GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第4弾「漫画と、小森少年と、GENERATIONSと」

第4弾は…

そろそろ砕けたお話も少し…

僕は小さい頃から”漫画”が大好きで
小学生の時から『週刊少年ジャンプ』の虜になった、
まさに純粋な夢見る丸刈りの少年でした!(笑)

毎週増えていくジャンプ…
そして定期的に増えていく単行本…
どう考えても最終的に保管するスペースがないのです。

これは当時の小森少年の最大の悩みでした。

実家が三重県ということもあり
倉庫を持っていたじいちゃんの家に
漫画を送りつけて保管するという
今考えればかなり迷惑なことをして生きていました…(笑)

ですが、ある年、正月実家に帰ると
「漫画を整理した」と告げられ
倉庫の中にあったはずの漫画を思い出して悲しむ…
そんな年始もありました。
今思い返すとなかなか単純な自分がかわいくなります(笑)

GENERATIONSと漫画。
なかなかイコールにならないと思っていた僕に
1つの夢が叶う瞬間が!

2015年にリリースした僕たちのシングル
「Hard knock Days」という楽曲を
「ONE PIECE」のオープニングテーマに起用していただけたのです!

これは本当にありがたい事です!!
初めてテレビから流れる自分たちの曲と一緒に
「ONE PIECE」のキャラクターが動いてるのを見た時の感動は
いまだに忘れません!!
あの時、漫画を整理されて、泣いていた自分に伝えてあげたいです。

「その涙は無駄じゃないぞ」って(笑)


最近、GENERATIONSメンバーの龍友君に勧められて
「キングダム」という漫画を読んでいます!

この漫画はフィクション漫画で
紀元前245年の中国の「春秋戦国時代」が描かれています!

僕はもともと歴史が苦手で
高校時代も“まずまず”の成績でした。
……正直なところ、“まずまず”も少しマシな表現だというくらい歴史が苦手です。

なので、もともと「キングダム」自体は知っていたのですが
武将や紀元前という言葉で勝手に苦手意識がありました…

ですが、あまりにも勧めてくる龍友君の熱量に負けて読む事に…

苦手とは言いながらも、やはり漫画で育った僕は、読むとなれば本気です。

とにかく全巻を先に一気に買って、
戻る事のできない状態を作り上げ、読破に向けて出陣したわけです。

1巻、2巻、3巻と読むにつれて

むむむむ!

面白いではないか。

と、なるわけです。(笑)

数多くのキャラクターが僕を楽しませてくれて
展開も早く、飽きさせない内容で
僕を引き離しません!!!

当初は、寝る前に読み始め、
気づいたら朝になっている事もあるほど
僕は夢中になりました!

そしていつの間にか、龍友君より先の巻を読む始末。
感動する場面や心踊る場面の話を共有する人は遂にいなくなったのです。
完全に一人ぼっちに進んでます!!!(笑)

最近では、ハマりすぎて
道行く人を見ては勝手に
あの人が将軍で、あの人は敵軍の将軍で、あの人は敵の騎馬隊。
この戦局はまずい!!
なんていうのが始まります。(笑)

後ろから来た人なんて
僕の頭のなかでは勝手に援軍です。(笑)

皆さんは僕みたいに一人ぼっちにならないよう
気をつけてください!!

では
僕は仕事に出陣してきます。



【小森の小言】は毎月第2・第4木曜更新予定です! お楽しみに!
【プロフィル】小森隼(こもり・はやと)…1995年6月13日生まれ、三重県出身。EXILE、THE SECOND、三代目 J Soul Brothersに続くEXILE TRIBE新世代ユニット、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー。2012年11月にシングル『BRAVE IT OUT』でデビュー。2016年は初のアリーナツアーも開催。2018年元旦にはベスト盤『BEST GENERATION』をリリース、中国公演も行った。GENERATIONS初の単独ドームツアー GENERATIONS LIVE TOUR 2018 "UNITED JOURNEY"は2018年5月12日にスタートする。最新情報はGENERATIONS公式ウェブサイト generations-ldh.jp/ で。