ザ・フーパーズの最新シングルがCMソングに!

撮影・仲西マティアス
 イケメン女子グループ「ザ・フーパーズ」の9枚目となるシングル『ジュエルの鼓動が聴こえるか?』が、6月27日リリースされた。

「今回の楽曲はすごくさわやかで、聞いてくれるみなさんの背中を押してあげられる曲。歌っている私たちも自信がわいてくる応援ソングになっています。これまでのザ・フーパーズの楽曲は、王子様感の強いキメキメの曲が多かったので、また新しい一面をお見せできるのかなと思っています」とヴォーカルリーダーの未来(ミライ)。トーク&芝居リーダーの星波(セナ)も「前回の『ヴァンパイアキス』という楽曲がダークな感じだったので、そこから180度ガラッと変わった感じ。また、これまでデビューからカチッとしたスーツでキメていましたが、今回は衣装も海賊風のポップなもので、グループ的には新しいチャレンジだと思います」と語る。
 
 楽曲のイメージもこれまでと異なるが、実はメンバーにも変化があった。2月にはリーダーの麻琴が卒業。さらに、ファッションリーダーの陽稀(ハルキ)が体調不良のため活動休止を発表する中、今回のシングルの限定メンバーとして、i☆Risの澁谷梓希が加入した。

澁谷「私自身、デビュー前の握手会から参加しているほど、ザ・フーパーズのファンだったので、今回の限定メンバーのお話はとてもうれしかったです。ただ、洗練されているグループという印象が強いので、私が入る事によって、それを崩さないかが心配でした。でもこの曲のデモをいただいた時に、これだったら私の持ち味も出せるし、こういうザ・フーパーズもいいよねって言ってもらえるんじゃないかと思いました」

未来「メンバーが卒業したり、活動を休止したりする中で、今後のグループのためにも、ずっちゃん(澁谷)に力を借りようと思い、限定メンバーとして加入してくれるようにお願いしました。実際に一緒に活動するようになったら、たくさん刺激を受けてます。レコーディングでも今までの私たちでは出してこなかったような歌い方や、CDに入っているキュンキュントラックでの表現の仕方など、とても新鮮で勉強になります」

星波「お客さんを入れてのPV 撮影でのファンの方との接し方とか、すごい!と思いました。細かいところも入れれば、ずっちゃんからは盗むものしかないぐらい、いろいろな事に刺激を受けています」

澁谷「プライベートでもご飯に行ったり、相談を受けたりするんですけど、それはやっぱりザ・フーパーズもメンバーも大好きだから。同じ業界にいるから支え合いたいし、困っている時は助け合いたいし、頼ってきたら胸も貸したい。いつでも飛び込んできてって。そう思わせる魅力があるんです」
撮影・仲西マティアス
 デビューして3年での新しい試み。

星波「デビューした時は私も未来も10代だったので、まだまだ若かったし、甘かったと思います。目標もどこか漠然としていて、何をするべきなのかが分かっていなかった。でも今はインタビューなどでも、自分の言葉で自分の考えを言えるし、すごく成長したと思います」

未来「本当にその通りで、自分たちが成長した今だから、ずっちゃんに加入して手助けをしてほしいという意見を言えたんだと思います。ファンの子たちは最初すごく戸惑って処理しきれていないようでしたし、自分たち自身も異例なことをしたという自覚もあります。でも今はずっちゃんの人間性でファンの子を引き寄せていて、虜になっている(笑)。すごく楽しみにしてくれていると思います」

澁谷「本当にみんな、デビューの時に比べると、パフォーマンス力がすごく上がっていると思う。上から目線みたいな言い方に聞こえちゃうかもしれないけど、星波はポンコツだったMCが、最近では安心して見ていられるものになったし(笑)、未来も歌が抜群に良くなっている。それぞれ自分自身で状況を判断できるし、何かあったら相談にもきてくれる。自分の意志と、人の意見を取り入れる柔軟性のバランスがいいと思います」
未来「めっちゃうれしい。もう、うれしいしか出てこない。脳内がお花畑状態です(笑)」

星波「ずっちゃんの言葉って説得力があるし、お世辞とか言わないかっこいい人だと思っているので、本当にうれいしです。ストレートに胸に響きますし、もっと褒めてもらいたいから頑張ろうと思う」

澁谷「子どもか(笑)」

 新しい魅力でひと皮むけそうな予感…。

星波「今回の楽曲はハウステンボスの夏のCMソングにも決まり、今まで以上に全国の方に届くと思います。自分たち自身もとても楽しみですし、ポジティブになれる応援ソングなので、これまでザ・フーパーズを知らなかった方にも楽しんでいただけるのではと期待しています」

澁谷「このシングル限定ではありますが、ザ・フーパーズというものを、多くの方に知っていただくように頑張りたいと思います。カップリングの2曲もとてもいい曲なので、ぜひザ・フーパーズのパフォーマンスを楽しんでください!」