足立梨花、ポーランド発スポーツブランドのアンバサダーに就任「運命を感じる!」

左から、「4F」の創始者、イゴール・クラヤ氏、足立梨花
 足立梨花がポーランドのスポーツ・フィットネスブランド「4F(フォー・エフ)」のアンバサダーに就任、28日、桜木町にできた旗艦店のオープニングイベントに出席した。

 同日深夜、W杯ロシア大会で、日本代表がポーランドと対戦。足立は「こういう日にポ―ランドで生まれたスポーツブランドの会見をさせてもらえる。運命を感じます」と感想を述べると、声を潜めて、「でも日本に勝ってほしいですよ……まあ、ポーランドは……頑張って(笑)」と、キュートな笑顔を見せた。
「立つ」よりも難しい座る技にも挑戦!
 ブランドコンセプトの「Move 4 Fun」を再現するような新しい形の体験型店舗。ショップに簡単な運動ができるスペースを併設している。

 イベントで、足立は、張った平たいロープの上でバランスを取って歩いたり技を決めて楽しむ注目のスポーツ「スラックライン」に挑戦。アドバイスを受けながら、どうにか10秒間立って見せた。事前の練習では20秒立てたと悔しがったが、「このままでじゃイベントが台無しになると思ったので、立てて本当に良かったです!」と、ホッとした表情だった。

 スポーツはするより見る派だというが、「改めて体を動かすのって楽しいなと思った」と足立。「もう25になったのでどんどんここからは体は衰えていくだけ。今から徐々に体を動かして素敵なボディを保ちたいなって思います」と、意気込んだ。

 旗艦店は、JR桜木町駅前のコレットマーレ内にある。