インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.31 鷲尾伶菜 (E-girls / Flower)

 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。

 今回は、E-girlsで最新ツアーを展開中の鷲尾伶菜さんです。
将来の夢を書かなきゃいけない時には「トリマー」って書いてました

――子供のころ、どんな夢を持っていましたか。

歌手ですね。幼稚園ぐらいからずっとそうです。SPEEDさんとEvery Little Thingさんを見て、音楽って素敵だなって思ったんです。ただ内気な性格もあって人には言えなくて、卒業文集とかで将来の夢を書かなきゃいけない時には「トリマー」って書いてました。動物も好きだったので!

――内気な女の子だったんですね……

授業中に指名されると赤面しちゃって、緊張して声が出なくなり、まったくしゃべれず、「もういいよ」って先生に言われるまでただずっと立っていました。

――そんな恥ずかしがりやの女の子が夢に向かって動き出したのはどんなきっかけで?

2008年のEXILEさんのパーフェクトイヤーのライブに行ったことですね。両親と行ったんですけど、ATSUSHIさんやTAKAHIROさんの歌もすごかったし、ドーム会場全体が1つになった感じとか、こんなに感動するのかって。その時に私もこうなりたいと思いました。それで、親にexpgに入りたいって言いました。ただ「歌手になりたい」っていうところは、通いながらもまだしばらく隠してたんですけど…….

――その時に自分ではどんなふうに歌と向き合っていたんですか?

特別努力したという記憶はないんですよね……ただ、好きだからやってた。いろんな曲をたくさん聞いたし、自分の歌も録音して何度も聞いて研究しました。感受性は豊かだったから、メロディーという決められたもののなかにどうしたら感情を入れていけるのかを考えていました。


――そのなかで、ボーカル・バトル・オーディションに挑戦して、今に至るわけですけど、「歌手になりたい」という夢は実現したと感じていますか?

実現……したのかな。一番最初に描いた夢っていうのは、自分が感じたのと同じように人に活力を与えられたらっていうことでした。音楽って生活の一部ですから、聞いてくれたその人が曲を聞いて支えられたとか、もうやめようと思ったけどもう少し続けてみようと思ったとか、1人でもそう思ってくれる人がいるなら、私の夢は叶ったって言えるんじゃないかなと思います。
E-girlsで行けるところまで行ってみたい


――今、叶えたいと思っている夢はありますか?

E-girlsで行けるところまで行ってみたいですね。今までたくさんグループがいましたけど、人生の大きな選択もあったりして、活動期間は短かったりすることもあると思うんです。だからこそ伝え続けられるだけ伝え続けていけたらと思っています。それに、もし仮にメンバーが変わってもE-girlsっていうグループ名は変わらないグループになっていきたいと思っています。

――その夢を実現するためには、何が必要だと思いますか?

今の11人で土台を作りたいと思っています。E-girlsとしてやり尽くしたと思えるぐらい、ちゃんとした形が出来れば、楽曲は輝き続けていくと思っています。だから土台づくりが大切だなと思います。

――最後に、夢を追いかけて日々頑張っている人たちに一言いただけますか?

私、24年しか生きてないですけど、そのなかにもいっぱい選択肢がありました。そういうとき、「良い」と言われるほうに行くのではなくて、自分が「いい」と思ったほうへと進んでみたらいいのではと思います。まずは自分がいいと思ったほうに行ってみて、行ってから悩むのもいいと思います。私は今も、そういう意識を持って人生を歩めたらと思っています。転ばないと立ち上がり方を覚えられないと思うので。
【プロフィール】
鷲尾伶菜(わしお・れいな)……1月20日生まれ。佐賀県出身。2011年のVOCAL BATTLE AUDITION3のボーカル部門に合格し、E-girls、Flowerに加入した。音楽はもちろん幅広い活動を展開している。