ
中堅:松本義彦
副将:世羅智茂
大将:岩崎正寛
  vs
「TEAM TOKORO PLUS α」
先鋒:伊藤盛一郎
次鋒:今成正和
中堅:所英男
副将:小谷直之
大将:矢野卓見

◆第2試合
「TEAM U-ZUKIDO」
先鋒:佐藤光留
次鋒:井上学
中堅:濱岸正幸
副将:ビクター・ヘンリー
大将:中村大介
  vs
「TEAM HALEO」
先鋒:徳留一樹
次鋒:金原正徳
中堅:ホベルト・サトシ・ソウザ
副将:小見川道大
大将:宮田和幸