スーパーファイトも波乱の展開【6・17 K-1】

 6月17日(日)に、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催された「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」。トーナメントだけではなくスーパーファイトでもファンが喜ぶカードが並び、波乱の展開で会場をわかせた。
グランダー(右)の早い動きを封じ込める城戸 撮影・上岸卓史
ヘビー級加藤「次も出たい気持ちはある」

 ヘビー級は、上原誠と総合格闘技で活躍する加藤久輝が対戦。上原は対戦発表会見で、同日交通事故で急逝したKOICHIの思いも背負って戦うとコメントしていた。
 しかし、1R、2Rともに、加藤の左のミドルに上原は右のローで探り合っているような静かな展開。3Rに双方パンチが出てきたものの決定打には及ばず。判定に持ち込まれるも、加藤に1ポイントが入ったほかはドローで延長に。4Rでは、加藤が攻撃を仕掛けるが、最後まで攻めきれず、再度判定に。その結果、1-2で辛くも加藤が勝利した。加藤は「3R終わった時点では勝ったと思い延長はないと思ったので、集中力が切れてしまった。(次の試合については)出たい気持ちはあるが、総合(格闘技)の契約もあるし、自分の気持ちでは言えない。しかし、出られたベルトを狙いたい」と、今後の参戦にも意欲を見せた。


レッドカードでまさかの結末。城戸「最後までやりたかった」

 ウェルター級では、K−1ファイターの中でも盛り上げ役で、幅広いファンのいる城戸康裕が強豪マサロ・グランダーと対戦。
 1Rからアグレッシブに攻勢するグランダーに、城戸は冷静に対応。2Rもグランダーの早い攻撃が続くが、徐々に疲れが見える様に。それとともに両者ともホールディングが多くなり、レフェリーから警告を受ける場面も。そして3R、さらにホールディングが増え、グランダーに2枚のイエローカードが出され、3R終了30秒前には、ついにレッドカードが出されるという事態に。これに怒ったグランダーは、それを手で振り払うが、結果は反則負け。試合終了後のマイクで城戸は「(止められなくても)勝っていたよね」と言い、会場に来ていた久保に向かい「9月にタイトルマッチお願いします。株やっている場合じゃないよ。株より城戸」とアピールした。試合後の会見でも「攻撃をもらっていたけど、これじゃ倒れないなと思った。終わり方がちょっと後味悪かったけど、負けている感じはしなかったし、最後までやりたかった」と改めてコメント。グランダーは「1R、2Rは自分の流れで試合が出来た。しかし、3Rは城戸選手とレフェリーと2人を相手に戦っていた感じ。城戸がどうこうより、一番の相手はレフェリーだった。イエローカードをもらうような状況じゃなかったと思っている」と判定に納得がいっていないと主張した。
得意の蹴りで中澤(左)を翻弄する山崎 撮影・上岸卓史
怪我から復帰の山崎「これから65㎏戦線で大暴れする」

 スーパー・ライト級は、怪我のため長期欠場をしていた山崎秀晃とKrushスーパー・ライト級のベルトを持つ中澤純が対戦。
 1Rは山崎が積極的にパンチを繰り出し、ブランクを感じさせない動きを見せる。逆に中澤はタイミングが合わず我慢の展開。2Rは中澤にも余裕が見えたかと思ったが、山崎がンチに加えキックや飛び膝など多彩な攻撃を仕掛け翻弄。得意の掛け蹴りも繰り出し、ついにダウンを奪う。しかし、久しぶりの試合に疲れが出たのか、3Rでは中澤が反撃。パンチをラッシュし、山崎を追い詰める。結局勝敗は判定に持ち越されたものの、全ラウンドを通じ圧力を掛けていた山崎が勝利。「これから65kg戦線に復帰し、大暴れするのでよろしく」と挨拶すると会場は大きな拍手に包まれた。試合後の会見では山崎が「(中澤は)さすがベルトを背負っているだけあって打たれ強かった」と言うと、中澤も「掛け蹴りは見えなかった。ほかの人が食らうのもわかる」と述べた。
ダウン寸前の山際(右)に襲い掛かる木村 撮影・上岸卓史
木村「パーフェクトファイターを目指す」

 意外性の男、木村“フィリップ”ミノルは、ウェルター級で山際和希と対戦。最初に対戦が予定されていたメルシック・バダザリアンが練習中の怪我のため欠場したことにより、急きょ山際にオファーし、対戦が決まったという経過がある。
 1R、木村は最初から飛ばし、山際を圧倒。すぐにダウンを奪うと、立ち上がった山際にさらに襲いかかり、1R2分48秒でKO勝ち。木村はリングから「ファンには悲しい思いをさせたけど、長いスランプは抜けたのでまたヤバいやつ連れてきて下さい。多分、ああなるので」と絶好調。試合後の会見でも「これからはパーフェクトファイターを目指し、かつKOも量産しつつ、世界に誇れる。世界で勝負する素晴らしいファイターになります」と宣言した。負けた山際はさっぱりとした表情で「してやられました。木村選手は強かった」と木村を讃えた。
ヴィンセント(右)をコーナーに追い詰める野杁 撮影・上岸卓史
野杁「相手がいないならここにいる必要ない」

 3月大会で大和哲也と対戦し、王座を防衛したスーパー・ライト級の野杁正明は、ドイツのヴィンセント・フォシアーニと対戦。
 王者の風格ただよう野扖は、1Rから冷静かつ的確に攻撃。ボディーから左右のパンチでダウンを奪と2Rも試合は終始野扖のペース。最後もボディーでダウンを奪いKOで勝利をものにした。しかし野扖は「チャンピオンとして最低限の仕事はしたが、反省点の方が多い試合だった。相手は想像通り、想定内の選手だったし、それ以上は何も感じなかった」と試合内容については納得がいかない様子。さらに「この階級にやりたいと思う選手はいない。相手がいなければベルトを返上してもいいかなと思っている。僕は挑戦していきたいので、相手がいないならここにいる必要はない」と階級を変更する可能性を示唆した。
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」(6月17日、 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)


◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
◯(日本/リーブルロア)横山朋哉 (2R2分5秒、KO)久保一馬(日本/FIGHT CLUB 428)●

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1ウェルター級/3分3R
◯(日本/ポゴナ・クラブジム)海斗(1R1分3秒、KO)渡邊俊樹(日本/優弥道場)●

◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R
△(日本/K-1ジム五反田チームキングス)鈴木勇人(判定1-0=29-28、29-29、29-29)近藤魁成(日本/大成会館)△

◆プレリミナリーファイト第4試合/K-1フェザー級/3分3R
◯(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)伊澤波人 (判定3-0=29-26、29-26、30-26)伊藤健人(日本/K-1ジム目黒TEAM TIGER)●


◆第1試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
●(日本/ネクサスジム)大滝裕太(1R1分28秒、KO)江川優生(日本/POWER OF DREAM)◯

◆第2試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R
●(日本/K-1 GYM EBISU FREE HAWK)小澤海斗(1R2分57秒、KO)ジョージ・バレラ(スペイン/Jesus Cabello Team)◯

◆第3試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R
◯(日本/湘南格闘クラブ)村越優汰(延長判定2-0=8-7、7-8、8-7。本戦1-1=27-28、28-28、28-27)エリアス・マムーディ(フランス/Mahmoudi gym)●

◆第4試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R
◯(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)芦澤竜誠(1R1分28秒、KO)シルビュー・ヴィテズ(ルーマニア/Voodoo Gym Madrid)●

◆第5試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R
◯(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)西京春馬(判定2-1=29-28、28-29、30-29)朝久裕貴(日本/朝久道場)●

◆第6試合/スーパーファイト/K-1ヘビー級(-90kg契約)/3分3R・延長1R
●(日本/士魂村上塾)上原誠(延長判定1-2=10-9、9-10、9-10。本戦0-1=29-29、29-30、29-29)加藤久輝(日本/ALIVE)◯

◆第7試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
◯(日本/谷山ジム)城戸康裕(3R2分30秒、反則)マサロ・グランダー(オランダ/Mike's Gym)●

◆第8試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
◯(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)ゴンナパー・ウィラサクレック(2R1分48秒、KO)安保瑠輝也(日本/team ALL-WIN)●

◆第9試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R
ジョージ・バレラ(延長判定0-3=9-10、9-10、9-10。本戦0-0=28-28、28-28、28-28)村越優汰

◆第10試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R
●芦澤竜誠(判定 0-3=28-29、28-30、28-29)西京春馬◯

◆第11試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)山崎秀晃 (判定3-0=29-27、29-27、30-27)中澤純(日本/TEAM Aimhigh)●

◆第12試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
◯(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)木村“フィリップ”ミノル(1R1分48秒、KO)山際和希(日本/谷山ジム)●

◆第13試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]
◯(日本/K-1 GYM EBISU FREE HAWK)野杁正明(2R2分46秒、KO)ヴィンセント・フォシアーニ(ドイツ/Muay Thai Gym Mendez)●

◆第14試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
◯(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部功也(2R46秒、KO)ブラックドラゴン(アメリカ/Blackdragon/Tiger Muay Thai)●

◆第15試合/K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R
◯村越優汰(1R51秒、TKO=ドクターストップ)西京春馬●