『万引き家族』全員集合!「納豆ご飯のような」家族団らんを生披露

 映画『万引き家族』公開記念舞台挨拶が9日、都内にて行われ、出演のリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、池松壮亮、子役の城桧吏と佐々木みゆ、そして是枝裕和監督が登壇した。

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、世界から注目を集めている本作。冒頭、監督は「本当は、もう少し小さく生んで小さな声で届けていく作品を作ろうとしていましたが、結果的にこんなに広く、遠くまで届けることができたのは、スタッフとキャストがとてもいい形でこの作品を支えてくれたおかげだと思っています」と挨拶した。
 久しぶりに全員集合した“家族”たちも喜びと興奮を隠しきれない様子で、一家の母親役を演じた安藤は「ここにいる皆さんはものすごい方なのに…納豆ご飯みたいな感じなんです!」と独特の表現でチームを称賛。その夫役のリリーが「いつも通りのジョークです」とフォローするも「キャビアを食べているような方々なのに、納豆ご飯を食べているような。監督を見ていると恐ろしさを覚えることもあるほどの方なのに、その器は納豆ご飯を食べるお茶碗のように心地よく受け止めてくれる」と興奮気味にたたえ「(公開を迎え)これで本作と一区切りつくのかと思うと寂しくて仕方がないです」と語った。

 松岡は「今日は久しぶりにカンヌ以来、家族と会えるんだ、とうれしかったんですけど、池松さんもいらっしゃると知ってソワソワしてしまって。なぜかなと思ったら(自分だけが池松と共演シーンがあるので)家族に初めて彼氏を紹介するような気持ちで」と、池松を“紹介”するも樹木から「幸せにならなそうな相手よねえ」とバッサリ。その池松が「作品を見終わった後、興奮して監督に握手を求め、カンヌ取ってきてくださいよと言ってしまい、帰り道で、何てずうずうしいことを、と後悔していたんですが、本当に、とんでもないお土産を手に帰っていらっしゃった」と感嘆すると、樹木は「カンヌというところは、全世界から映画人がお金をかけて作品を作ってやってきて、海なんてクルーザーがずらーっと並んでいる。そんな中で皆が目指しているのがパルムドール。そんな賞を、あんな寒くて汚い中で撮った貧しい家族の物語がとれるなんて、偶然じゃない。貧しさの表現において、9歳から28歳まで団地にしか住めなかったという是枝監督の右に出る者はいない。これが映画の作家性」と、これまた独特の表現で監督を絶賛した。樹木の自由な絶賛評はその後も止まず、リリーと安藤の濡れ場シーンにも言及し、安藤がみゆちゃんの耳をふさぐ一幕も。まさに家族団らんさながらの風景が繰り広げられた
 さらにこの日、みゆちゃんから監督にお手製の“パルムドールのトロフィー”が贈られた。「1人で作った!」と元気な笑顔を見せたみゆちゃんに、監督も「本物はプロデューサーにあげて、僕はこちらを頂きます」と相好を崩した。

 最後にコメントを求められた監督は「納豆ごはんのような映画です」と、安藤のコメントを引き合いにして会場の笑いをとりつつ「毎日食べられる、見るたびに味わい方の変わる映画になったと思います。子供たちの目線で見てもいいし、大人が親になっていく物語として見ることもできると思います」と本作への思いを改めて伝え、大きな拍手で見送られた。

『万引き家族』は全国公開中(ギャガ配給)。