【インタビュー】DEEP、最新作『THE SINGER』に込めた熱い想い

 4人組コーラス・ボーカルグループのDEEPが最新アルバム『THE SINGER』を6月27日にリリースする。アカペラやR&Bといった真骨頂とも言える曲から「踊ったりもする」ナンバーまで、変幻自在なシンガーっぷりを存分に反映した作品だ。ビューティフルでエモーショナルな歌たちは、聴けばすっと心に沁み込んで……。
撮影・仲西マティアス / スタイリスト・長谷川渉 / ヘアメイク・宇田川たかひろ(CiNEMA daikanyama)
僕らの生きざま、僕らは歌い手(THE SINGER)であるということを表明したい

――最新アルバムがまもなくリリースされます。タイトルは『THE SINGER』。ストレートで潔く、力のあるタイトルですね。

TAKA:2月にリリースしたシングル「SING」を経て、改めて気づいたというか、そうだなと思ったことなんですけど、DEEPが届けるエンターテインメントは、やっぱり歌なんだって。4人の歌い手として、皆さんに楽しんでもらえるようなものを届けたいという気持ちはずっとあって、10年やって11年目を迎えた今、僕らの生きざま、僕らは歌い手(THE SINGER)であるということを表明しようと思ったというか。そういう意味で、この作品はDEEPの決意表明なんだと思います。

――アートワークも「歌」を意識したものなのかなと感じました。姿や形は鮮明に見えないけれど、DEEPが歌う歌は鮮明にある、といったような。深読みかもしれませんが。

YUICHIRO:そう感じていただけたなら、このジャケにしてよかったな(笑)。メンバーみんなで決めたものですけど、ただ裏テーマってほどではないにしても、それぞれがどこかにしっかりと持っているんだと思いますね、DEEPのメインは歌である、ってことを。

――さて、内容についてですが、前作からインターバルも長くあったこともありますし、その間にリリースされたシングルもあって、新曲は……

YUICHIRO:3曲ですね。

――収録すべき曲というのはおのずと決まってくるところもありますし、そのうえで、このアルバムはどんな作品にしようと考えていましたか?

YUICHIRO:コンセプトなどがあるわけではなくて、自分たちがやりたい曲、歌いたいと思う曲を歌い、収録したという感じですね。2曲目の「MAYDAY」は2年前にシングルとしてリリースした曲。そこに新しい曲、デビューして11年だからこそ歌えた楽曲も詰まっています。中でも「SING」は特別で、10年間の僕たちを知っている春川仁志さんにお願いして書いてもらったし、自分たちも歌詞を書いた。これまでの歩みでもあるし、これからも歌っていきたいという思いを込めた楽曲です。

――TAKAさんもおっしゃっていました「SING」は、このアルバムの軸ですよね。

YUICHIRO:曲が流れるたびに、歌っている最中でも初心に返ることができる曲です。歌うたびにそういった思いを味わっているし、歌そのものが成長していっています。やっぱり、10年目というタイミングで歌う歌だったと思います。そういう意味では、KEISEIがプロデュースした「Celebrate」も今じゃなければ歌えなかったと思います。KEISEIと関わりのあるメンバーで、ミュージックビデオも地元の札幌で撮影して、今までの積み重ねがあっての曲。
左から、RYO、TAKA、KEISEI、YUICHIRO
「Celebrate」はダメな男が送る結婚式ソング

――KEISEIさん、「SING」のタイミングでお話を聞いたときに、留学先のニューヨークで形にした楽曲があると話されていたのですが、それはこの曲のことだったんですか?

KEISEI:いや、それはまた別の曲で。この曲は「SING」をリリースする少し前ぐらいに作っていました。

――ウエディングソングですけれども、ドキュメンタリー要素も多いのでしょうか? 

KEISEI:なるべくリアルに近づけようとは思いながら作ってはいました。
YUICHIRO:少しそういうものが入ると、より伝わる、届く感じはするよね。
KEISEI:テーマは、ダメな男が送る結婚式ソングでね。こんな男でも、1人の女性に伝えたいことがあるんだって。誇張している部分もあるし、もうちょっと(僕の方が)まともなところもあります。でもまあ、聞く人たちがどう感じるかっていうのが考えたところです。

――曲を作っている時点ではKEISEIさんのものだったかもしれないですけど、いざ4人で歌うと個人的な話ではなくなりますよね。

TAKA:確かにそういうところはあるかも。
RYO:ただ、お互いを知っているからこその、他とは違った情が入るっていうのはあると思います。
KEISEI:RYOが歌う部分、「散らかったままの部屋で」ってありますけど、あれはRYOの部屋を想って割り振ってるからね(笑)。そういうのあるんですよ、TAKAさんはお土産を買ってるイメージあるな、とか。声から受けるイメージも含めて。
衣裳協力:daniel patrick/PREDILECTION(TEL 03-5784-3474)、ILL IT/プリマクレール・アタッシュプレス(TEL 03-3770-1733)、Strum addict、tac:tac/STUDIO FABWORK(TEL 03-6438-9575)、Mr.Gentleman EYEWEAR/Joy every time inc.(TEL 03-5937-1965)、VANS JAPAN(TEL 03-3476-5624)、STUDIOUS 原宿本店(TEL 03-5785-1864)
「DEEPは、いろんな曲を歌える変幻自在のシンガー」

――それでは別の曲の話を。ニューヨークで制作したという曲は?

KEISEI:いろいろあるんですけど「DWTS」ですね。もうライブで披露してたりもしてるんですけど。
YUICHIRO:タイトルは、DANCE WITH THE STARSの略なんです。アメリカのテレビ番組に似たタイトルのものがあったと思いますけど、それと関係あるかは分からないんですが……もともと英語の歌詞があった曲。ニューヨークでもライブでパフォーマンスをしたりしていて、ようやくレコーディングすることができたっていう想いですね。

――ゴージャスでスムースで、すこしダンサブルで。

YUICHIRO:色褪せない音だと思います。ライブでもすごく盛り上がるんです。僕らもちょっと踊ったりするし(笑)。
KEIESI:優しいアップですよね。音が柔らかいというか。すごいいい感じ。

――この曲はアルバムのスパイスになっていると思います。

TAKA:相乗効果、ですよね。ライブのことを考えると、こういう楽曲が欲しくなってくる。アルバムを作るうえで大事なのはライブをイメージすることだと思うんですけど、僕らはコーラスグループなこともあって、ライブをバラードで表現しがちだし考えがちなんですけど、アッパーな楽曲があるからこそバラードが生きるし、その逆もあるんですよね。僕らがライブエンターテインメントとして届けるものはそれなんだと思います。
KEISEI:……そういう意味ではなんですけど、最初「Celebrate」はアップテンポにしてたんですよ、これは誰にも聞かせてないんですけど。アップが少ないという感覚もあったし、ここはパーティーソングにしてやろう!と。……結局、これはできないなってなったんですけど。
TAKA:いろんな曲を歌える変幻自在のシンガーっていうのはDEEPのいいところだと思うね。前に比べて自分たちで楽曲を作れるようになって来てもいるので、作家さんと一緒に作品を作っていくのと並行して、セルフプロデュースでどうなっていけるのかも僕らのチャレンジかなと思います。

――ウエディングソングの定番「Butterfly」のカバーでは、変幻自在なところを発揮していると思いいます。

TAKA:僕たちらしくない、歌わなそうな曲を選んでいます。女性が歌っている曲という意味でも。それをどうDEEPらしく表現できるかが大事なところで。これだけ長いアカペラ、ライブでやったら……
KEISEI:アカペラはやっぱりおもしろいというのも思ったよね。緊迫するからっていうのもあるだろうけどさ……そうだ、この曲はRYOが一番最初に声を出すんだ……
RYO:……アカペラはどんな曲でも緊張するよ。EXILE THE SECONDのライブでもすごく緊張したし。(DEEPはEXILE THE SECONDのツアーに帯同)
YUICHIRO:それは、緊張するよ。あのすごく大きなアリーナ!

――この楽曲たちを早くライブで聞きたいです。

TAKA:まずは、この作品のリリースイベントで各地に伺いますから、ぜひ足を運んでいただければと思います!

(TOKYO HEADLINE・酒井紫野)

New Album『THE SINGER』6月27日(水)リリース!
「MAYDAY」「SING」「Celebrate」のシングル曲を中心に全12曲を収録。初回生産限定盤のDVDには、シングルのミュージックビデオやリリックビデオのほか、DEEPに聞きたい50のことなどを収めた。ソニーミュージック・アソシエイテッドから6月27日(水)発売。初回生産限定盤[CD+DVD]4980円、通常盤3000円(ともに税込)。