【いまライブで聴くべきバンド】下北沢のライブハウス「下北沢BASEMENTBAR」編

 自称「東京イチフレンドリーなライブハウス」、下北沢BASEMENTBAR。音楽の聖地・下北沢で、日々音楽の現場を目の当たりにするブッキング担当に、「今聞くべき、ネクストバズバンド」について話し合ってもらった。

 BASEMENTBARのフレンドリーな魅力について知りたい方はライブハウスは、音楽好きの社会人サークルだ! 【下北沢BASEMENTBAR】
右からクック店長、こっけ氏、かたしょ氏、高木氏
 東京の音楽シーンの最先端、サブカルの聖地下北沢に店を構えるBASEMENTBAR。幅広いジャンルのイベントを敢行し、東京のインディーシーンで活躍するバンドの「売れる前の登竜門」的な存在にもなっている。

ーー前回のインタビューで、かつてBASEMENTBARに出演していて、いつの間にか売れてしまったバンドを多く見た、というような話をお伺いさせていただきましたよね。

こっけ:BASEMENTは大きな規模のキャパではないので、売れる前のバンドを世に送り出す土台みたいな場所なんですよね。

クック:でも下北沢っていう場所柄もあって、才能はあるけどまだ始めたばっかり、みたいなバンドがあこがれて出てくれたりするから、結果的に売れていくバンドの成長過程を見ることになったりする。俺らもそういうバンドにはアンテナ強めに張ってるからね。

ーー売れたバンドってどんなバンドがいるんですか?

かたしょ:うち出身、というのは主観ですが、今爆発的なのは CHAI(チャイ)ですね。

こっけ:CHAIのスピード感はすごかったね。あとは Lucie,too(ルーシートゥ)も今キてるよね。

ーーでは、今、出ているバンドやアーティストの中でも、これからもっと大きくなって行きそう!というバンドがいるんですよね。

クック:いますね〜。そういう話は得意ですよ


ということで、今回はブッキングの4人にこれからもっと売れそうな、なんならそのうち「バズリズム」に出るんじゃないか?というくらい、インディーシーンで才能を感じているアーティストを選出してもらった。

クック:僕が今おすすめなのは、YAOYOROS(ヤオヨロズ)という4ピースバンドです。
 ソウルやファンク、ダブなどのダンスミュージックをポップに昇華した、まさに今らしいオリジナルなジャンルを突き進むバンドです。中島雄士 (drums & cho)と藤田裕貴 (bass & cho)のしっかりしたグルーヴ、ワタナベアキヒロ (guitar & cho)のルーツを感じさせるギタープレイ、黒澤司 (vocal & guitar)のスッと耳になじむ声が魅力の4人組。

 音源を聴くとシュッとしたイメージですが、ライブではちょっとシャイだけど人懐っこい感じに親近感を抱きます。(こういう人間性が知れるのもライブの良さだったりする!)仕事帰りにお酒を飲みながらYOYOROSサウンドで体を揺らすと、次の日の朝もスッキリ起きれる気がしちゃう、そんな爽やかなバンドです。帰り道にホロ酔いで口ずさみたくなりますよ。

こっけ氏:僕が今イチ押しなのは、東京パピーズという4ピースバンド。
 東京パピーズの大きな魅力は、若手日本語ロックバンド界の中でも屈指の歌唱力と説得力を持つ、Vo.Gt.木村太郎のつくる楽曲です。そしてそれをより良い形でアレンジメントし高い演奏力で表現できるGt.酒井陽久/Ba.ヒロ・ハミルトン /Dr. 阿部絵平。とにかく全体のバランスがすごくいいバンドなんです。ロッキング・オン主催の「RO69JACK14/15」で優勝し、結成からたったの1年で日本最大の年越しフェス「COUNTDOWN JAPAN 14/15」出演。そんな経験を経て、着実に堅実にライブを重ねて身につけたライブ力は圧巻です。彼らがライブハウスで音を揺らす、空気の振動を感じに来てください。7/8にはBASEMENTBAR でワンマンライブを行う予定です。

高木:FINLANDS(フィンランズ)という女性ツインボーカルのバンドです。このバンドは絶対、ここから急激に伸びていくと思うんです。
一番の魅力は、Vo.塩入冬湖の千切れそうな高音ボイスです。一度聴いたら忘れられない、そんな言葉がふさわしい。ノンフィクションで等身大な歌詞にも注目して欲しいです。女の子が歌うからこその、辛い恋の歌が潮入のボーカルとジャストフィット。多くのライブ活動やその他の音楽活動の経験が積み重なったパフォーマンスの説得力、特にアウェイの環境でも堂々としたステージングが見る人を惹きつけます。みるみる大きくなっていっているバンドなので、チケットが取れなくなる前に、今のうちに見ておいて欲しい!

かたしょ:僕が今注目しているのではバンドではなく、一人の人間。Mom(マム)という人です。
「ラッパーでもバンドでもない」、アーティストを称し活動中の21歳の青年。一度聴いたら耳に残るなじみやすい楽曲は完全にJ-POPレベル。絶賛注目度急上昇中なのも頷けます。MADのようなMVもおしゃれでくせになります。それに、口ずさみたくなるようなメロディーと歌詞も特徴の一つ。ライブでは「みんなどんどん歌えばいいのに」という彼の言葉にのせられお客さんも一緒になって歌う一幕も。普段音楽をあまり聞かない人にもオススメしやすいアーティストです。友達にも聴かせて、一緒にライブハウスへの一歩を踏み出してくれたら嬉しいです!


下北沢BASEMENTBARの先見の明を信じろ

 聖地・下北沢で日々若手バンドを見ているブッキングたちの先見の明は、確かな経験のもとに蓄積された信憑性の高さがある。今回上げてもらったアーティストたちも、もしかしたら1年後にはバズリズムで取り上げられているかもしれない。どのバンドもBASEMENTBARに出る機会も多いバンドなので、ぜひ一度ライブに遊びに行ってみてはいかがだろうか。

(取材と文・ミクニシオリ)
下北沢BASEMENTBAR
【住所】東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビル B1F
【電話】03-5481-6366(16時~)
【FAX】03-5204-9120
【E-mail】basement@toos.co.jp
【URL】http://toos.co.jp/basementbar/
佐藤健、念願の海外監督との映画撮影に「まさかこんなことになるとは…」
EXILE、全国ドームツアーの京セラドーム大阪公演をライブビューイング
EXILE HIRO、MAKIDAI、今市隆二らが激励!「EXPG STUDIO」LA校開校 
ジャーナリズム専攻ヒュー・ジャックマン、民主党の最有力候補から転落した男について報道陣に熱血解説
【下北沢で観劇始め!!】はえぎわ『桜のその薗〜ミワクの鳥が踊る町の山の川の果ての鈴鳴る滝で一人龍を征す』
出会いもあるかも? 東京ドームシティがお得な“街バル”空間に変身/1月21日(月)の東京イベント