「EXILE TAKAHIROを消してほしいと言われた」セリフ二言の難役で絶賛

【写真左から】別所哲也、EXILE TAKAHIRO、黒木瞳、ネスレ日本株式会社・高岡浩三社長、LiLiCo
 現在、開催中の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2018』〈Branded Shorts 2018〉のスペシャルトークイベント『ショートフィルムの魅力』が13日、都内にて行われ、女優・映画監督の黒木瞳、EXILE TAKAHIRO、同映画祭のフェスティバルアンバサダーを務めるLiLiCo、映画祭代表の別所哲也らが登壇した。

 同映画祭でプレミア上映されるオムニバス映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の中の『カナリア』で主演を務めたTAKAHIROは「セリフが二言くらいしかなくて、大丈夫なのかと思いながら挑ませていただきました」と明かし、登壇者や観客を驚かせた。映画コメンテーターとして活躍するLiLiCoが「セリフが無いほうが難しいといいますよね」と切り込むと、TAKAHIROも「難しかったですね、言葉にできない葛藤をどう伝えていくか、俳優としてのスタートに立たされた思いでした」と振り返った。そんな難役をこなしたTAKAHIROの演技をLiLiCoも絶賛。「“EXILE TAKAHIRO”が消えていた。このフェロモンが消え去っていた」と驚くLiLiCoに、TAKAHIROも「本作は東日本大震災をテーマにしていることもあり、髪を暗くするなど見た目から変えなければいけないかなと思っていたところ、松永大司監督から“何も変えなくていい、TAKAHIROとしてそのまま立っていてくれればいい。ただEXILE TAKAHIROを消してほしい”と言われたんです」と明かした。

 一方、ショートフィルム『わかれうた』の監督を務めた黒木は「時間的な制約があるのは面白いと思いましたね。長編とはまた違い、決められた短い時間の中で洗練させていくことが、相乗効果を生んでいると思う」とやりがいを語った。そんな黒木について「黒木さんが美しくてお話が頭に入ってこなかった」とコメントし会場を笑わせたTAKAHIROだったが、別所から「監督デビューとか、どうですか?」と質問されると「今はまだ役者として学ぶべきことがたくさんあるので…。でもいつかはやってみたいです」と監督業に興味ありの様子。もし撮るならどんな作品を、と尋ねられると「ヒューマンドラマが好きなんです。『ブルーバレンタイン』という映画が好きで、ああいう日常を切り取ったような映画を撮ってみたい」と監督挑戦への意欲をのぞかせた。

〈Branded Shorts〉は、同映画祭の中の広告の映像表現を追求する部門。冒頭のオープニングトークでは、ネットでショートフィルムを鑑賞できる「ネスレシアター」を運営するネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏が別所とともに登壇。変化する広告表現の形や、ショートフィルムによるブランドPRの意義などについて語り合った。

 別所は「ネスレシアターで『わかれうた』や、僕とTAKAHIROさんの特別対談映像を見ることができるので、ぜひ楽しんでください」とアピールした。